育毛剤の価格の安い・高いで効果に違いはあるの?

≫ お試し価格の育毛剤まとめはこちら

 

近年、抜け毛や薄毛など髪の悩みを抱える女性が増え続けています。

 

それとともに各メーカーから、様々な女性向け頭皮ケア用品が販売されるようになり、自宅で手軽に頭皮ケアが出来るまでに。

 

今、シャンプーと並んで各メーカーが注力しているのが、女性専用の育毛剤です。

 

最近の女性用育毛剤について

 

育毛剤には「中高年の男性が使うもの」という古いイメージが今だにあります。

 

でも、TVCM・つり革広告などでの露出、また、雑誌で女性向け育毛剤特集が組まれるようになってきてから、女性の育毛剤に対する印象はどんどん良くなってきています。

 

最近の女性育毛剤は、外見も美容液のようにオシャレで、育毛剤や育毛トニック特有の嫌な臭いもない「無香料」も増えているため、周りに気遣うことなく気軽に使用できます。

 

女性向け育毛剤、本当に効果はあるの?

 

育毛剤は抜け毛予防や薄毛対策を目的に使用する方が多く、次いで、産後の抜け毛、円形脱毛症、病気・服薬による脱毛など、それぞれの症状に合わせて利用されます。

 

この育毛剤に関して、何より気になるのが「本当に効果が見込めるのか?」ですよね。

 

育毛剤は分類的に、「医薬品・医薬部外品・化粧品」に分かれますが、市販で出回っている商品の多くが「医薬部外品」です。

 

医薬部外品は、厚生労働省から正式に育毛剤として認可されていて、商品それぞれで効果・効能も認められています。

 

配合されている有効成分の数や濃度、薄毛や頭皮環境の状態、体質などにより、感じられる効果の大小には個人差はでますが、正しい使用方法で一定期間(3ヶ月〜6ヶ月)使えば、抜け毛予防・育毛・発毛促進などの効果が見込めます。

 

安い・高いで効果に違いはあるの?

 

育毛剤は、薬局、ドラックストア、美容室などで購入できる市販品から通販限定商品まで、数えきれないほどの商品数が販売されています。

 

その中で気になる違いと言えば「価格」です。

 

1000円程度の安い育毛剤から、5000円前後、10000円以上するものまで、豊富な価格帯。

 

同じ効果であれば安いほうがいいですよね。

 

安価と高価商品の効果を比較する上で、一番注目したいポイントは「有効成分」。

 

有効成分は、脱毛予防や育毛・発毛に効果があると確認されている成分で、この配合数や濃度によって育毛剤の価格が決まってきます。

 

安い育毛剤は有効成分が少ない・濃度が薄くて、高ければ多い・濃いケースが一般的です。

 

安価な商品は、見た目の内容量が多くても「水」の配合量が多くなっています。

 

内容量の大半が何の効果もない水分だから製造コストが安く済みます。(有効成分を水で薄めているので得られる効果は少ない)

 

「安価=効果が低い、高価=効果が高い」と決めつけることはできませんが、得られる効果の可能性でいえば、有効成分数が多くて配合量(濃度)も多い「高価な育毛剤」のほうが上となります。

 

安価商品と高価商品の使い分けですが、使う目的が「予防」「改善」によって違ってくると思います。

 

まだ抜け毛が増えたり、薄毛が進行したりはしていないけど、今後のために頭皮ケアをしておきたい、程度の人なら安価な育毛剤でも大丈夫かと思います。

 

でも、すでに抜け毛の量が気になる、生え際や分け目の地肌が透けるくらい薄毛が進行している場合は、1000円2000円の育毛剤では役不足。育毛有効成分がしっかり配合されている、本格的な商品を選んだほうが良いです。

 

≫ 育毛剤にかかる費用を少しでも安くしたい方へ

 

得られる効果以外でも差がある

 

頭皮や髪に悪影響を与える「添加物」の使用・不使用。

 

一般的に安価な商品は添加物を使用していて「無添加」はほとんどありません。

 

これには、製造コストが関係しています。

 

安価な市販品は、生産性を重視する傾向にあり、生産コストがかかる「無添加」製法は避けます。

 

そのため、販売価格は安いけど頭皮や毛根に悪影響を与える(可能性のある)成分が含まれるデメリットがあります。

 

逆に、パラベン、石油系界面活性剤、シリコン、防腐剤など少なからず頭皮に影響を与える添加物を使用しない、いわゆる「無添加」にこだわると、製造コストは格段に高くなります。

 

製造コストはかかりますが、育毛剤は頭皮・毛根に直接塗布するため、「無添加」が理想的です。

 

≫ 頭皮や髪に優しい無添加育毛剤

 

また、育毛剤の効果を実感するためには、毎日継続して使用する必要があります。

 

ストレスや産後など、ホルモンバランスの一時的な変化による薄毛なら3ヶ月〜6ヶ月の使用で効果がでたら、そこで使用を止めても大丈夫です。

 

でも、加齢による薄毛の場合は、基本的に今後ずっと使用する必要があります。

 

これは、スキンケアと一緒です。頭皮も顔と同じお肌なので、年齢とともに弱って老化していきます。

 

少しでも老化を遅め現状維持するための「エイジングケア」として、育毛剤は必要です。

 

毎日、頭皮や毛根に直接塗布する、しかも、今後ずっと使い続けていくものに「添加物」が多く含まれているのはNGですよね。

 

そういった点を考えても、値段が安いからという理由だけで育毛剤を選ぶのは、賢い選択とは言えません。

 

添加物使用・不使用など、頭皮や毛根への負担と得られる効果の両方を考えて、あとあと後悔のない商品を見つけてください。

 

育毛剤と頭皮には相性がある

 

顔用の化粧品に「肌に合う・合わない」があるように、頭皮に使う育毛剤にも「合う・合わない」の個人差があります。

 

敏感肌・乾燥肌・アトピー肌、脂漏性、フケ症など、様々な頭皮環境が存在するため、思い切って育毛剤を購入して使ってみても、ヒリヒリしたり赤くなったり、浸透しなかったりと、合わないケースも多々あります。

 

口コミでの評判が良い商品でも、自分に合うかは実際に使ってみないと判断できません。

 

そのため、育毛剤を選ぶ際には「返金保証」があるものを!

 

返金保証があれば、使ってみて合わなかった場合でも安心です。本商品使用後でも期間内なら、理由に関係なく返金してもらえるサービスが増えてきています。

 

薬局やドラックストアの商品には「返金保証」が付いていないので、ほぼ通販商品に限られてきます。

 

以前は30日間返金保証が主流でしたが、育毛剤の効果をしっかり実感するには、最低でも3ヶ月は必要なため、最近では、90日間の長期返金保証をつけている女性用育毛剤も登場してきています。

 

≫ 長期間返金保証つき育毛剤まとめ

 

通販限定の女性用育毛剤で、有効成分の数が多く・濃度も高い、長期間の返金保証付き、無添加、という条件だと相場は5000円前後になります。

 

初回割引や送料無料などのキャンペーンを利用すれば、初回分はかなりお得に購入できるので、それで使用してみて頭皮に合うか確かめて、合えば継続・合わなければ返金保証を利用するという流れが一番失敗がないと思います。

 

(1週間〜2週間分のお試しトライアル品もあります ≫ まずは気軽にお試しから!

 

まとめ

 

育毛剤の値段と効果は比例しやすい。

 

安い育毛剤(千円〜二千円)=期待できる効果は低い
高い育毛剤(五千円前後)=期待できる効果が高い

 

すでに薄毛が進行しているなら、安価な育毛剤は避け、有効成分の数が多い・配合濃度が高い「本格的」な商品を選びましょう。

 

育毛剤は長く使うものなので「無添加」の商品がおすすめです。

 

返金保証を利用して、購入後の失敗・後悔を減らしましょう!

 

 

長々と書いてきましたが、上で述べた条件に当てはまる商品は、ドラックストアなどで購入できるものではなく、通販限定で販売している育毛剤になります。

 

≫ 条件に該当する育毛剤はこちら

女性の育毛剤選び お役立ち情報