縮毛矯正・パーマと育毛剤の併用について

 

一般的な育毛剤のアルコール成分(主にエタノール)含有量は、男性用で約70%、頭皮に優しいと謳っている女性用育毛剤でも20%〜30%と、想像より多く含まれています。

 

そこで、縮毛矯正やパーマをかけた状態で育毛剤を使うと、矯正が弱まったりパーマが落ちてしまうのでは?という心配が生じます。

 

以前書いた、 ≫ 育毛剤とヘアカラー・白髪染め の記事と同じ回答になるかと思うのですが、念のため女性用育毛剤メーカー数社に以下の質問をしてみました。

 

縮毛矯正・パーマをかけていますが、育毛剤を使用しても大丈夫ですか?

 

頂いた回答がこちら

縮毛矯正やパーマをした直後は、アルカリ剤や還元剤の影響で、頭皮が膨潤して過敏な状態になっています。

 

効能的には使用しても問題ないですが、皮膚の抵抗力が落ちているので、炎症や刺激が出る可能性があります。

 

頭皮の状態をよく確認してから使用するかどうかを判断してください。頭皮に炎症があったり、傷がある場合にはご使用を控えてください。

パーマ液、ヘアカラーリング剤、白髪染めをされた場合 は、色が定着するまで、2日〜3日ほどご使用を控えて頂き、ご使用頂く際には、 目立たない部分でお試しください。

ご使用いただけますが、ヘアカラー同様、数日おいてからご使用ください。

 

内容的には、「縮毛矯正・パーマをしたあとは、2〜3日経ってからご使用ください。」ということでした。

 

でも、1番上のメーカーの回答のように、縮毛矯正、パーマ、ヘアカラーなどは、頭皮に負担がかかり、抜け毛が増えたり・薄毛が進行してしまう原因にもなり得ます。

 

頭皮への負担(ストレスも含む)の影響は、数カ月後に抜け毛や薄毛となって表面化します。今大丈夫だからと油断してしまうと、あとあと苦労することに…

 

そのため、頭皮環境の乱れや薄毛の進行が気になっている方、敏感肌・乾燥肌など肌がデリケートな方は、どうしても必要な時以外は、頭皮を優先していきましょう。

 

ノンアルコール処方の育毛剤なら安心

 

アルコール成分を含まない育毛剤なら、縮毛矯正やパーマの効果が落ちたり、頭皮への刺激を心配する必要はなくなります。

 

関連記事

女性の育毛剤選び お役立ち情報