手もみタイプの頭皮マッサージグッズを3種類試してみました

楽天やAmazonなどの通販サイトで「頭皮マッサージ」と検索すると、以下のようなグッズが表示されます。

 

パナソニック 頭皮エステ

 

 

頭皮ゾクゾク快感 ヘッドスパワイヤー

 

 

フィンガーヘッドスパ

 

 

シリコンブラシ

 

ウッドブラシ

 

上記の中に気になっている商品がある人もいるかもしれませんが、今回試したのは手にはめて使用するグローブタイプのものです。

 

 

グローブタイプを選んだ理由

 

今まで様々な頭皮マッサージアイテムを試してきた経験で、機械やブラシでは頭皮を柔らかくほぐすには役不足と感じたからです。

 

頭皮に刺激を与えるだけならブラシでも効果はあると思います。

 

また、パナソニックの頭皮エステのような専用マッサージ機も効果は見込めそうですが、価格の問題、丁度よい力加減の調整が難しいなど色々と気になる点が出てきます。

 

特に、頭皮のコリを丁寧にほぐすには指先の繊細なタッチが必要で、ブラシや機器では難しいと感じています。(経験上)

 

なので今回は、手袋のように指先にはめて「手もみ感覚」で使用できる商品を探して実際に使ってみました。

 

 

試してみたアイテムは3つ。

 

1つ目

 

頭皮をもめば顔も髪も若返る! ZACC式 頭皮マッサージ(講談社)

 

※実際に使ってみた結果、一番おすすめはこのアイテムです。

頭皮をもめば顔も髪も若返る! ZACC式 頭皮マッサージ(講談社)

 

これは本の付録でマッサージグローブが付いている商品で、価格はAmazonで1620円でした。

 

 

 

素材は伸縮性の高いシリコン

 

こんな感じで両手の指にはめて使います

 

指先と指の付け根付近に丸い突起が付いています

 

これで頭皮マッサージをしてみた感想

 

自分の指先で頭部をおおう感じでマッサージするので、しっかりフィットするのと、力加減の微調整も感覚的にできます。

 

そして、片方に6つ付いている丸い突起がいい感じで頭部のツボを指圧してくれて、かなり気持ちいいです。

 

グローブを外して自分の指先だけでマッサージした時と比べてみると、指圧具合に大きな差がありました。

 

特に、指先のほうの突起が効いています。(シリコン製の突起なので痛くないです)

 

また、本のほうに頭皮マッサージのやり方や効果について丁寧に載っているのもおすすめのポイントです。

 

抜け毛・薄毛予防のためのマッサージ方法

 

その他にも「顔のむくみ・たるみ」「目の疲れ解消」「首こり・肩こりスッキリ」など、付録のグローブを使ったマッサージ方法が丁寧に解説されています。

 

本は全33ページ。フルカラーで全ページに分かりやすい写真解説付きです。

 

※こういった付録つきの本は在庫がなくなってしまうと再販しない場合が多いので、興味のある方はお早めに。

 

念のため通販サイトの検索結果ページにリンクしておきます。

(記事執筆時は上記すべてで「在庫あり」でした)

 

デメリットとしては、突起の部分しか頭皮に接しないので、頭部全体をしっかり指圧マッサージするには、それなりの時間が必要なことくらいです。

 

残り2つのアイテムもご紹介しておきます

 

エステアーラ シャンプーマッサージブラシ HB-0702(貝印)

 

エステアーラ シャンプーマッサージブラシ HB-0702(貝印)

 

Amazonで380円で購入(あわせ買い対象商品でした)

 

 

全体的に細かい突起物がたくさん付いています。

 

 

良かった点:突起物が多いので、効率よく頭皮全体を刺激できます。(指圧感は少ない)

 

イマイチと思った点:突起物が少し硬めなので、刺激が強すぎる感じ。

 

 

 

頭皮もみ男くん(クリエイティブハンター)

 

頭皮もみ男くん(クリエイティブハンター)

 

Amazonで1980円で購入。

 

 

 

先に紹介した本の付録のグローブと同じような構造です。

 

 

良かった点:特になし

 

イマイチと思った点:突起の指圧感が弱くて中途半端(上の本の付録と比較して)。価格も他より高め。

 

マッサージ効果を高めるための工夫

 

頭皮をマッサージする目的は

  • 頭部のコリをほぐす(やわらかくする)
  • 血液の循環をよくする

主にこの2つです。

 

グローブのようなアイテムのみでも、ある程度の効果は期待できますが、以下では、もっと効率よく・直接的な効果を得るための方法をご紹介します。

 

マッサージする場所・時間

 

一番おすすめなのは「お風呂」です。

 

湯船につかって全身の代謝が良くなっている状態で頭皮マッサージすることで、効率よく頭部への血流を促したり、コリをほぐすことが出来ます。

 

それから、髪の毛は寝ている間に育つと言われているので、朝・夜のどちらか選ぶなら夜のほうが効率が良いと思います。

 

育毛剤を使用する

 

育毛剤は色々な種類があります。

  • 脱毛要因である男性ホルモンの働きを抑制する
  • 頭皮環境を乱す過剰な皮脂の分泌を抑制する
  • 頭部の血行を促進する
  • 頭皮の保湿
  • 毛根に栄養を補給する

など。(細かく分類すると他にもあります)

 

目的はすべて同じで、脱毛要因を減らして抜け毛を防ぐ、そして育毛・発毛を促進すること。

 

ただし、育毛剤の種類によっては自分の頭皮環境と合わない場合もあるので、どれを選ぶかは結構難しいです。

 

※ホルモンの働きや皮脂分泌に影響を与えるような成分を含んでいるものだと、逆に症状が悪化したり、期待したほどの効果を得られない可能性もあります。

 

そんな中でおすすめなのが「血行促進」を主目的とした育毛剤です。

 

育毛剤による作用は、アイテムを使った頭皮マッサージと目的は被ってしまいますが、表面的なアプローチしか出来ないアイテムと比較すると、成分を毛根の奥深くまで浸透させて血流を促す育毛剤のほうが、より直接的な効果が期待できます。

 

もっとも効率的なのは、マッサージアイテムと育毛剤の併用。

 

▼ アイテムによる頭皮マッサージの効果

  • 頭部のコリをほぐして頭皮を柔らかくする

    → 期待できる

  • 血液の循環をよくする

    → イマイチ

▼ 血行促進を主目的とした育毛剤の効果

  • 頭部のコリをほぐして頭皮を柔らかくする

    → イマイチ

  • 血液の循環をよくする

    → 期待できる

 

アイテムを使って頭皮をやわらかくした状態で育毛剤を塗布することで、有効成分が頭部全体へと浸透しやすくなります。

 

ですので、育毛剤を使用する場合は、頭皮マッサージを先にしてから塗布したほうがよいです。(浸透性が高まり、より高い育毛効果が期待できる)

 

高い血行促進作用が期待できる薬用育毛剤

 

花蘭咲(からんさ)

 

花蘭咲は基本的には女性向けの育毛剤ですが、高い血行促進作用を期待した男性の利用者も多いそうです。

 

商品の特徴や使用感レビューはこちら
≫ 花蘭咲ってどんな育毛剤?