「妊娠中・母乳育児中に育毛剤を使っても大丈夫?」

 

まずは結論から。

 

お近くのドラックストアやネット通販などで手軽に購入できる「医薬部外品」の育毛剤は、基本的に妊娠中・授乳中でも問題なく使用できます。

 

市販の育毛剤のほとんどが医薬部外品なので、特別な注意書きがある場合を除いて、副作用や赤ちゃんへの影響はありません。

 

今まで数多くの女性向け育毛剤を購入していますが、妊婦や母乳に関する記載があったのは1商品のみ。(市販の育毛剤すべてを確認したわけではありません)

 

その育毛剤の箱裏↓

効能・効果に「産後の脱毛」とありますが、「母乳による授乳期間中は、使用を避けてください」とも記載されていました。(この商品は、ライオンのフルリア薬用育毛エッセンスです)

 

≫ すでにレビュー済みの育毛剤 の中で、注意書きがあったのはフルリアだけだったので、その他は問題なく使用できます。

 

 

副作用や赤ちゃんへの影響はありませんが、まれに、配合成分とお肌との相性問題で、赤み・かぶれ・かゆみなどの症状がでる人もいます。

 

この辺は、化粧品などと同じなので過剰な心配はいりませんが、もし頭皮にそのような異常を感じた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

 

医薬品の育毛剤は使用NGがほとんど

発毛・育毛成分「ミノキシジル」配合の女性用育毛剤「リアップリジェンヌ(第1類医薬品、大正製薬)」は、使用NGのケースとして「妊婦・授乳中」「妊娠・出産に伴う脱毛」などが記載されています。

 

医薬品は副作用があるので、妊娠中・授乳中など体がデリケートな状態での使用は制限されている場合が多いです。

 

妊娠中・授乳中におすすめの無添加育毛剤

 

先述したように、医薬部外品の育毛剤なら妊婦さんや授乳中の産後ママでも使用可能となっています。

 

その中でも特に安心して使えるのが、頭皮や髪の毛、人間の体にダメージを与える成分を排除して作られた「無添加の育毛剤」です。

 

女性用の無添加育毛剤

 

ベルタ育毛剤

≫ 詳細はこちら

 

マイナチュレ

≫ 詳細はこちら