女性ホルモン減少による薄毛対策

 

記事を読まずに結論を知りたい方へ

女性ホルモン減少による薄毛対策なら ⇒ この育毛剤が効果的

 

解説記事はこちら↓

 

年齢とともに減少していく女性ホルモン(エストロゲン)の分泌。

 

一般的に40歳を境にガクッっと減り始め、閉経を挟む10年間(更年期40代〜50代)以降の老年期(60代〜)には、10歳以下の小児期と同じくらいまで女性ホルモンの分泌量が低下します。

 

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、髪の成長と密接に関わっているため、分泌が減る・なくなると毛髪にも変化が現れてきます。

  • 髪の毛が細くなり、ハリ・コシがなくなる
  • その影響で分け目や生え際、頭頂部の地肌が透けて目立つように
  • ボリュームもなくなり、髪がペタンコでヘアスタイルが決まらない…

これらは女性特有の髪のエイジング(老化)現象で、加齢による女性ホルモンの減少に大きく影響されます。

 

この影響による薄毛は「びまん性脱毛症」と呼ばれ、頭髪全体が広範囲に薄くなっていく特徴があります。

 

女性の「びまん性薄毛」の特徴

 

女性の「びまん性薄毛」の特徴

 

びまん性の薄毛は、男性の薄毛(いわゆるハゲ)とは違い、産毛のような細く短い毛髪はまだ生えていて、毛根内部の「髪の毛の生成」はまだ続いている状態です。

 

1本1本の髪が細くなってしまうと、生えている毛の本数自体は同じでも、髪のボリュームが減ったように見えてしまいます。

 

合わせ鏡で分け目や頭頂部を見た時に、頭皮の地肌が透けている様に見えるのも、女性のびまん性薄毛の特徴です。

 

原因は?

 

女性の抜け毛・薄毛の原因は多岐にわたりますが、主に栄養不足・運動不足・睡眠不足・ストレス・毛染め、他にも出産後や甲状腺機能低下症などがあげられます。

 

その中で、年齢とともに髪の毛が細くなりボリュームもダウンしていく主な原因は、女性ホルモンの分泌が低下した影響でヘアサイクル(毛周期)が変化することによるものです。

 

「成長期」→「退行期」→「休止期」と移行するヘアサイクルの中で、太くて長い髪を育てる成長期が短くなり、抜け毛となって脱毛する休止期が長くなることで、髪の成長不足が発生します。

 

すると、細くて短い毛にしか成長できず、すぐに抜け落ちていきます。

 

効果的な対策方法は?

 

この薄毛サイクルを改善するには、女性ホルモンの減少にどうアプローチするか?が問題になってきます。

 

そして、正しい方法で対処すれば、かなりの確率で改善すると言われているのも、このタイプの薄毛です。

 

そのアプローチに成功し、三省製薬が商品化した女性用育毛剤が、注目の育毛成分CTP(6-ベンジルアミノプリン)配合の ≫ デルメッド ヘアエッセンス です。

 

デルメッド ヘアエッセンス

女性ホルモン減少による抜け毛・薄毛に

 

女性ホルモンの減少と薄毛の関係に着目して研究開発された薬用育毛剤。髪の成長にも密接に関係している女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は、40歳辺りから本格的に低下していきます。

 

デルメッドの育毛剤は、そこに注力している商品なので、30代後半〜50代(更年期)世代の女性にピッタリな商品です。

 

初回限定キャンペーン実施中

50%OFF・送料無料
≫ キャンペーンサイトへ

女性の薄毛治療を専門とするクリニックも増えています

 

「育毛剤によるセルフケアだけでは不安」という場合は、薄毛治療専門のクリニックに相談してみるというのも1つの選択です。

 

過去には、薄毛=男性の悩みというイメージもありましたが、近年になって抜け毛・薄毛に悩まされる女性が急増しています。

 

その影響で「女性の薄毛治療」を専門としたクリニックも徐々に増えてきています。

 

一般病院の皮膚科や婦人科では薄毛そのものの治療は対応してもらえないため、専門的な治療を受けたい場合は「 ≫ 頭髪専門の外来・クリニック」に頼ることになります。

 

動画で見る女性の薄毛治療

 

治療開始〜発毛までの参考動画(50秒)

 

より詳しい情報はこちら↓

女性に人気の薄毛治療クリニック