高齢出産後の抜け毛について

 

産後の抜け毛・薄毛は、出産を終えた女性の半数が経験すると言われています。

 

症状的には、20代での出産より30代後半〜40代、いわゆる高齢出産の後のほうが長引く傾向があり、「産後1年〜2年経過してもひどい抜け毛が止まらない」という話も聞きます。

 

実際私も、3人目を35歳で出産したのですが、抜け毛の症状は3人目の時が一番酷かった&長かったです。

 

脱毛の症状がひどい&長引きやすい主な要因は「ホルモンバランス」と「ヘアサイクルの乱れ」

 

産後脱毛の一番の要因は、妊娠〜出産にともなうホルモンバランスの乱れ。

 

高齢出産の場合は、加齢による女性ホルモンの分泌量低下や、毛根内の細胞の機能低下という老化現象の影響も受けやすくなります。

 

加齢とともに女性ホルモンが減ったり、毛母細胞の活動が弱まってくると、ヘアサイクル(毛周期)が乱れてしまい、

 

・ヘアサイクルの成長期が短くなる
  ↓
・髪の毛が十分に育たない状態で抜け落ちてしまう
  ↓
・ヘアサイクルの休止期が長くなる
  ↓
・新しい髪の毛がなかなか生えてこない

 

このような悪循環に陥りやすくなります。

 

抜け毛が増えるのに次の髪が生えてこないため、徐々に毛量が減り、頭皮が透けて見えるようになってきます。(びまん性脱毛症、休止期脱毛症)

 

関連情報

高齢出産後は体力の回復も遅い

 

ヘアサイクルの乱れ以外にも、「年齢が上がると産後の体力回復にも時間がかかる」という問題もあります。

  • 少しの運動で息が上がる
  • 疲れやすくなる
  • 疲れが溜まりやすくなる
  • 肥満

など、年齢を重ねると若い頃には感じなかった「体の衰え・変化」を感じやすくなります。

 

妊娠・出産と言う大仕事の後ならなおさら、消費した体力を元に戻すのにかなりの期間かかります。

 

「髪の毛は健康のバロメーター」と言われるほど、体の衰えには正直に反応するため、

 

・出産後の体力の回復に時間がかかる
  ↓
・その間は、髪の毛の成長も弱々しくなる

 

抜け毛だけでなく、薄毛、白髪、髪質の悪化など様々な頭髪トラブルを招く可能性があります。

 

少しでも早く、元の髪の状態に戻すために

 

高齢であればあるほど、産後は周りに迷惑かけないようにと頑張りすぎてしまうことが多いと思いますが、「休息も育児のうち」と考え、極力睡眠や休息を取るようにしましょう。

 

ただでさえ、パワーのある赤ちゃんに一日中付き合うのは疲れるものです。

 

旦那さんや両親など、協力をしてもらえる状況があるのであれば、しっかり甘えてしまいましょう。ゆっくり休み、それほど抜け毛を気にしすぎないことが、抜け毛を予防することにもつながるはずです。

 

具体的には何をすればいいの?

 

上でも述べたとおり、高齢出産後は回復力が衰えています。その影響は、頭髪にもでてしまいます。

 

個人差もありますが、一般的には産後6ヶ月頃には減り始めると言われている産後抜け毛も、高齢出産後は1年以上続くケースもあります。

 

これは、回復力が弱っているせいで長引いているケースと、産後抜け毛がキッカケで年齢による薄毛と同じ状態に進んでしまうケースの両方の可能性が考えられます。

 

半年以上経ってもまだ抜け毛が止まらない場合、どちらのケースか判断するのは非常に困難です。

 

20代や30代前半なら、お母さんの体調や育児ストレスなどの影響で回復が遅れているだけと判断できます。

 

しかし、高齢出産といわれる30代後半以上の場合は、加齢による薄毛への移行・進行も考える必要がでてきます。

 

高齢出産後の抜け毛で一番良くないのは、何もしないこと・放ったらかしにすること、です。

 

よく言われる、「産後の抜け毛は自然と治るから放っておいても問題ないよ」というのは、普通の回復力がある年齢での場合です。

 

高齢での出産後は、後々起こるかもしれない自体に備え、手遅れになる前に、丁寧な予防を心がけていきましょう。

 

母乳による赤ちゃんへの栄養補給や慣れない育児生活により、お母さんは身体・心ともに不安定になっています。

 

人間の身体の優先順位で髪の毛への栄養補給は一番最後。それが回復力が遅れる原因となっているため、一番心がけて欲しいのは髪の成長に必要な栄養の補給です。

 

これは、食事だけではバランスよく補えないため、 ≫ ヘアケア用のサプリメント や 抜け毛防止、育毛・発毛促進に優れている ≫ 育毛剤 の利用をおすすめします。

 

金銭的には負担が増えてしまいますが、大切な髪の毛への必要経費として考えていきましょう。

 

母乳など赤ちゃんへの影響も考えると、余計な添加物を含むものや副作用の可能性がある商品は避けてください。

 

育毛サプリメントでも育毛剤でも「無添加」のものがおすすめです。

 

サプリメントのほうが飲むだけなので手間はかかりませんが、育毛剤のほうが毛根に直接とどいたり、塗布時にマッサージすることにより頭皮の血行が良くなったりとメリットが多いです。

 

余裕がある方は、サプリメントで内面から育毛剤で外からのダブルケアが一番効果が見込めます。

 

関連記事