イクオス育毛剤はこんな方におすすめです

天然無添加育毛剤イクオス(IQOS)の女性の薄毛症状への効果

≫ 公式サイト

 

イクオスは、女性用育毛剤に「男性ホルモンの影響による脱毛をブロックする成分」をプラス配合したような商品なので、一般的な女性の薄毛症状、さらに、女性の男性型脱毛症(FAGA)にも期待が持てます。

 

特に、男性ホルモンの影響を受けやすい「40歳以降・更年期の方」「父親や母親も薄毛で悩んでいる方」は、女性男性型脱毛症を引き起こしやすい環境のため、イクオスとの相性はかなり良い傾向にあります。

女性の男性型脱毛症(FAGA)

男性ホルモンの影響を受けた薄毛症状(AGA)の女性版を「女性男性型脱毛症」と呼びます。(Female AGA → FAGA)

 

女性男性型脱毛症(FAGA)と育毛剤

 

女性の薄毛の30%〜50%(年齢と共に増加)は女性男性型脱毛症とも言われています。

 

多くの場合は、上記写真のように分け目や頭頂部の地肌が透けて目立つ症状ですが、男性のように前頭部の生え際や前髪が後退する方もいます。(← 男性ホルモンの影響)

 

男性ホルモンの影響を受けているかチェック

 

  • 父親や母親も薄毛で悩んでいる(※1)
  • 40代〜50代の更年期(早い方は30代後半から)
  • 前髪・生え際の後退が気になる
  • 頭頂部・つむじの地肌が透けて目立つ
  • 抜け毛が増えた
  • 細い・短い抜け毛が多い
  • 以前より髪が細くなってきた
  • 頭皮のベタつき・ニオイが気になる
  • 顔のヒゲや体毛が濃くなってきた
  • 肌荒れ(ニキビ・吹き出物)
  • 月経周期が不規則
  • 閉経後

※1 親族からの遺伝は、薄毛そのものではなく、脱毛の原因となる「男性ホルモンの影響の受けやすさ」を受け継ぎます。

 

赤文字の項目は、男性ホルモンの影響を受けやすい環境や、実際に受けている方に多い症状です。

 

3つ以上の項目に該当している場合は、女性男性型脱毛症を引き起こしている可能性が高まります。

 

薄毛の原因となる男性ホルモンは、脱毛を誘発し、ヘアサイクル(毛周期)の成長期を短縮、そして、休止期の期間を長くしてしまいます。

 

その結果 → 抜け毛やハリ・コシのない細い髪・うぶ毛の増加を招きます。

 

成長不十分のまま休止期に移行してしまう髪が増えるため、「短い」または「細い」抜け毛が目立つのも特徴です。

 

※生え際の髪が成長せずに「うぶ毛止まり」になってしまう傾向もあります。

 

薄毛と同時に上記のような状況・症状も気になる場合は、女性でも男性ホルモンの影響を受けている可能性があります。

 

そのため、脱毛を招く男性ホルモンをブロックする成分を含まない一般的な女性用育毛剤では、期待したほどの効果を得られないケースが多くなります。

 

(女性向けの育毛剤を試してみたけど、あまり効果を得られなかった場合は、その影響かもしれません)

 

逆に、男性ホルモン抑制成分を含む男性用育毛剤を使うとどうなるか?というと、

 

アルコール成分含有量やその他の配合成分の濃度などが、女性の使用を考慮していないため、刺激が強すぎたり、頭皮環境がさらに悪化したりする可能性があります。

 

そこで役立つのが、男性用と同じく男性ホルモン抑制成分を含みながら、女性用と同じように頭皮に負担をかける成分不使用の ≫ 無添加育毛剤イクオス です。

 

副作用について

イクオスの配合成分は天然由来のものが多く、医薬品の育毛剤に含まれているような刺激の強い添加物(主にミノキシジル)も未使用となっています。

 

また、内服ではなく外用育毛剤なので、女性ホルモンのバランスなどに直接の影響を与えることはありません。(影響があるのは毛根内の活動だけ)

 

上記より、医薬品のような副作用(初期脱毛や多毛症など)の心配はなく、肌質や年齢、性別を問わず、安心してご使用できます。

イクオスと他の育毛剤の効果・使用感を比較

イクオス育毛剤の使用感と他の育毛剤との比較

 

以下は、それぞれの差が分かりやすいようにするための例です。実際は、同じ女性用育毛剤や男性用育毛剤でも商品差があります。

 

◎:かなり期待できる、○:期待できる、△:微妙

 

女性用育毛剤の特徴
  • 一般的な女性の薄毛症状への効果 →
  • 女性男性型脱毛症への効果 →
  • 使用感 → 良い

基本的に一般的な女性の薄毛症状を改善するために開発されているため、男性ホルモンの働きをブロックするような成分は含まれないことが多いです。

 

→ 自分の薄毛の症状が男性ホルモンの影響を受けた「女性男性型脱毛症」だった場合、効果を実感できない可能性が高まります。

 

※育毛剤は3ヶ月〜6ヶ月の継続使用が推奨されているため、後々になって効果がなかったと気づいた場合は、お金も時間も無駄になってしまいます。

 

男性用育毛剤の特徴
  • 一般的な女性の薄毛症状への効果 →
  • 男性型脱毛症への効果 →
  • 使用感 → イマイチ

    (刺激やニオイが強すぎる)

基本的に男性型脱毛症を改善するために開発されているので、一般的な女性の薄毛症状への効果は未知数。

 

また、頭皮環境が丈夫な男性に合わせて作られているため、アルコール成分含有量やメントール成分は多め。商品差はありますが、刺激やニオイが強すぎる傾向にあり、お肌が敏感な女性には向いていません。

 

→ 男性ホルモンの影響を受けていない薄毛症状だった場合、効果を実感できない可能性が高くなり、強い刺激の影響で頭皮が痒くなったり・かぶれたりする場合もあります。

 

無添加育毛剤 イクオス
  • 一般的な女性の薄毛症状への効果 →
  • 女性男性型脱毛症への効果 →
  • 使用感 → 良い

    (刺激やベタつきはなく、無香料)

上記2つの良い所を合わせたのがイクオスで、一般的な女性の薄毛症状と男性型脱毛症の両方に高い期待が持てます。

 

さらに、頭皮や髪に負担をかける成分は無添加なので、刺激・ベタつき・かゆみなど嫌な感触はまったくなく、無香料なのでニオイも気になりませんでした。

 

(詳細は ≫ イクオスの特徴&使用感レビュー

 

リニューアルしてさらに進化

頭皮ケア・育毛剤分などの配合成分数が31種類 → 61種類に大幅増加。

 

特に「Algas(アルガス)-2」という海藻を2種類ミックス配合した新成分が、抜け毛や薄毛に高い効果を発揮してくれそうです。

 

新成分Algas-2だけでも

  • 保湿
  • 毛母細胞の活性化
  • 血行促進作用
  • 毛母細胞のもととなる器官の増殖促進
  • 脱毛要因の阻害

上記のような育毛に重要な作用が期待できます。

 

(配合成分が豪華になっても価格・内容量ともに据え置きでした)

 

価格の比較

 

(人気育毛剤の相場、1ヶ月分)

  • 女性用育毛剤:4000円〜6000円
  • 男性用育毛剤:8000円〜12000円

※同じ配合成分でも、無香料や無添加など使用感の良さを追求している商品は、製造コスト・販売価格が高くなります。

 

イクオスの価格

イクオスは女性用と男性用を合わせたような成分配合。また、無添加・無香料・無着色と使い心地にもこだわっているため、女性用の平均相場よりは高めです。

 

でも、公式のキャンペーンを利用すると、いつでも解約OKの定期コース選択で「初回割引あり」で購入できます。

 

割引は2回目以降も適用されるので、かなりお得だと思います。

 

また、髪の成長に必要な40種類以上の成分を凝縮配合した「育毛サプリメント」も用意されているので、育毛剤とのセットで使用することにより、体の内外から育毛・発毛を促進することができます。

 

※薄毛治療専門のクリニックでも育毛剤+栄養サプリによるダブルケアが主流になっています。

 

サプリメントの補足

髪の成長に必要な成分を豊富に配合した「育毛のためのオールインワンサプリ」の相場を調べてみたところ、5000円前後でした。

 

→ イクオスサプリもそれらの商品と似たような栄養素が配合されています。

 

亜鉛、ビタミン、鉄分、アミノ酸などのサプリは単品で500円以下で購入できます。

 

しかし、5種類、10種類と育毛に必要な栄養素をすべて摂取しようとすると、結局数千円になってしまい、たくさんの種類を毎日飲むのもかなりの手間です。

 

その点、イクオスサプリは、独自製法により40種類以上の栄養素を凝縮配合しているため、1日3粒で髪の成長に必要な栄養素を摂取できます。これもメリットの1つだと思います。

 

リニューアルしてさらに進化したイクオス育毛サプリメント
イクオス育毛サプリメント

 

女性でも飲み込みやすい粒の大きさ → 約9mm
イクオスサプリの1粒の大きさは約9mm

 

 

おすすめプランは「育毛剤+サプリメントの定期コース」

 

イクオスには「単品」「定期」「まとめ買い」、さらに「育毛剤のみ」「育毛剤+サプリメント」など色々な購入プランが用意されています。

 

その中で一番おすすめなのが「育毛剤+サプリメントの定期コース」です。

 

理由としては、

  • 外用の育毛剤単独より、内服の育毛サプリメントも併用したほうが期待できる効果が高まる傾向にある。(個人差はあります)
  • 一番人気のプランということもあり、初回価格・継続価格ともに割引率がかなり優遇されている。
  • すべて使い切った後でもOKの45日間全額返金保証も付いている。

 

また、イクオスの定期コースはいつでも解約・休止できるので、自分に合わないと感じた場合などは1回で解約してもOKとなっています。

 

※定期コース割引、育毛サプリセット、返金保証付きは、公式サイト限定のキャンペーンです。

 

キャンペーン実施中の公式サイト
≫ 無添加育毛剤 イクオス

 

男性ホルモンの影響をもっと詳しく

 

女性の体内にも男性ホルモンは存在していて、ホルモンバランスが崩れた時や加齢によって女性ホルモンの分泌量が減少すると、相対的に男性ホルモンの影響が強くなります。

 

年齢によるホルモンバランスの変化

縦軸がホルモンの分泌量、横軸が年齢です。

 

女性ホルモンの分泌量は30歳でピークに達し、40歳過ぎ〜50歳半ば(更年期)にかけて急激に減少します。

 

それと比べると、女性の体内にも存在する男性ホルモンの分泌量は、減少するスピードがスローです。

 

この関係により、年齢とともに女性ホルモンと男性ホルモンの分泌量の差はなくなっていき、女性でも男性ホルモンの影響を受けやすくなってきます。

 

※年齢が若い女性でもホルモンバランスが崩れている時は、男性ホルモンの影響が強くなります。

 

女性の男子化による脱毛

 

ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの働きが強くなり、女性の体に男性のような症状が現れることを「女性の男性(オス)化」と呼びます。

 

男性化でよく見られる症状

  • 顔の毛・体毛などが濃くなる
  • 頭髪が薄くなる
  • 頭皮のベタつき・ニオイ(過剰な皮脂)
  • 月経周期が不規則
  • ニキビや吹き出物

など。

 

この症状が必ず出るわけではありませんが、以前と違う体質の変化を感じる傾向にあり、その一つが「頭髪の脱毛」です。

 

単純化した説明ですが、髪の毛は女性ホルモンで育ち、男性ホルモンの影響で脱毛します。

 

上述したように、年齢とともに男性ホルモンの働きが強くなるので、どうしても「脱毛しやすく」なってきます。

 

→ 女性のこの症状は「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。

 

また、薄毛で悩んでいる父親や母親から受け継いだ「男性ホルモンの影響を受けやすい体質」も脱毛や薄毛を引き起こす要因の1つです。

 

それを防ぐには、脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制する、または、女性ホルモンの働きを強くする必要があります。

 

そこで役立ってくるのが、イクオス育毛剤に含まれている「女性ホルモンの働きに似た成分」や「男性ホルモンの働きを抑制する成分」。

 

特に男性ホルモン(5αリグクターゼ)抑制成分は、女性用に開発された育毛剤に含まれていることが少ないので、男女兼用のイクオスならではのメリットと言えます。

 

イクオスを使ってみました

≫ イクオスの特徴&使用感レビュー

 

関連情報

イクオス育毛剤、どのプランで購入するのが一番お得?