スーパーフード「チアシード」の栄養素 & 育毛への効果

 

スーパーフードと呼ばれている「チアシード」

 

そのチアシードについてネットで情報収集してみたところ、髪の成長に必要な栄養素を豊富に含んでいることが判明。

 

チアシードの主な栄養成分とその働き

 

タンパク質

 

チアシードのタンパク質は、人の体内で合成することができない必須アミノ酸9種類のうち8種類を含んでいます。

 

 

 

食物繊維

 

腸内環境を整える(生活習慣病予防、便秘解消)

 

 

 

オメガ3脂肪酸(α−リノレン酸)

 

血流改善、脂肪燃焼(ダイエット効果)、老化予防、アレルギー抑制(花粉症、アトピー性皮膚炎など)

 

 

 

ミネラル

 

亜鉛、鉄分、カルシウム、マグネシウム、銅など。

 

(栄養素ごとに働きが違うため、ここでの説明は省略)

 

 

 

ビタミン群

 

ビタミンB、C、A、Eなど。

 

(上と同じく省略)

 

注目成分「オメガ3脂肪酸」

 

髪にいい栄養素と言えば、亜鉛やイソフラボンなどが有名ですが、オメガ3脂肪酸も知る人ぞ知る薄毛対策に有効な成分です。

 

一番の注目は「血液をサラサラにして血液の循環をよくする作用」で、抜け毛や薄毛の原因である血行不良の改善に役立ってくれます。

 

髪の成長に必要&普段の食事で不足しがちな3大栄養素
  • タンパク質
  • ビタミン
  • 亜鉛(ミネラル)

※3栄養素ともチアシードにしっかり含まれています。

 

チアシードの育毛へのメリット

  • タンパク質・ビタミン・ミネラルなど、髪の成長に必要な栄養をバランスよく摂取できる。
  • オメガ3脂肪酸の作用により、滞った血流の改善が期待できる。
  • 健康の源と言える腸内環境が整うことで頭皮環境にもいい影響を与える。

 

 

少量食べるだけでメリットの多いチアシードですが、単独で薄毛が改善するほどの強力な育毛効果までは期待できません。

 

そのため「育毛剤の補助的な役割」と考えておいたほうがよさそうです。

 

補足:チアシードの食べ方

 

チアシードは無味無臭のため、基本的にどんな料理にも合います。

 

ゴマのようにサラダにかけてもOK。水分を含ませてヨーグルトやスムージーと混ぜてもOK。

 

(水分を含ませると膨らむ&とろみが出ます)

 

栄養が豊富で水を含むと10倍以上にも膨張するため、少量でも満腹感を得られます。

 

スプーン大さじ1杯(10g)のカロリーは40〜50kcal。

 

ベルタ育毛剤の「チアシード特典」

 

女性に人気の育毛剤 BELTAの初回特典として、「チアシード限定プレゼント」のキャンペーン開催中です。

 

 

ブラックとホワイトの2種類存在するチアシード。

 

栄養価や膨張率が優れているホワイトのほうを好んで食する方が多いようです。

 

  • ベルタの限定プレゼント → 人気のあるホワイトチアシード

 

公式の限定ページはこちら

≫ ベルタ育毛剤 [チアシード特典付き]