血行不良と抜け毛・薄毛の関係

 

血の巡りは心身の健康にとても大切な役割を果たしていることは皆さんもご存じだと思います。

 

体の中の太い血管は動脈硬化など病的な原因が無い限りは詰まったりしませんが、体の隅々の細胞まで血液をいきわたらせるためには太い血管だけでは無理です。

 

そのため末端の細胞に届くような細い血管、毛細血管によって酸素や栄養が日々届けられています。

 

こうした細い血管は様々な要因で血流が滞ることがあり、こうなるとその部位の細胞には酸素や栄養が届かなくなるため弊害が起きてきます。

 

例えば歯茎の血行不良は歯周病の原因になりますし、手足の血行不良が起これば末端冷え症の症状が出ます。

 

心臓から遠く離れた部位にある頭皮にも多くの毛細血管が張り巡らされていて、これによって毛根が栄養を補給することができています。

 

今回は頭皮の血行不良と抜け毛・薄毛の関係を見ていきます。

 

髪の毛は栄養が無いと育たない

 

頭皮の毛細血管は酸素や栄養を毛根に届ける重要な役目を果たしていて、毛根内の毛乳頭という組織がこれを受け取ります。

 

そしてその栄養を基に接続している毛母細胞に細胞分裂の指令を出し、これを受けて毛母細胞が毛髪として成長していきます。

 

つまり、毛乳頭に栄養が届かなくなれば細胞分裂の指令を出す元気が無くなるので、髪の毛が成長できないわけです。

 

この重要な役割を持った頭皮の毛細血管ですが、細いためにちょっとしたことで血流が悪くなってしまうのです。

 

毛細血管は繊細

 

体内の血管は神経のコントロールを受けるので、ストレスなどを受けることで神経が血管を収縮させてしまいます。

 

太い血管も収縮はしますが生命を維持できる程度の血流は当然残ります。

 

しかし毛細血管は元々が細いため、ちょっとしたことですぐに血行不良状態になってしまいます。

 

現代では自分でコントロールすることが難しい強いストレスが継続してかかる社会ですから、頭皮の毛細血管も血行不良に陥りがちです。

 

社会的なストレスは上手く発散方法を見つけるしかありませんが、血行不良を起こす要因は生活習慣にもあり、こちらは自分の努力で解決が可能です。

 

大きな要因の一つは喫煙です。

 

百害あって一利なしともいわれるタバコの害は発がん性物質だけでなく、たばこの成分による血管収縮作用もあります。

 

よくタバコを吸っている人はほぼ100%歯周病だと言われますが、これは口腔内の歯茎の血管を収縮させて血行不良にさせるからです。

 

同じことは体内の全ての箇所で起こっていて、当然頭皮の毛細血管も影響を受けます。

 

タバコの問題は習慣性があるため、一日の間で絶え間なく吸引するため、血管の収縮効果も一日中継続して起きることになります。

 

常に血行不良の状態となってしまうため、育毛環境として非常によくない状態です。

 

ヘビースモーカーの方は禁煙は難しいと思いますが、髪の毛の為を思うならばぜひ禁煙することをお勧めします。

 

他に生活習慣では運動不足も血行不良を引き起こします。

 

事務仕事の方などは普段体を動かすことが無いでしょうから、自分で時間を作って運動する必要がありますね。

 

ジムなどに通って本格的な運動をする必要はありません。通勤に徒歩や自転車を利用するというだけでも十分な効果があります。

 

週末にまとめてというのではなく、一日のうちに体を動かす時間をこまめに取るのが理想です。

 

血行促進には育毛剤の使用が効果的

 

頭皮の血行促進は育毛の基本中の基本ですので、ほとんどの育毛剤には血行促進効果のある成分が入っています。

 

ストレスなどでどうしようもない場合でも、育毛剤を使ってマッサージすれば一時的にでも回復します。

 

病的な脱毛症などでなければこういった対処でも効果があるので試してみて下さい。

 

高い血行促進作用が期待できる薬用育毛剤

高い血行促進効果が期待できる薬用育毛剤「花蘭咲(からんさ)」

 

世界中で特許を取得している育毛成分「エビネランエキス」を配合した薬用育毛剤「花蘭咲(からんさ)

 

注目の育毛成分「エビネランエキス」

このエキスに含まれる「カランサイド」という成分は血行促進効果を示すため、頭皮の毛細血管の血行を良くして毛根に栄養を供給することで元気な毛根を維持する働きがあります。

 

専門機関での成分分析の結果でも、「高い血流促進作用」をもつことが実証されました。

 

また、京都薬科大の調べによると、エビネエキスと他種エキスとの「発毛促進」比較では「1ヶ月の発毛面積で約7倍もの差がでた」そうです。

 

詳しい情報はこちら
≫ 花蘭咲ってどんな育毛剤?