頭皮が赤い

 

フケやかゆみ、大量の抜け毛が気になって、何となく自分の頭皮をチェックしてみたら、全体的に「赤みを帯びている」。こういったケースは年々増えているそうです。

 

通常、健康的な頭皮は白い・青白い色をしています。

 

茶色・赤い色をしている場合は、何かしらの異常が頭皮に起こっているサイン。

 

何の対策も取らずに放っておくと、フケ・かゆみ・ヒリヒリ・痛みなどを発症し頭皮環境が悪化、さらに放っておくと、大量の抜け毛(異常脱毛)や薄毛へと進行してしまいます。

 

頭皮が赤くなる主な原因
  • アレルギー
  • 炎症
  • 乾燥
  • 血行不良

原因は人それぞれで違うため、コレ!という方法を断言することはできませんが、アレルギーを除くその他の原因は、生活習慣の見直しで改善する可能性が高いです。

 

洗浄力の強いシャンプーの使用を止める

頭皮を清潔に保つことは大切ですが、必要以上に頭皮の皮脂を落としてしまうと、頭皮を刺激や細菌から守ってくれる機能を失うことに。逆に皮脂が足りない!とカラダが反応して、過剰分泌を引き起こす体質の方も多いようです。

 

どちらのケースも頭皮の乾燥や炎症の原因となります。

 

白髪染め・ヘアカラーを極力控える

美容室・セルフに関係なく、頭皮に負担をかけてしまうのは承知の事実。頭皮の赤みなど異常を感じている場合は、特に注意が必要です。

 

頭皮の保湿を心がける

頭皮の乾燥は、頭皮環境や髪質に様々な悪影響を与えます。最近では、保湿性の高い頭皮用美容液なども登場してきているので、上手く利用して潤いある頭皮をキープしましょう。

 

関連記事:頭皮用美容液の体験レビュー

 

意識的に頭皮マッサージを行う

頭皮への血流が悪化している人は、全身で血行不良な状態になっている場合が多いです。

 

意識的に体を動かして代謝アップを心がけることで、頭皮への血流も良くなります。

 

また、テレビを見ている時・入浴中など、手が開いている時に簡単なマッサージで頭皮の血行を促進してあげましょう。

 

高い血行促進作用が期待できる育毛剤の使用も効果的です。

 

関連記事

 

※目に見えて炎症している、ヒリヒリ感やかゆみがひどい場合は、すぐに皮膚科に相談しましょう。