紫外線が頭皮や髪の毛に与える悪影響&予防・ケア方法

 

夏場にはこんがりと日焼けした肌にしたい人もいるかもしれませんが、今では健康面からあまり推奨されなくなりましたね。

 

一昔前は日焼けは健康的に映ったためこぞって海岸などで日焼けをしたものでした。

 

しかしそもそも日焼けとは肌がヤケドした状態であり、日光の紫外線の悪影響から体を守るためにメラニンを分泌する作用になります。

 

体への負担を考えれば日焼けはできるだけ避けたほうが良いです。

 

そして、意外と忘れがちなのが頭皮の日焼けです。体の日焼け対策は服装や日焼け止めなどで対処できますが、頭の日焼け対策はあまり意識が向きません。

 

今回は頭皮の日焼けが及ぼす悪影響について見ていきます。

 

紫外線の悪影響は髪の毛や頭皮にも及ぶ

 

日焼けの犯人は日光の紫外線ですが、この影響は当然頭皮にも及びます。

 

むしろ体の頂点である頭部は最も影響を受けやすいと言えるでしょう。

 

紫外線は髪の毛のメラニンを分解してしまうので色が薄くなり、またキューティクルをはがれやすくしパサつきを発生させます。

 

髪の毛が多い女性では頭皮は守られていると思いがちですがそうではありません。

 

男性も女性も頭皮に紫外線が届いて日焼けします。

 

頭皮が軽度のヤケド状態になるわけですから、毛髪を作る毛根もダメージを受けて抜け毛が増える可能性があります。

 

薄毛となって認識できるまでには期間がかかるので、短期間の日焼けであればそこまで進行はしないかもしれませんが、海やプール・夏のイベントなどで連日炎天下に出る場合は対策が必要です。

 

日焼けをすると頭皮に起きた炎症のダメージが毛根にもおよび、生命力を失った毛母細胞が細胞分裂を止めてしまう恐れがあるので、頭皮も体と同じく紫外線から保護してやる必要があります。

 

頭皮の日焼けの予防法

 

簡単なのは帽子を着用することですが、ドラッグストアには頭皮用の日焼け止めアイテムも売られています。

 

スプレーで塗布することで体と同じように紫外線から頭皮を守ることができます。

 

ただ、こういった日焼け止め製品は効果が数時間程度なので、長時間外にいる場合は何度か付け直す必要があります。

 

女性であれば日傘などを使用することも効果的ですね。

 

紫外線は曇りの日でも関係なく降り注ぐので、天気予報の紫外線情報を注視しておきましょう。

 

関連記事
頭皮や髪の毛の紫外線(UV)対策

 

日焼けしてしまった頭皮のケア

 

もし準備不足で頭皮を日焼けしてしまったら、ヤケドと同じような対処をするのが基本です。

 

頭皮を冷やすわけですが、冷水をかけるだけでも効果があります。

 

氷などで急激に冷やすのはやめましょう。またメントール成分などで冷却感を出す製品がありますが、これは逆に刺激を与えることになるので使用しないようにしましょう。

 

冷水も長時間ではなく数分程度で構いません。

 

取りあえず初期処置で頭皮を冷やしたら、次に保湿を行います。

 

刺激の少ない頭皮用の保湿剤を使うことで頭皮のダメージを和らげることができます。

 

抗炎症成分が入ったものが有効な場合もありますが、敏感になった頭皮はそうした製品の添加剤などにも敏感に反応してしまいかえってヒリヒリ感が出たり症状が悪化してしまうこともままあります。

 

その場合は速やかにその成分を洗い流し、皮膚科等を受診して治療を受けて下さい。

 

日焼け当日のヒリヒリ感が強い場合は洗髪時にもいつもと違うケアが必要です。

 

シャンプーには様々な添加剤が配合されているので敏感になっている頭皮を刺激してしまいます。

 

症状の多寡によりますが、できればシャンプー剤は使用せずお湯で洗髪するのが良いでしょう。

 

または、シャンプーを薄めて使用する方法も有効です。

 

関連記事
頭皮ケア・抜け毛予防シャンプー(女性用)