酢酸DL‐α‐トコフェロールの育毛効果について

酢酸DL‐α‐トコフェロールはトコフェリルリン酸ナトリウムなどと表記されることもありますが、読みづらいもののその正体はビタミンEです。

 

正確にはビタミンEを利用しやすいように、人為的な工夫を加えたものが酢酸DL‐α‐トコフェロールとなります。

 

このように人為的な工夫を加えたものを〇〇誘導体などといったりしますが、そのため酢酸DL‐α‐トコフェロールはビタミンE誘導体という存在でもあります。

 

ビタミンEは脂溶性のため水に溶けにくく、育毛剤などの商品に配合するのが難しい欠点がありました。

 

しかしせっかくの良い効果があるのにもったいないということで、人為的操作を施して水に溶けやすい形にし、多くの商品に使うことができるようにしたのです。

 

今回はこの酢酸DL‐α‐トコフェロールの育毛効果いついて見ていきたいと思います。

 

酢酸DL‐α‐トコフェロールの育毛効果

 

基本的にはビタミンEですから、効果効能も同じになります。

 

一昔前のビタミンがもてはやされていた時代、ビタミンCと共に強い抗酸化作用を持つことから若返りのビタミンなどとも呼ばれていました。

 

最近では、他にも有能な成分が発見されているので影が薄くなっていますが、我々人間の基本的な栄養素であるビタミンはなお普遍的な価値を持っています。

 

ビタミンEの効能もまたゆるぎなく、強い抗酸化作用をもつことで有用な作用をもたらします。

 

特に、血管に対する効能が秀でていて、血管を丈夫にし、血行を良くすることで毛細血管から毛根への栄養補給を促進してくれます。

 

また、誘導体である酢酸DL‐α‐トコフェロールは紫外線にも強く夏場でも効能が落ちません。

 

酢酸DL‐α‐トコフェロールに副作用はあるの?

 

ビタミンEは摂りすぎると胃腸系のトラブルや頭痛、吐き気などを催すことがありますが、これはサプリメントなどで大量摂取した時に心配する必要があるものです。

 

育毛剤に配合されている量ではそこまで大量に使用できませんし、内服ではなく外用塗布剤ですから体内への吸収は僅かであるためまず心配いりません。

 

外用塗布剤ということで注意すべき副作用は皮膚系のトラブルです。

 

主要成分以外にも添加物が含まれる育毛剤は、かゆみや発疹などの症状が出ることもあります。

 

体質によって合わない方は皮膚系にすぐ症状が出ますから、使用開始後は頭皮の観察を行ってください。