びまん性の薄毛に効果的な女性用育毛剤ってありますか?

びまん性に髪の毛が薄くなってきた女性

 

びまん(瀰漫)性脱毛症は、地肌が広範囲に透けてしまう症状で、女性に比較的多く見られるタイプの薄毛です。

 

髪が薄くなる進行度合いは人それぞれですが、

  • 加齢によるホルモンバランスの乱れ
  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • 頭皮の血行不良
  • 過度なダイエットによる栄養不良
  • 病気による代謝異常
  • 間違ったヘアケア

などの原因により発生すると言われています。

 

早速、本題の育毛剤についてですが、
残念ながら、びまん性の薄毛を改善するための、専用の育毛剤というのは存在しません。

 

でも大丈夫。

 

女性の抜け毛・薄毛の悩みを改善するために研究開発された女性用育毛剤は、基本的にびまん性の薄毛に効果が見込めます。

 

効果的な育毛剤の選び方

 

育毛剤は、乱れた頭皮環境を整え、ヘアサイクルを整え、元気な髪の毛の成長をサポートするのが主な役割です。

 

血行を促進、頭皮の保湿、栄養補給など配合成分により様々なアプローチをしてくれます。

 

そのため、全体的に薄くなるびまん性だけでなく、前髪・生え際、頭頂部・つむじ、側頭部・こめかみ、後頭部などの地肌の透け、分け目の広がり。

 

このような薄毛の悩みすべてに効き目があるとも言えます。

 

期待できる効果の高さは、配合成分の数や濃度によって違ってくるため、商品によって差がでます。

 

基本的には、育毛・発毛に有効な成分の含有量が多いほうが効く可能性が高くなります。

 

薬局やドラックストアーなどで購入できる安価な(千円〜2千円)の市販品は、「水」や「アルコール成分」の配合量が多く、価格なりの効果しか見込めません。

 

ただし、高価な育毛剤だから必ずしも高い効果が見込めるかといえば、それも違います。

 

理由として、育毛剤と頭皮や薄毛の症状には相性のようなものがあるため、実際に使ってみないと自分に合うかどうか判断できないからです。

 

そうなると、「結局、育毛剤ってどれを選べばいいの?」という悩みがでてきてしまいますよね。

 

そこで、厚生労働省から育毛剤として認可され、効果効能もしっかり認められたいる女性向け商品の中から、副作用がなく高い効果も見込めそうなものを厳選してご紹介します。

 

医薬品は購入の際、医師や薬剤師へ相談する必要があるので、そういう手間がなく高い効果も見込める、医薬部外品に絞ってピックアップしました。

 

頭部の血行不良が気になる

詳細情報 ≫ 花蘭咲(からんさ)

 

ホルモンバランスが気になる

詳細情報 ≫ イクオス

 

※びまん性脱毛症の原因が「頭部の血行不良」「ホルモンバランスの乱れ」のどちらにも該当しない、またはどちらも該当する場合は、オールマイティタイプの ≫ マイナチュレ がおすすめです。

びまん性脱毛症の原因と対策

 

女性の薄毛の原因で最も多いのがこの びまん性脱毛症。女性に多く見られる脱毛症のため、「女性型脱毛症」とも呼ばれています。

びまん性脱毛症の主な症状
  • 髪のボリュームが減ってきた
  • 生え際や地肌が目立つようになってきた
  • 以前より髪が細くなってきた
  • 髪の毛のハリ・コシがなくなってきた

上記に当てはまるようなら、「びまん性脱毛症」かも知れません。

 

びまん性脱毛症は、女性ホルモンが減少しヘアサイクルのバランスが崩れ、休止期の毛髪の割合が多くなることで起こり、髪全体が薄くなり、特に髪の分け目や頭頂部の頭皮が透けて見えるようになります。

 

 

成長期→退行期→休止期→抜け毛、と流れるヘアサイクルは、髪が太く長く育つ成長期の割合が90%程度、髪の成長が止まる退行期が1%程度、抜け落ちる準備段階の休止期が10%程度と言われています。

 

この約90%の成長期から急激に休止期に移行する毛髪の割合(通常10%程度 → 20%以上)が増えることにより、成長する髪の割合は減り、抜け落ちる髪の割合は増え、気付かないうちに頭髪全体の密度が減っていきます。

 

以前は更年期(おおむね45〜55歳くらいが更年期の対象年齢といわれています)の女性に多いタイプの脱毛症とされていましたが、近年の生活環境の変化によりストレスが増えたりなど様々な理由で20〜30代の若年層の女性にも多くみられるようになりました。

 

また、妊娠や出産後のホルモンバランスの一時的な変化でも同じような症状が多く見られます。

 

※近年増えている ≫ 女性男性型脱毛症(FAGA) も症状としてはびまん性脱毛症と同じなので、見分けるのは難しいと言われています。

対策や治療法

 

ストレスやダイエット、パーマや毛染め、出産など、薄毛になった原因は人それぞれなため、原因を特定してそれを改善する事が対策の第一歩となります。

 

ストレスが原因の場合ならストレスを溜めないようにする工夫、過剰なダイエットをやめる、髪や頭皮に優しいヘアカラーを使うなどですね。

 

それと並行して、頭皮に負担をかけないシャンプーや育毛をサポートする育毛剤やサプリメントなどを使用するのが一般的な「びまん性脱毛症」の対策になります。

 

▼ シャンプーによる対策

シャンプーは頭皮環境を清潔に保つためのものなので、びまん性脱毛症を改善するには役不足と言えます。

 

抜け毛の量が少し気になる程度の初期の頃には有効かもしれません。

 

でも、髪のボリュームが減った、分け目や頭頂部の頭皮が透けて見えるなど、症状が進行している場合は、育毛・発毛効果がある育毛剤を試してみたほうが改善できる期待度は高いです。

 

※最近では「育毛シャンプー」と呼ばれる商品も増えていますが、ほとんどの場合、このシャンプー自体に育毛効果はないので注意が必要です。

 

意味合いとしては「育毛のサポートをするシャンプー」で、役割は一般的なシャンプーと同じく、頭皮を清潔にして髪の毛が育ちやすい頭皮環境を維持する、ことにあります。

 

仮に、育毛成分が配合されていたとしても、シャンプーの場合はすぐに洗い流してしまうので、育毛剤ほどの効果は得られない可能性が高いです。

 

▼ サプリメントによる対策

育毛シャンプーと同じく、サプリメントも育毛をイメージさせる商品が増えています。

 

そういったサプリメントの成分を見てみると、確かに髪に良いと言われている亜鉛・ビタミン・イソフラボンなどの栄養素が豊富に含まれています。

 

そして、「髪にいい成分を30種類厳選配合!」などと聞くと、いかにも効きそうなイメージを抱きますよね。

 

でも実際は、サプリメントだけでびまん性脱毛症が改善することは稀です。

 

効く可能性があるのは、栄養不足が原因で抜け毛・薄毛のトラブルが進行してしまっている場合です。

 

過剰なダイエットや偏った食生活の自覚がある方は、育毛サプリメントを摂取することで原因が解消され、乱れていたヘアサイクルが正常に戻り、薄毛の症状も少しずつ改善する可能性があります。

 

逆に、普段からしっかり栄養をとっている方は、サプリメントを摂取する意味はほとんどありません。

 

摂取するとしても、オールインワンタイプのサプリではなく、普段の食生活の中で不足しがちな「亜鉛」「鉄分」や、女性ホルモン様作用のある大豆食品(納豆、豆乳、豆腐など)など、必要な栄養だけで十分です。

 

※爪の状態を見れば栄養が不足しているかどうか、ある程度判断できるようです。(髪と爪はほとんど同じ成分で生成されている)

 

髪や爪は生命活動において重要度が低いため、体の中で余っている栄養しかまわってきません。

 

そのため、栄養が不足気味の方は、髪や爪にトラブルがおきます。

 

髪の場合は抜け毛・薄毛・白髪・パサつきなど。

 

爪の場合は、表面に横線が入ったり、先端が湾曲していると栄養が不足している可能性が高いそうです。(縦線は主に老化現象が原因)

 

なので、頭髪トラブル以外に、爪がデコボコしている場合はオールインワンサプリメントが有効に作用してくれるかもしれません。

 

▼ 育毛剤による対策

脱毛外来や薄毛治療を専門としている病院での治療を除くと、育毛剤を使ったセルフケアが最も一般的なびまん性脱毛症のケア方法になります。

 

育毛剤使用による改善イメージ
  • 1ヶ月目:抜け毛が減る
  • 2ヶ月目:髪にハリ・コシを感じる
  • 3ヶ月目〜5ヶ月目:新しい髪の毛の成長を実感
  • 6ヶ月目〜:見た目の毛量アップ&地肌透けの改善

※↑私の場合はこんな感じでした(個人差あり)

 

▼ 6ヶ月での変化

 

使用した育毛剤は ≫ マイナチュレ です。

 

びまん性の薄毛の改善は、あせらずゆっくり

 

加齢による薄毛の場合、年齢だからと諦めてしまう人も多いのですが、諦めてしまったら、薄毛は進行するばかりで改善することはありません。

 

これからも女性らしくオシャレをするためには、若い頃のようなフサフサな髪までは戻らないまでも、これ以上薄くならないために、現状維持の努力は必要だと思います。

 

規則正しい生活習慣、適度な運動、バランスのとれた食事を心がけ、健康な頭皮環境を維持するために、使用するシャンプーを見直し、髪に必要な栄養を少しでも多く届けるために、育毛剤やサプリメントを利用して、諦めずに対策をして行きましょう!

 

また、薄毛の症状や範囲がひどい場合は、薄毛を隠すウィッグやカツラ、 薄毛隠しパウダーなどの使用という選択もあります。

 

びまん性脱毛症に関するよくある質問

 

「びまん性の薄毛で悩んでいます。皮膚科や大学病院などで治療してもらえますか?」

 

びまん性脱毛症は病気の名前ではなく「頭髪が全体的に薄くなる・ボリュームダウンする症状」のことを指しています。

 

ですので、「脂漏性皮膚炎・湿疹」や「粃糠(ひこう)性脱毛症」など地肌トラブルが原因の場合は、皮膚科で診てもらえます。

 

また、ホルモンバランスの乱れ(特に更年期)や甲状腺の機能異常、内臓の病気などが原因の場合は、総合病院や大学病院で診てもらえます。

 

ただし、抜け毛や薄毛そのものは病気ではないため(円形脱毛症は除く)、病的な原因が見当たらない場合は「治療の必要はありません」と言われる可能性大です。

 

一般的な病院では治療・対処が難しい薄毛の原因
  • 加齢による老化現象
  • 栄養不足・運動不足・夜更かし
  • 間違ったヘアケア
  • 日々蓄積されたストレス
  • 遺伝
  • 分娩後脱毛症(産後の抜け毛)

など。

 

上記のような原因は病気とは違うので、一般的な病院に相談しても何の対処もしてもらえない傾向にあります。

 

※薄毛そのものを治療してもらいたい場合は「頭髪・薄毛治療専門のクリニック」に頼ることになります。

 

女性の薄毛の悩みってどこに相談するの?

近年、女性専門の薄毛治療クリニックも少しずつ増えてきています。

 

相談件数140000人以上、発毛実感率99.4%の「東京ビューティークリニック」では、無料カウンセリングを行っています。一度、相談してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは
≫ 女性に人気の薄毛治療クリニック

 

 

関連記事