コラーゲンの髪・頭皮への効果

 

昔からお肌によいとされているコラーゲン。

 

そのコラーゲンについて調べていくと、

  • コラーゲン 髪 太く
  • コラーゲン 髪 伸びる
  • 頭皮 柔らかく コラーゲン
  • 頭皮 乾燥 コラーゲン

このような検索ワードが目につきました。

 

髪の毛への効果

 

髪の毛を構成する主成分はタンパク質で、コラーゲンもそのタンパク質の一種です。

 

はじめは、コラーゲン = 髪の主成分、だから積極的に摂取することで髪が太く長く伸びる、と思っていました。

 

しかし、そうではないようです。

 

毛髪を構成する主成分のタンパク質は、コラーゲンではなくケラチンでした。

 

なので、コラーゲンをがんばって摂取しても、直接的に髪を太くしたり伸ばしたりする効果は期待できないことになります。

 

でもネット検索では、コラーゲンを摂取しはじめてから、髪が太くなった、髪の伸びが早くなった、という情報を複数目にしました。

 

そこでつながってくるのが「頭皮 柔らかく コラーゲン」「頭皮 乾燥 コラーゲン」この検索ワードです。

 

コラーゲンに期待できる効果

 

コラーゲンの皮膚に対しての主な役割は

  • 保湿
  • 柔軟
  • 弾力

この3つと言われています。

 

この働きによって、皮膚を潤いのある柔らかい&弾力のある状態に保ってくれます。

 

憶測ですが、この辺の効果が頭皮にも良い影響を与えてくれるのかもしれません。

 

コラーゲンなら何でもいいの?

 

美容アイテムではコラーゲンドリンクが人気で、私も何種類か試した経験があります。

 

でも、期待したほどの効果を得られたか?でいえば、イマイチというのが本音です。

 

なぜ効かないのか?と色々調べてみると「コラーゲンの経口摂取は意味がない」というような情報にたどり着きました。

 

理由としては、口から摂取したコラーゲンは体内で違う成分に分解されてしまうため、コラーゲンを直接摂取することは不可能、ということのようです。

 

 

コラーゲンを摂取する
 ↓
体内で一度、バラバラ(アミノ酸)に分解される
 ↓
吸収
 ↓
再合成

 

 

上記のように一度バラバラになってから体内でコラーゲンを合成するには、コラーゲンの素となるたっぷりのアミノ酸が必要になります。

 

(コラーゲンはタンパク質。タンパク質は多数のアミノ酸が結合してできている)

 

 ↓
アミノ酸をバランスよく&たっぷり含んだサプリメントを選ぶことが体内コラーゲンの増加につながる。

 

 

アミノ酸を豊富に含んだコラーゲンサプリ

 

コラーゲンはもちろん、コラーゲンの素となる良質なアミノ酸をバランス良く豊富に含んでいる「すっぽん小町」

 

≫ 商品詳細はこちら