塩化カルプロニウムの育毛効果について

塩化カルプロニウムは育毛剤に使用される成分で、医療用ではフロジン液などの主成分となっており、ドラッグストアなどで入手できる育毛剤にも配合されているものがあります。

 

市販品では濃度が1%〜2%程度の低濃度ですが、医療用のフロジン液などは5%濃度のものが使われます。

 

医療機関では特に円形脱毛症やストレス性の脱毛症に好んで使用されることが多いです。

 

今回はこの塩化カルプロニウムについて育毛効果を見ていきます。

 

塩化カルプロニウムの育毛効果

 

塩化カルプロニウムは血管を拡張して血流を増進する作用があるので、この点で育毛効果が発揮されます。

 

元々は胃腸系の疾患治療剤として用いられていましたが、その作用を頭皮も応用できるとして使用が開始されました。

 

血管拡張による血流の増進作用はすべての薄毛治療に必要な基本的な効能ですので、どんな薄毛にも適用があるということになりますが、実際にはこれよりも効果が高い治療薬が登場しているので、医療機関などでは個別のケースで使用の有無が判断されます。

 

例えば同じ血行促進効果のあるミノキシジルがありますが、こちらは男性型脱毛症への適応では第一選択肢としているのに対し、塩化カルプロニウムはC1となっており優先順位としては第三位にとどまっています。

 

ミノキシジルには血管拡張効果の他に新しい毛細血管の増設作用もあることから血流増進の効果としてはこちらの方が高いので優先順位が上がっているわけです。

 

ですから男性型脱毛症の場合は通常は塩化カルプロニウムよりもミノキシジルが処方されることになりますが、男性ホルモンが関係しない円形脱毛症やストレス性の脱毛症では塩化カルプロニウムが比較的好んで処方されます。

 

ミノキシジルは効果が強い分副作用のリスクも上がるため、持病や疾患を持っている方は使用できないこともあるからです。

 

血圧系や心臓に持病がある方はミノキシジルのリスクが高いので処方を避ける傾向にあり、こういった場面で塩化カルプロニウムが活躍します。

 

塩化カルプロニウムの副作用は?

 

市販品の低濃度のものであればまず心配は要りませんが、医療機関で処方される高濃度の塩化カルプロニウム製剤の場合は頭皮の異常なほてりが続く、頭皮の多汗症になるなどの症状が出る場合があります。

 

また外用薬ということでかゆみや発疹発赤が出ることもあるので、気になる症状が出た場合は医師に相談するようにしましょう。