男性用ミノキシジル5%育毛剤「リアップx5」の女性の使用について

育毛成分ミノキシジル5%配合の医薬品育毛剤「リアップX5プラスローション」

 

当サイトの訪問者様から次のような質問を頂きました。

 

質問内容

私(42歳・女)は、2年くらい前から薄毛が気になり始めました。

 

何の対策も取らずに放っておいたら、薄毛はどんどん進行して、頭髪全体のボリュームが以前の半分くらいになってしまい、頭皮もすごく透けてしまいました。

 

これ以上手遅れになる前に何かしなければと思い、ネットで色々調べてところ、リアップリジェンヌという育毛剤を知りました。

 

女性用リアップ

 

早速購入して、使ってみたのですが半年経過してもほとんど何の変化もありません。。

 

ネットの掲示板などで情報収集してみたところ、同じような方が沢山いました。

 

その中で、「リアップリジェンヌからリアップx5に変えたら効果が出た」という書き込みを見つけました。

 

リアップx5は男性用の育毛剤で、リアップリジェンヌと同じメーカーのものでした。

 

大きな違いは有効成分であるミノキシジルの含有量のようです。

 

リアップx5の公式サイトの説明を読むと「本剤は日本人女性における安全性が確認されていない」と書いてありました。

 

素人考えですが、リアップリジェンヌがミノキシジル1%、リアップx5が5%なので、リアップx5のほうが効果が見込めそうな気がします。

 

女性の使用が推奨されていないのを前提で、もし使用した場合の副作用や得られる効果などを分かる範囲で教えて下さい。

 

管理人より

 

質問者様のお気持ちはもの凄く分かります。

 

実は、私もリアップリジェンヌ → リアップx5を経験しています。

 

リアップリジェンヌを6ヶ月継続使用してもほとんど変化が見られなかったので、自己責任でリアップx5を試してみました。

 

リアップリジェンヌと比較しての使用感の違いは、

  • リアップx5のほうが塗布後のジーンとする感じやスースー感が強い
  • 塗布後しばらく経ってから頭皮がかゆくなる
  • 頭皮のベタつきや液体が付着した部分の髪のパサつき・きしみもリジェンヌより強く感じた

(感じ方には個人差があると思います)

 

効果は?

 

使用前より少しだけ抜け毛が減ったような気がする程度だったので、3本使い切って使用を止めました。

 

私の場合は上記のような感じで、リスクを冒して使用した割にはほとんど効果を得られませんでした。

 

効果を実感できなかった理由

 

リアップは男性用も女性用も有効成分はミノキシジルです。

 

その主な働き「血管拡張」による血行促進でどこまで育毛・発毛が促されるかで、効果の実感度も変わってくると思います。

 

また、2商品とも「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」を目的として作られているため、それ以外の症状では効果が得られない可能性が高くなります。

 

(壮年期脱毛症とは? → 遺伝や男性ホルモンの影響を受けた薄毛または抜け毛のことで、何年もかかって症状が進行します)

 

個人的な見解ですが、もしミノキシジル5%のリアップx5で効果が出るなら、ミノキシジル1%のリジェンヌのほうでも何かしらの変化は現れる可能性が高いはず。なのに、何の変化も現れなかったということは、自分の薄毛の症状が壮年性脱毛症以外だった可能性があります。

 

(女性の抜け毛・薄毛の主な原因「ホルモンバランスの乱れ」には効かない可能性大)

 

そもそも、女性のリアップx5使用は非推奨なのと、上記の理由より、ミノキシジル育毛剤を試してみたい場合は、まずは女性用のリアップリジェンヌを使ってみましょう。

 

それで効果が出れば継続使用。効かなかった場合は、ミノキシジル以外の育毛剤を試してみるか、一度、専門医に診てもらうことをおすすめします。

 

薄毛治療専門のクリニック

 

一般的な皮膚科や婦人科に相談しても、薄毛そのものは治療してもらえません。

 

もし、本格的な治療を受けたい場合は「薄毛治療専門のクリニック」に頼ることになります。

 

近年、女性の薄毛専門のクリニックも少しずつ増えていて、無料カウンセリングを実施している店舗もあります。

 

女性専用のオリジナル発毛薬(ミノキシジル5%)を処方してくれたり、内服薬のパントガールを安く購入できる「東京ビューティクリニック」が有名です。

 

店舗数が全国に40以上あり、無料カウンセリングも実施しています(要予約)

 

詳しくは
≫ 「無料カウンセリングあり」の女性専門 薄毛治療クリニック

 

リジェンヌとX5、配合成分の違い

(赤文字は共通成分)

女性用:リアップリジェンヌ


(100mL中)

  • ミノキシジル 1.0g
  • パントテニールエチルエーテル 1.0g
  • トコフェロール酢酸エステル 0.08g
  • l-メントール 0.3g

添加物:1,3-ブチレングリコール、クエン酸、エタノール、ヒアルロン酸Na

 

男性用:リアップX5プラス


(100mL中)

  • ミノキシジル 5.0g
  • ピリドキシン塩酸塩 0.05g
  • トコフェロール酢酸エステル 0.08g
  • l-メントール 0.3g

添加物:セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール

 

※可能性のある副作用は男性用5%も女性用1%も同じです。

頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感、頭痛、気が遠くなる、めまい、胸の痛み、心拍が速くなる、原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ

 

補足:ミノキシジルの濃度を上げても意味がない?

 

ミノキシジル5%でも使用感的には特に問題はなかったので、海外製の「ポラリスNR-10(ミノキシジル16%)」や「ポラリスNR-11(ミノキシジル12%)」に手を出した経験もあります。

 

どちらも男性用のもので、ミノキシジルが高濃度で配合されています。(基本的に女性の使用はNG)

 

ポラリスNR-10 (中身はクリーム状)

ミノキシジル16%配合 ポラリスNR-10

 

ポラリスNR-11 (液体タイプ)

ミノキシジル12%配合 ポラリスNR-11

 

使ってみた効果は?というと、男性用リアップと同様に大きな変化は現れませんでした。

 

ポラリスNR-10のミノキシジル配合率は16%。今のところこれ以上のものはありません。

 

その配合率でも効果が出なかったということは、私の薄毛の症状はミノキシジルの作用では改善しない可能性が高いのでは?と思いました。

 

→ 結局のところ、医薬部外品の育毛剤と同様に、ミノキシジルも効く人・効かない人に別れる。そして、低濃度で効かない人が最高濃度のポラリスNR-10を使っても、期待したほどの効果は得られない可能性が高い。と個人的にはそう結論づけました。

 

なので、ミノキシジル配合の育毛剤は以後使用していません。

 

※私の場合、NR-10・NR-11ともに刺激を感じたり頭皮に異常が出たりはしませんでした。ただ、髪の毛がバリバリに固まってしまうこと、匂いが少し気になるなど使用感はイマイチでした。

 

 

高濃度のミノキシジル育毛剤を使用する場合は、専門医に相談してからのほうが無難です。

 

その際は、普通の皮膚科ではなく、薄毛治療専門クリニックのほうがより専門的な相談ができます。

 

≫ 女性に人気の薄毛治療クリニック

女性の育毛剤選び お役立ち情報