育毛剤にかかる費用は少しでも安くしたい!

 

コストを抑えたい場合は、値段の安い育毛剤を選ぶのではなく、本格的な効果が期待できる&使用感の良い育毛剤の「初回キャンペーン」の利用をおすすめします。

 

参考情報

女性に人気の育毛剤は、1ヶ月分で5千円前後のものが多いので、1日のコストは160円くらいです。

 

キャンペーンを利用する際のポイント

 

育毛剤の初回キャンペーンの多くは、「定期コース選択で大幅割引」という内容が多くなっています。

 

問題は、定期コースに回数しばりがあること(無いものもある)。

 

継続回数に縛りがあると、「3ヶ月間」など決められた期間は解約できません。

 

多くの場合、2回目以降は割引がなくなるので、長い目でみた毎月コストはさほど抑えられないと思います。

 

そこでおすすめなのが、通常購入(単品)でも初回購入者限定で大幅割引を実施しているキャンペーンです。

 

特に、50%以上の割引が狙い目です。

 

 

該当する女性用育毛剤 (初回購入者限定)

 

※価格は税別

 

花蘭咲 65%OFF(1ヶ月〜1ヶ月半分)

 

「高い血行促進作用が期待できる」

通常7000円が65%OFFで → 2400円に。

 

消費税と送料を加味しても1日コストは約80円(使用目安の中間、38日分で計算)。他の人気育毛剤の約半分。

 

さらに、キャンペーン価格で1人2本まで購入できるので、約80円のコストで38日×2本=約2ヶ月半、お得にご使用できます。

 

≫ この育毛剤の特徴や使用感はこちら

 

デルメッド 50%OFF(1ヶ月半〜2ヶ月分)

 

「女性ホルモン減少による薄毛対策に」

通常4000円が50%OFFで → 2000円に。

 

全国送料無料。1日コストは約41円(使用目安の中間、52日分で計算)。他の人気育毛剤の4分の1!

 

購入本数は1人1本(同一住所あたり1回まで)。

 

≫ この育毛剤の特徴や使用感はこちら

 

 

上記の花蘭咲2本とデルメッドだけでも、合わせると約4.3ヶ月間使用できます。かなりコストを抑えることが出来ますね。

 

2商品とも女性用育毛剤なので、女性特有の薄毛症状(地肌の透け・細くなった髪など)に対しての効果や、使用感の良さ(ベタつきの無さ・ニオイなど)もかなり期待できます。

 

デメリットとして、初回購入者限定のキャンペーンのため、使い切った後に継続使用したい場合は以下のようなコストになります。

 

花蘭咲

購入時にとくとく便(定期コース)で申し込むことで、次回以降もずーっと31%OFFの4800円でご利用できます。

 

消費税・送料などを加味して1日コストを計算すると、約150円。(他の人気育毛剤と同程度)

 

デルメッドヘアエッセンス

現状では定期コースはないため都度買いになります。価格は4000円で公式販売サイトなどで購入できます。

 

同じく1日コストは、約83円。

 

デルメッドの場合は、キャンペーンなしでもかなり低コストです。

 

実際に使ってみた後に「継続使用したい!」と思うのは、髪や頭皮に何かしらの変化を感じたからですよね。

 

効果を実感したものに対して、1日ジュース1本分程度の金額なので、女性らしい髪を保つための必要経費として考えると、割に合っているコストだと思います。

 

補足

 

安価な育毛剤はおすすめできない理由

 

毎月の費用を抑えたい場合、安価なものを選んでしまいがちですが、私の経験上では、安すぎる育毛剤(目安:定価3千円以下)で期待通りの効果を得られたケースはありませんでした。

 

あまり効かなかった・継続使用できなかった原因は色々と考えられます。

  • 配合成分の数が少ない
  • 成分濃度が低い
  • 浸透性が悪い
  • 刺激が強すぎる
  • 塗布した後にベタつきがある
  • ニオイが気になる
  • 頭皮に負担をかける成分の使用
  • 女性の薄毛症状・頭皮環境に適していない

など。

 

上記の問題をクリアしようとすると、どうしても製造コストは高くなってしまいます。

 

逆に考えると、市販の安い育毛剤は上記の問題への配慮が足りていないため、製造コスト・販売コストを低く設定出来ていることになります。

 

使用して得られる効果や使用感よりも「多く売ることを優先」した商品とも言えます。

 

ですので、抜け毛予防や育毛効果を期待した場合は、安価な育毛剤を購入 → 「安物買いの銭失い」になってしまう可能性が高くなります。

 

また、育毛剤の効果をしっかり実感するまでには、3ヶ月〜6ヶ月(個人差あり)くらいかかります。

 

そのため、安価な育毛剤を購入 → 使用感が悪く継続使用出来ない、また、期待効果が低いため、ケアに要した時間も無駄になってしま可能性があります。

 

以上のような理由により、安すぎる育毛剤はあまりおすすめできません。

 

関連記事

女性の育毛剤選び お役立ち情報