抜け毛予防・育毛のための正しい洗髪方法

 

プロが教える!シャンプーテクニック [動画]

 

Vol.1 洗い方&頭皮マッサージ

 

Vol.2 すすぎ&トリートメント

 

育毛の一環として、とても大切な役割を果たすのが洗髪です。

 

頭皮をいつも清潔に、健やかに保つために洗髪には気を使っている人も多いですが、正しい洗髪を行っていないと、薄毛や抜け毛の対策に行っているはずが逆効果になっている場合もあります。

 

そこでここでは、育毛のための正しいシャンプー法を考えてみましょう。

 

 

まず、抜け毛対策と思って行われているいくつかの間違った洗髪法をご紹介します。

 

頭に泡立てたシャンプーをつけ、そのまま「つけおき」する人がいますが、これはNGです。

 

汚れを取るのにつけ置きの必要はなく、逆に頭皮や毛髪を傷めてしまいますので、洗ったらすぐに念入りにすすぎをします。

 

 

また、ブラシに頼ったシャンプーも育毛の大敵です。

 

抜け毛対策に頭皮に刺激を与えるのは有効と考えがちですが、シャンプー時のブラシは刺激が強すぎ、頭皮をいたずらに傷つける恐れもあります。

 

もしブラシを使うならシリコン素材の柔らかい頭皮ブラシがおすすめです。頭皮に与える刺激がやわらかく、頭皮マッサージに丁度良い感じです。

 

≫ 女性におすすめのシャンプーブラシ

 

指と指の間に挟み込んで使うタイプなので、長く伸ばした爪やネイルアート、マニキュアを塗った爪でも気にせずシャンプーできると口コミでの評判は良いようですが、注意点として。

 

このブラシだけで頭皮の汚れを落とそうとしないこと!ブラシで1回だけシャンプーしても皮脂・汚れは残ってしまいます。

 

はじめに湯洗いをして、その次にシャンプーをつけて指先で丁寧にもみ洗いをして、皮脂や汚れをしっかり落とした後に、頭皮マッサージ目的で使うのがポイントです。

 

 

朝シャンをしたり、一日に何度も洗髪をするといった方もいますが、これも間違いです。

 

薄毛予防の為には清潔が一番、気が付いたら何度でも洗髪するのが良いという思いなのでしょうが、シャンプー洗髪の度に頭皮の皮脂は洗い流され、補給の為に新たな皮脂が分泌されます。

 

あまりに度々洗髪すると、余分な皮脂分泌を促す結果となり、逆に育毛を妨げるサイクルを作り出してしまう事になる為、注意が必要です。

 

 

これらの間違った洗髪を考えると、正しいシャンプー法が見えてきます。

 

薄毛対策には、まず手早く30秒ほどでさっとシャンプーで髪を洗い、この時、指の腹を使って頭皮に余分な刺激を与えないように洗うことが肝心です。

 

そして、洗浄成分が頭皮に残らないようにしっかりとすすぎます。

 

シャンプーでゴシゴシする時間よりも、すすぎに時間を取ると良いでしょう。

 

 

そして育毛には、皮脂のコントロールも重要なファクターです。

 

このバランスをきちんと保つためにも、シャンプー後のコンディショナーは欠かせません。

 

頭皮を避けて髪全体にコンディショナーをなじませ、数分後に洗い流します。これらの基本的なポイントをしっかりと守り、薄毛、抜け毛対策となる正しい洗髪法を心がけましょう。

 

関連記事