グリチルリチン酸ジカリウムの効果について

グリチルリチン酸ジカリウムは歯磨き粉などにもよく使用されるごく身近にある成分ですが、これも育毛剤によく配合されます。

 

商品によっては「グリチルリチン酸2K」などと表記されることがありますが同じものです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムはグリチルリチンの誘導体のことをいい、グリチルリチンを水に溶けやすくしたものです。

 

これにより、育毛剤などへの配合が可能になり様々な商品にグリチルリチンの効果を取り入れることができるようになりました。

 

グリチルリチンそのものは直物から抽出したもので、元になるのはマメ科のカンゾウ(甘草)という植物です。

 

カンゾウは強い甘味があり、その元になるのがグリチルリチンなのです。

 

ではその誘導体グリチルリチン酸ジカリウムの育毛効果を見ていきましょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウムの育毛効果

 

この成分には直接毛根を刺激するなどの攻めの育毛効果はありませんが、育毛に必要な頭皮環境を改善する作用があります。

 

一つは殺菌作用で、雑菌の繁殖を防いでフケや痒みを抑えます。

 

特に脂性タイプの頭皮の場合、過剰な皮脂分泌が雑菌の繁殖を促して皮膚炎の原因となりやすくなります。

 

炎症の元になる雑菌の繁殖を防ぐことは健全な頭皮の維持に役立ちます。

 

もう一つは抗炎症効果です。脂性の方では先ほどのように雑菌のせいで炎症が起きやすくなりますし、乾燥タイプの頭皮の方でも皮脂バリアが弱いために外界からの刺激に敏感になり炎症を起こしやすくなります。

 

最近多いのがシャンプー剤などへの反応で、本人も知らない間に刺激を受けた頭皮が炎症を起こしていることがあります。

 

頭皮の炎症は髪の毛を生み出す毛根にもダメージを与えますので早期に改善しておかなければなりません。

 

炎症が進んだ場合は添加物を含む育毛剤の使用は逆に刺激になってしまうことがあるので医療機関での治療が必要になります。

 

副作用はある?

 

様々な商品に配合されるグリチルリチン酸ジカリウムは体内に多量に摂取すると高血圧や手足のしびれ、偽アルドステロン症などが発症することがありますが、育毛剤で使用する量では到底届かないのであまり心配する必要はありません。

 

特に外用塗布剤として使用するので体内に入れるわけでもありませんから、用法用量を守って使用すればまず心配は無用です。

 

外用ということでかゆみや発疹発赤などの皮膚症状はよく観察してください。