酢酸DL‐α‐トコフェロールの育毛力について

酢酸DL‐α‐トコフェロールはトコフェリルリン酸ナトリウムなどと表記されることもありますが、読みづらいもののその正体はビタミンEです。

 

正確にはビタミンEを利用しやすいように、人為的な工夫を加えたものが酢酸DL‐α‐トコフェロールとなります。

 

このように人為的な工夫を加えたものを〇〇誘導体などといったりしますが、そのため酢酸DL‐α‐トコフェロールはビタミンE誘導体という存在でもあります。

 

ビタミンEは脂溶性のため水に溶けにくく、育毛剤などの商品に配合するのが難しい欠点がありました。

 

しかしせっかくの良い力があるのにもったいないということで、人為的操作を施して水に溶けやすい形にし、多くの商品に使うことができるようにしたのです。

 

今回はこの酢酸DL‐α‐トコフェロールの育毛力について見ていきたいと思います。

 

酢酸DL‐α‐トコフェロールの育毛力

 

基本的にはビタミンEですから働きも同じになります。

 

一昔前のビタミンがもてはやされていた時代、ビタミンCと共に還元力を持つことから若々しさに役立つビタミンなどとも呼ばれていました。

 

最近では、他にも有能な成分が発見されているので影が薄くなっていますが、我々人間の基本的な栄養素であるビタミンはなお普遍的な価値を持っています。

 

ビタミンEの働きもまたゆるぎなく、還元力をもつことで有用な働きをもたらします。

 

特に、血管に対する働きが秀でていて、頭皮の血行不良を改善し、髪に栄養をしっかり届け、脱毛を予防してくれます。

 

また、誘導体である酢酸DL‐α‐トコフェロールは夏場でも働きが落ちません。

 

酢酸DL‐α‐トコフェロールの注意点

 

食品としてのビタミンEに関して、体質によっては過剰な摂取で胃腸系のトラブルが起きる場合も稀にあるようですが、安全性に関して特段問題となる報告はないようです。

 

育毛剤に配合されている量では、過剰な使用になりませんし、経口ではなく外用塗布剤ですので心配する注意点はないといえるでしょう。

 

酢酸DL‐α‐トコフェロールを配合している女性用育毛剤

 

フローリッチ / flowrich

 

 

≫ 使用感レビューはこちら