髪の毛の成長と亜鉛の関係について

 

最近、抜け毛が増えてきたなと感じる方で、今まで亜鉛の存在を意識していなかった人は亜鉛不足が原因である可能性があります。

 

今回は亜鉛と髪の毛の関係について解説していきます。

 

髪の成長になぜ亜鉛が必要?

 

亜鉛はそれだけ取れば髪の毛を生やしてくれたり抜け毛を予防してくれたりするものではありません。

 

ビタミンなどでも言えることですが、栄養素というのは他の栄養素と協力することで体の維持という目的を果たすもの。

 

そして多く取れば健康になるというよりは、不足すると不健康になるという引き算のイメージでとらえるべきものです。

 

育毛分野では、亜鉛は毛髪を作り出す際に必要とされるため、亜鉛が不足すると髪の毛の合成ができずに、軟毛化が起きたり薄毛につながったりします。

 

人の毛髪はタンパク質からできていますが、これをケラチンといいます。

 

食物として食べたタンパク質はそのまま筋肉や髪の毛になるのではなく、一旦分解されて必要な個所で必要なだけ合成されることになるのですが、髪の毛部門ではその際に亜鉛が働くことで毛髪が合成されます。

 

もちろん、その時には他にビタミンなどの栄養素も必要になってくるのはいうまでもありません。

 

どの栄養素が欠けても毛髪の生成に支障をきたすので、バランスの良い食事が大切だと言われるのはそのためです。

 

ただ、現代人は食事からとる亜鉛の摂取量が不足しがちで、そのためサプリメント市場でも人気が出ています。

 

日本の通販で人気の亜鉛サプリ

  • DHC 亜鉛
  • ディアナチュラ亜鉛
  • 大塚製薬 ネイチャーメイド 亜鉛
  • 小林製薬の栄養補助食品 亜鉛

亜鉛が不足するとどんな症状が出る?

 

亜鉛が不足すると、髪の毛の合成ができずに軟毛化や抜け毛の増加が起きる他、色々な症状がでるので亜鉛不足を感知する指標になります。

 

例えば貧血、味覚障害、鬱状態、記憶力の低下、免疫力の低下、爪の異常、精力低下、肌荒れ、目の疲れ、生理不順、倦怠感などです。

 

特に爪は毛髪と同じように考えると良いです。

 

爪の合成も毛髪の合成と同じで、栄養が不足すると十分に成長できずにいびつな形になるなどの異常が見られます。

 

亜鉛を効率よく摂取するには?

 

亜鉛の一日の摂取量目安は成人男性で12mg、成人女性で9mgとされています。

 

過剰に摂取すると胃腸系にトラブルが起きる他、イライラや精神不安定など精神系に悪影響が出るので注意が必要です。

 

亜鉛を多く含む食べ物には牡蠣、豚レバー、牛肉、卵、カニ、チーズなどがありますが、普段はそう多く取れない食材やカロリーが高くたくさんとれない食品が多いです。

 

そのためどうしても不足しがちになるのです。

 

そして吸収率が高くないという欠点もあるので、吸収率を上げてくれるビタミンCを含む食材と一緒に摂取するのがおススメです。

 

またビタミンB群は亜鉛の働きをサポートするのでマルチビタミンなどのサプリメントを活用すると効率が良いです。

 

亜鉛自体もサプリメントとして購入できるので一度ドラッグストアを探してみる良いでしょう。

 

亜鉛の吸収を阻害するものとしては食物繊維や、カルシウム、タンニン、カフェインなどがあります。

 

食物繊維やカルシウムは、大切な栄養素ですので余り過度に意識する必要はありませんが、育毛的にはタンニンやカフェインを多く含むコーヒーなどのし好品は少し控えめにした方が良いかもしれませんね。

 

 

関連記事

髪の育毛に亜鉛サプリは逆効果?(抜け毛が増えた報告あり)