女性用育毛剤に副作用はあるの?

育毛剤・発毛剤には「医薬品」と「医薬部外品」があり、一般的に副作用の危険が発生すると言われているのは「医薬品」に分類される育毛剤です。

 

医薬品の発毛剤および育毛剤で女性用として有名なのが、「リアップリジェンヌ」や「ロゲイン2%女性用」で、ともにミノキシジルと呼ばれる成分が含まれています。

 

このミノキシジルには、頭皮のかゆみやフケ、発疹、かぶれ、動悸、むくみ、胸の痛みなどの副作用が報告されています。(初期脱毛は、新しい毛が生えるために古い毛が押し出される正常な毛髪サイクルなので副作用とは言わないそうです)

  • 年齢や薄毛の症状などによる使用制限があります。
  • ミノキシジルは血圧降圧剤ですので、もともと低血圧の人が使用すると血圧が下がり過ぎてしまう危険があります。

 

当サイトでご紹介している育毛剤は医薬部外品なので、医薬品のような副作用の心配はありません。

 

どの育毛剤がいいの?

 

今、女性に選ばれているのは ≫ マイナチュレ のように無添加で副作用がなく、さらに返金保証付きの商品です。

 

乾燥肌・敏感肌・授乳中のママなど肌の弱い人や、初めての育毛剤で頭皮異常が心配な人は、このタイプの頭皮にやさしい育毛剤を使った方が安心です。

 

また、医薬部外品の育毛剤は効果がでるか心配だ!という方には、最新の育毛剤をおすすめします。

 

育毛・頭皮ケアに有効な成分がタップリ配合されていて、浸透性を高める工夫もされています。

 

≫ 女性用育毛剤ランキング(最新)