年齢とともに白髪が増えてしまう原因と対策

私たち日本人は一般的に皆黒髪ですが、年齢と共に白髪が少しずつ増えてくるのが普通です。

 

若白髪といって20代、あるいはもっと若い年齢の方でも数本の白髪があることも珍しくありません。

 

個人差はありますが、大体年齢的には50代あたりから白髪の量が目に見えて増えてくるので、白髪染めなどの対策を考える方も多いようです。

 

白髪自体は別に病気ではないので治療の対象になるということは通常ありません。

 

何か別の病気で白髪が発生している場合には別途その病気の治療が必要になりますが、本来はそれほど気にする必要はないものです。

 

とはいっても白髪はできるだけ少ない方が良いですよね。そこで、白髪が増える理由や自分でできる対策などをまとめてみました。

 

加齢で白髪が増えてしまう原因は?

 

人の体は加齢によって体中の細胞が生命力を失っていきますから、頭髪以外でも筋力が衰えたり、反射神経が鈍くなるなどして年を取ったことを実感するはずです。

 

頭皮でも老化は当然起こっていて、抜け毛が増えて毛量が少なくなりますね。

 

ただ白髪の発生は実は抜け毛や薄毛とは無関係と言われていて、薄毛の方に特に白髪が多いわけでもありませんし、白髪が少なければ薄毛になりにくいといったこともありません。

 

抜け毛の増加と白髪の発生のメカニズムは別と考えると良いでしょう。

 

髪の毛はもともと真っ白

 

本来人の毛髪はそもそも真っ白で生まれてきます。

 

毛根内の毛乳頭から細胞分裂の指令を受けた毛母細胞が増殖し、これが毛髪となって少しずつ成長していくわけですが、その細胞分裂の際には元々色は白いのです。

 

ここに、周囲のメラノサイトという細胞から生成されるメラニンという物質が取り込まれながら成長することで私たちの髪は黒い色が付くのです。

 

そう、メラニンといえばホクロの原因となるものですね。あるいは日焼けをしたときには肌が黒くなるのもメラニンが体を守るためと言われています。

 

このメラノサイト細胞も加齢とともに活力を失い、その量も減少していきます。このため年齢が進むにつれてメラニンの生成力が落ち、結果白髪が増えていくことになります。

 

自分でできる対策は?

 

加齢による白髪の増加は防ぎようがありませんが、白髪は他の要因でも増えることがあります。

 

他の要因に対しては自己対応が有効な場合もあるので、どんな要因が他にあるのか見てみましょう。

 

ストレス対策

 

ストレスは万病の元と言われる通り、人体に様々な悪影響をもたらします。

 

ストレスは抜け毛増加の原因にもなりますが、体全体の生命力を下げてしまうためメラノサイト細胞も活力が低下します。

 

「白髪が多い人は苦労人」とも言われますが、これはあながち間違っていません。

 

心身の負担が大きい人はやはり白髪が多くなる傾向にあります。

 

適度なストレスは必要ですが、強いストレスに継続にして曝される環境は白髪対策としてもよくありませんね。

 

自分に合ったストレスの発散方法を探してみる必要があります。

 

生活習慣・食習慣

 

不規則な生活を続けている場合はこれも白髪増加の要因になります。

 

食習慣についてはバランスの良い食事を心がけて下さい。

 

加えて、メラノサイトがメラニンを作り出す際の原料になる「チロシン」という成分が豊富に含まれる食材を適度に摂ることが望ましいでしょう。

 

チーズなどの乳製品、バナナやリンゴなどの果物、カツオやマグロなどの魚介類、アーモンドや落花生などの豆類に多く含まれるので、食べ過ぎに注意しながら摂取すると良いでしょう。

 

また細胞を活性化させるヨウ素が多く含まれる海藻類も有効です。

 

ヨウ素は摂りすぎてもいけませんが、低カロリーですから日々の食卓に登場させると良いと思います。

 

黒ゴマ

 

私も生え際や分け目など部分的に白髪が増えてきたので、何かいい改善方法はないかな?と、真剣に情報収集していた時期がありました。

 

そんな中、ある書籍で「白髪には黒ゴマがいい」と書いてあったので、約6ヶ月間、意識的に摂取してみました。

 

結果は → まったく変化なし。。。

 

 

▼ 関連記事