医薬品育毛剤「カロヤン プログレ」と女性の薄毛への効果について

育毛・発毛促進剤 カロヤン プログレ/脂性肌・乾燥肌(医薬品)

カロヤンプログレは、第一三共ヘルスケアが販売する発毛促進剤(第3類医薬品)。

 

主成分のカルプロニウム塩化物は、育毛成分で有名なミノキシジルと同様に「血行促進作用※」が期待できます。

 

※ 血管を拡張することで血流を増やし、毛母細胞を活性化。髪の成長に必要な栄養や酸素が毛根に届きやすくなります。

 

カルプロニウム塩化物の含有量の違いで「カロヤン プログレ(1%)」「カロヤンプログレEX(2%)」と2種類の製品があり、さらに「脂性肌向け」「乾燥肌向け」が用意されています。

 

効能・効果はすべての製品で共通

若はげ(壮年性脱毛症)、円形脱毛症、びまん性脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症、発毛促進、育毛、脱毛(抜毛)の予防、薄毛、ふけ、かゆみ、病後・産後の脱毛

※NFカロヤンガッシュという製品もありますが、成分配合・効能効果は全く同じようです。

 

女性が使っても大丈夫?

 

女性の使用についてですが、メーカーHPのQ&Aで「Q:女性は使用できますか? A:女性の方もご使用いただけます。」となっていました。

 

妊娠中・産後の授乳中でも使える?

このことに関しては、特に記載はありませんでしたが、カロヤンプログレは化粧品や医薬部外品と違い医薬品なので、ご使用前に主治医に相談したほうが安心だと思います。

 

 

本当に大丈夫?副作用は?

 

ホルモンバランスに影響を与えるような作用ではなく、血行促進作用を期待する製品なので、女性でもほとんどの方が問題なく使用できます。

 

ただし、主成分の塩化カルプロニウムによる副作用の懸念はあります。

 

主な副作用
  • 頭皮 → 発疹・発赤、かゆみ、はれ
  • その他 → 全身性の発汗、それに伴う寒気、顔のほてり、ふるえ、吐き気

※主成分の含有量が多いほど発症率も高くなるとされています。具体的な発症率などは公表されていません。

 

→ カロヤンプログレEXの2%より高濃度に塩化カルプロニウムを含む治療薬に「フロジン液(含有量5%)」があります。(皮膚科で円形脱毛症の治療薬として処方されることが多いです)

 

 

リアップとの違いは?

 

カロヤンプログレの主成分は「塩化カルプロニウム」。リアップの主成分は「ミノキシジル」。

 

2つの成分の共通点は「血管拡張作用による血流の促進」です。

 

違い
  • カロヤンプログレは、塗布した部分の血行を良くする。
  • リアップは、血行促進+毛乳頭に働きかけて毛周期を伸ばすことが期待されます。

上記を考慮するとリアップのほうが効く?となりそうですが、頭皮環境や薄毛症状との相性があり、合う・合わないで個人差がでます。

 

初期脱毛の有無

ミノキシジルには初期脱毛(好転反応の一つ)があるので、もしかしたらカロヤンもあるのかな?と思い、掲示板やQ&Aサイトで「カロヤンプログレ 初期脱毛」と調べてみましたが、そういった情報はヒットしませんでした。

 

医薬部外品なら副作用の心配なし

 

副作用の心配がなく、高い血行促進作用が期待できる女性用の育毛剤

≫ 薬用花蘭咲(からんさ)