女性のための育毛・薄毛対策情報 記事一覧

薄毛の進行度を確認して育毛に挑みましょう

薄毛や脱毛で悩む女性の割合は、近年非常に増えてきています。

 

食生活の欧米化や環境そのものに対して原因を指摘する声も上がっていまが、やはり一番はストレスが影響しているようです。

 

自分ではストレスを感じていないようでも、精神的・肉体的なストレスは日々感じているものです。

 

今と昔で薄毛の女性割合を比較すると、現在の方が確実に多くなってきていて、女性でも約10人に1人は薄毛で悩んでいます。

 

こう考えると、女性の薄毛は現代病の一種なのかもしれませんね。

 

 

そんな薄毛の悩みを解消するための育毛方法も日々進化しています。

 

育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメントなど、様々な育毛アイテムが登場しています。最近の傾向として、女性専用の育毛グッズも多く開発されています。

 

ほとんど男性用しかなかった昔と違い、女性が育毛を始める上では、不自由はないと言っても良いでしょう。

 

ただ、その一方で、すぐに始められるからと何の予備知識も用意もない状態で育毛を始める人も増えてきています。

 

それでは、効果的で効率的な頭皮ケアはできません。

 

 

育毛で納得いく効果を得るためには、自分の頭皮環境や毛髪の状態に合った育毛剤やシャンプーなどを、しっかり見極めて選ばなくてはならないからです。

 

つまり、自分の抜け毛や薄毛の原因や進行度がどの程度かを把握しておく必要があるのです。

 

気にしている薄毛の状態を調べる事は、コンプレックスを再確認するようで気の進むものではありません。

 

しかし、少しでも早くそのコンプレックスを解消するためには、頑張って向き合わなくてはならないのです。

 

将来のためにも勇気を出して、自分の頭皮・髪の毛が置かれている状況を認識しましょう。

 

 

男性・女性、年齢などに関係なく、薄毛の進行度にはいくつかの段階があります。

 

まず、最も程度が軽い「1」の段階は、通常の見た目では判断できない程度の薄毛が該当します。

 

頭を濡らした時にちょっと薄いな…という初期段階ですね。

 

この場合には、生活習慣やシャンプーの見直しだけでも改善する可能性は高いです。

 

 

次の段階「2」では、通常の状態でも分け目や頭頂部の地肌がうっすらと透けているケース。

 

この状態になると、シャンプーだけでは役不足で育毛剤やサプリメントの使用も考え始めたほうが良いでしょう。

 

ほとんどの人は、この段階2になってやっと、頭皮ケアのことについてネットで情報収集し始める傾向にあります。

 

もうちょっと前にケアを開始しておきたいところなのですが、この段階でも女性ならかなりの確率で回復でき段階です。

 

 

これ以降、明らかに生え際が後退し、頭頂部やつむじ付近もハッキリと薄い部分が目立つ「3」段階。

 

女性でここまでいくケースはあまり多くはありませんが、生え際がM字になり、頭のテッペンや分け目が完全にスッカスカの薄毛、いわゆるハゲである事が認知される「4」段階と移行していきます。

 

これらの状態になると、育毛剤を使用しつつ様々なケアが必要になってきます。それには、お金も時間もかかります。いくら努力しても、なかなか改善しない人もいます。

 

そうならないためにも、正しい頭皮ケアの知識を勉強し、1の段階、遅くても2の段階にいるうちに実践していきましょう。