メディクイックH メディカルシャンプーを使ってみた感想

 

脂漏性皮膚炎ではありませんが、定期的に頭皮がかゆくなりフケもでます。そのまま放っておくと頭皮がヒリヒリして痛くなり症状が悪化してしまうので、口コミの評判が良かった「メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー」を使ってみることにしました。

 

使用感レビュー

 

お試しのつもりだったので、容量の少ない200mlを選択。Amazonで約1000円でした。(他にも400mlや詰め替え用の280mlがありました)

 

 

中の液体

 

 

市販のシャンプーでよく見かけるような白くにごった液体。

 

液体が透明なものと比べると、白濁したシャンプーは人工的な化学成分が多く配合されている、と聞いたことがあったので、その点は少し不安です。。

 

ただ、箱の説明をみると

  • 弱酸性
  • ノンシリコン処方
  • アミノ酸系洗浄成分配合

と記載されているので、頭皮や髪への負担は考慮されているようです。

 

その他では、

  • コンディショニング成分配合
  • メントール(清涼成分)配合

と記載がありました。

 

参考までに配合成分一覧です

 

有効成分

ミコナゾール硝酸塩、グリチルリチン酸ジカリウム

その他の成分

ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸アシルDL-アラニンTEA液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、濃グリセリン、ロート油、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、POEジオレイン酸メチルグルコシド、ジステアリン酸グリコール、フェノキシエタノール、ビタミンE、クエン酸、水酸化Na、エデト酸塩、メントール、無水エタノール、香料

 

 

その他の成分に普段あまり見かけない長い名称の成分が目につきますね。

 

市販の一般的なシャンプーとは違い「医薬部外品」の薬用シャンプーなので、人工的な化学成分も多めに含まれているのだと思います。

 

泡立ち

 

薬用そしてアミノ酸系の洗浄成分を考慮すると、泡立ちは良いほうです。

 

 

香り

 

商品説明には「リフレッシュシトラスの香り」と書かれています。

 

実際には、配合されているメントールの香りを強く感じ、そこにその他の成分のニオイが混じり合った独特な匂いがします。

 

香料としてはいい匂いとは言えませんが、そんなに嫌な感じはしないのと、洗髪後にしつこく残るような香りではないので、過剰な心配はいらないと思います。

 

洗い上がり

 

頭皮

 

メントールの作用で清涼感があり、結構スースーします。

 

髪の毛

 

美髪効果の強いシャンプーと比べると、サラサラ・しっとり感は見劣りしますが、コンディショニング成分配合のおかげでパサパサするようなことはありません。(感じ方には個人差あり)

 

頭皮環境正常化の効果について

 

肝心の頭皮トラブル解消効果ですが、このシャンプーで洗髪した後は「かゆみ」「フケ」はピタッと止まります。

 

私の場合は、空気が乾燥しやすい季節や皮脂の分泌が増えるような時期、一時的に頭皮のかゆみやフケがひどくなります。

 

その状況の時に普段使っているアミノ酸系シャンプーで洗髪しても、洗髪後すぐにフケがでたり、頭皮がピリピリ痛くなったりするので、気になって朝・夜と1日2回シャンプーしてしまいます。

 

すると、皮脂を落としすぎてしまうせいか、さらに症状が悪化してしまい、あとは延々ループ状態に陥ります。。

 

でも、メディクイックのシャンプーを対処法として使うようになってからは、そのような悪循環は避けられるようになりました。

 

メディクイックH メディカルシャンプーの効能・効果
  • フケ・かゆみを防ぐ
  • 毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ
  • 毛髪・頭皮を清浄にする

 

効能・効果をみても私の症状にはあっているようです。

 

ただ、脂漏性皮膚炎(湿疹)まで症状が進行してしまっている場合は、医薬品である「メンソレータム メディクイックH 」シリーズを試してみたほうが良いと思います。

 

【医薬品】メンソレータム メディクイックHシリーズの効能・効果

  • 湿疹
  • 皮フ炎
  • かゆみ
  • かぶれ
  • じんましん
  • あせも
  • 虫さされ

 

皮膚炎や湿疹に対しても効能・効果が期待できます。

 

使い分けとして、軽度なかゆみや炎症、フケ、臭いなどの対策には医薬部外品のメディカルシャンプー。

 

さらに症状が進行してしまった湿疹や皮膚炎などには医薬品を使う、というような感じでいいと思います。

 

 

シャンプー後、かゆみやフケなどの症状が治ったとしても、根本的な原因は解消されていません。

 

なので、日頃からの乾燥対策や頭皮環境を清潔に保つための努力は欠かせません。

 

関連サイト