ダイエットによる抜け毛の原因と対策方法

 

近年、ダイエットや短期間での無理な減量の影響で、抜け毛が急増する・薄毛が進行する女性が増えています。

 

ダイエットで抜け毛が増えてしまう原因は主に「髪の成長に必要な栄養素の不足」です。

 

人間の身体に必要な栄養素(ビタミン、炭水化物、たんぱく質、ミネラル)はバランスよく摂取しないと、脳や内蔵・筋肉の細胞はきちんと機能してくれません。

 

健康な髪を育むのは、毛根内部の細胞分裂です。栄養不足や血流不足はこの毛根の働きも弱らせてしまいます。

 

気づかないうちにどんどんヘアサイクルが乱れて行き、細くて短い成長途中の毛髪が抜け落ちるように。これがダイエットによる抜け毛です。

 

軽い気持ちで始めたはずのダイエットが…

無理なダイエット → 拒食症 → 多量の抜け毛 → 深刻な薄毛、という体験談を今まで何度も見てきました。

 

その中には、拒食症を克服しても髪の毛は思うように生えてこず、今でも薄毛で悩み続けている人もいました。

 

「まさか自分がなるわけない」と思っていても、実際に患った人達も、キッカケは軽い気持ちではじめたダイエットです。

 

適度な体重を保つことは大切ですが、食事制限による減量はデメリットが多いです。

 

健康的に痩せるためにも、栄養はしっかり摂り、運動によるダイエットをおすすめします。(血行が良くなるので抜け毛予防にも効果的)

 

ダイエットによる抜け毛は放っておけば戻る?

 

栄養が不足している状態では、人間の身体は正常に機能しません。それは頭髪に関わる細胞にも言えること。

 

そのため、栄養不足が解消されないとヘアサイクルの乱れは改善しません。

 

抜け毛が多いままで放っておくと、分け目が広がる、毛量が半減するなど、治療に長い時間を要する薄毛へと進行してしまう可能性もあります。

 

 

どんな対策を取ればいい?

 

まず、無理なダイエット(断食や置き換えなど)はすぐに止めること。

 

健康的な体重のコントロールは良いことですが、摂取カロリー制限に頼った方法で1ヶ月5キロ減を目指すなど、短期間ダイエットは抜け毛の原因だけでなく、身体に様々な悪影響を与えます。

 

 

その悪影響が「自覚できる頭髪トラブル」となって表面化するまでには、数ヶ月〜のタイムラグが生じます。

 

後になって深刻な抜け毛や薄毛で悩まないように、適度な運動による減量をおすすめします。

 

すでに抜け毛が多い・まだ大丈夫、どちらも数ヶ月以降が怖い…

 

頭皮への刺激や負担の影響は、ヘアサイクル(毛周期)の関係で、数ヶ月〜6ヶ月程度後に抜け毛や頭皮トラブル、髪質の変化となって表面化します。

 

栄養不足の影響でヘアサイクルの成長期が短くなり、休止期が長くなるまでには、数ヶ月〜6ヶ月程度のタイムラグが生じるからです。(個人差あり)

 

すでに抜け毛が多い or 薄毛で悩んでいる

 

今すでに抜け毛が増えている・薄毛が進行している人はすぐにでも丁寧な頭皮ケアが必要。

 

理由は、現状で抜け毛・薄毛となって表面化していると言うことは、だいぶ前から頭皮や毛根に負担がかかっていた証拠です。

 

内部ではすでに、深刻な状態まで進行してしまっているかもしれません。

 

今はまだ、髪の悩みはない

 

ダイエットを始めたばかりで、まだ抜け毛は増えていない方も油断はできません。

 

先述したように、数ヶ月後に頭皮・毛髪のトラブルとなって悩まされる可能性があります。

 

ヘアサイクルが一度でも乱れてしまうと、元に戻すにはかなりの期間が必要になります。何の対策もとらないで改善する場合もありますが、そうとな期間が必要に。

 

年齢や体質によっては、どんどん薄毛が進行してしまいます。

 

症状を悪化させない&改善するために

 

抜け毛予防・薄毛対策の強い味方 → 「育毛剤」です。

 

育毛剤は、抜け毛防止や育毛・発毛促進の効果以外にも、「栄養補給」や「血行促進」の働きも期待できます。

 

そのため、ダイエットによって栄養不足に陥った頭皮との相性はとても良いと言われており、体験談や口コミを読んでみても、効果を実感している方が沢山います。

 

サプリメントによる育毛ケア

育毛サプリメントも髪の成長に必要な栄養は配合されていますが、サプリメントによる内服の頭皮ケアは、外用より効果は見込めません(経験談)。

 

頭皮は身体の末端のため、そこに届くまでに身体のあちこちで栄養素が使われてしまって、肝心の毛根には摂取した分のほんの僅かしか運ばれません。

 

よって、育毛サプリなど内服による栄養補給は効率が極端に悪いと言えます。外から直接的に成分を塗布する育毛剤の方がムダがなく効率的。

 

育毛剤の選び方

 

育毛剤を選ぶ際の注意点として、すでに抜け毛が多い頭皮は弱っている状態、ですので、男性用や男女兼用の刺激の強い育毛剤はNGです。

 

無添加・低刺激・女性専用で高い効果が期待できる商品を選ぶようにしましょう。

 

また、無理なダイエットによる抜け毛はヘアサイクルの乱れが根本的な原因なので、それを正常に戻すために「毛母細胞活性化タイプ」の育毛剤が効果的です。

 

毛根内の細胞に働きかけることで、乱れたヘアサイクルが正常化していきます。

 

条件に該当する育毛剤(女性用)
≫ ミューノアージュ

 

参考情報

 

栄養不足のサイン

食事抜き・摂取カロリー制限によるダイエットの影響は髪の毛のトラブル以外にも表面化します。

 

髪や手足の爪などは身体の末端にあり、人間が生きていくうえでは重要な役割はありません。

 

人間の身体の仕組みとして、摂取した栄養は生命維持に必要な部位から順番に消化されていきます。

 

優先順位が一番最後の髪や爪などには、消化しきれずに残った分だけしか届きません。

 

この仕組みを考えると、ダイエットによって栄養不足に陥った状態では、髪や爪に運ばれる栄養はほとんど残っていないことになります。

 

そうなると、抜け毛や髪のパサつきなどのトラブル、爪が割れたり凸凹になったりします。

 

なので、抜け毛以外の髪質や爪の状態変化も栄養不足のサインとなります。心当りのある方は、一刻も早くバランスの良い食生活を目指しましょう。

 

サプリメントによる栄養補給のデメリット

食事を抜いて足りなくなった栄養をサプリメントで補おうとする方も多く目にします。

 

しかし、サプリメントで摂取できる栄養素には限界があり、人間の細胞が正常に働くための量は確保できません。

 

また、空腹状態の胃袋にサプリを飲んでしまうと、商品や体質によっては胃壁に炎症がおきたりして胃を弱らせる原因となります。

 

胃が弱る原因

 

歯で噛むことによって、胃は胃液をだして食べ物を消化するための準備をはじめます。

 

空腹にいきなりサプリを摂取すると、胃液の準備ができていないため胃に刺激を与えてしまいます。結果、胃を弱めることにつながります。

 

特に胃が弱い人は注意が必要です。サプリを飲んだあと胃が痛くなる人は、体質的に胃が弱い・今だけ胃が弱っている、のどちらかに該当します。

 

胃が弱って機能が低下していると、身体に栄養が行き渡らなくなり、髪の成長に影響します。特に頭皮は身体の末端なので、少しでも血流が悪くなったり・栄養不足になると直接的な影響を受けます。

 

胃が弱い自覚がある方は、サプリメントに頼らずにバランスの良い食事から栄養素を摂取するように心がけましょう。

 

色々なデメリット覚悟で、それでも減量したい場合

(カラダや髪の毛にとって不健康な方法なので、おすすめはしません)

 

髪の毛の成長のために、最低限摂取しておきたい3つの栄養素。

  • タンパク質
  • ビタミンB群
  • 亜鉛(ミネラル)

 

髪の毛は99%ケラチンというタンパク質で構成されています → タンパク質なしでは髪の毛が生成されない! → 必須栄養素

 

ビタミン群と亜鉛は、髪の毛の生成時に必須な栄養素 → 不足すると髪の毛が育たない! → 必須栄養素

 

これらの栄養素をバランス良く摂取しようとすると、かなりの食事量が必要になるため、サプリメントに頼ることに。

 

私の経験上で無難な組み合わせ

 

抜け毛や薄毛に関する掲示板やQ&Aの書き込みの中で、効果を感じた人が多い商品を私も色々と試してきました。

 

以下は、その中でも抜け毛の減少や髪の毛のハリ・コシ・ボリュームアップ効果を感じた組み合わせです。(効果には個人差あり)

 

(価格は楽天・Amazon・ヤフーショッピング内の数字)

 

※下のほうに追記あり

 

タンパク質

 

≫ ザバス SAVAS ウェイトダウン ヨーグルト風味

→ 約1ヶ月分で4000円くらい

摂取目安:1日2回。食後または運動後。1食当たりのタンパク質17g、エネルギー79kcal。その他の栄養成分も豊富に含まれています。

 

味は可もなく不可もなく、うっすらヨーグルトの風味あり。

 

粉末をスプーン3杯分、水や牛乳で溶かして飲むのですが、まとめ買いで付いてきた専用の容器でしっかりシェイクしても、飲んだ後に少しだけ粉っぽさが残ります。

 

それでも、極端に不味いわけではないのですぐに慣れると思います。

 

価格的には少し高く感じますが、タンパク質は髪の成長だけでなく、生命活動を担う重要な栄養素なので仕方ありませんね。

 

タンパク質の摂取目安

1日に必要なタンパク質の目安は ⇒ 体重1kgに対して1g

 

ビタミンB群

 

チョコラBBプラス

≫ チョコラBBプラス

→ 1ヶ月分で約1000円くらい

チョコラBBプラスは育毛用のサプリではありませんが、髪の成長に必要なビタミンB群(ビタミンB2・B6・B1)が豊富に含まれているのと、パントテン酸という育毛に作用する成分の配合も効く要因になっているようです。

 

▼ 購入の際のチェックポイント

 

チョコラBBには「プラス」と「ピュア」の2種類あります。

 

チョコラBBピュアには注目されているパントテン酸が含まれていないので「プラス」と「ピュア」を間違えないように。

 

※チョコラBBの販売元が育毛用として服用を推奨しているわけではありませんので、摂取は自己責任になります。

 

第3種医薬品にあたるので、ご使用前に「用法・容量・使用上の注意」をお読みください。(→ 含有成分的に考えて深刻な副作用などは無いと思われます)

 

≫ 商品に同封されている添付文書(PDF)

 

亜鉛(ミネラル)

 

ネイチャーメイド 亜鉛

≫ ネイチャーメイド(大塚製薬)の亜鉛

→ 1ヶ月分換算で約300円

はじめはDHCの亜鉛サプリを飲んでいました。

 

ただ、掲示板やネットの情報で「セレンやクロムが含まれている亜鉛サプリは逆に抜け毛が増える」のような書き込みを複数みました。

 

育毛目的で摂取する場合は、その成分が含まれていないネイチャーメイドの亜鉛を選ぶ人が多いようです。(私も今はネイチャーメイド)

 

目安は1日1粒。1粒に亜鉛10mg

 

関連記事 ≫ 髪の育毛に亜鉛サプリは逆効果?

 

上の組み合わせで、一応は髪に必要な3大栄養素を摂取できます。でも、これだけでカラダや髪の毛の健康がキープできるわけではないので、「摂取しないよりはマシ」という解釈をしてください。

 

タンパク質+ビタミンB群+亜鉛の価格をすべて足して30日で割ると、1日のコストは180円くらいになります。元気な髪の成長を考えると、妥協できる必要経費かなーと思います。

 

※適度な運動や質の高い睡眠もお忘れなく。

 

追記

 

最近試している「ヘアメディカル プロテイン」がいい感じです。

 

 

スプーン2杯分でタンパク質・ビタミン・亜鉛を十分に補え、髪の毛の成長に必要なその他成分もバランスよく摂取できます。

 

このプロテインの特徴

 

抜け毛・薄毛対策でおなじみ、アンファーの女性向けブランド「スカルプDボーテ」と頭髪専門外来「ヘアメディカル」の医師が共同で開発した女性向けのプロテイン。

 

健康な髪の毛の成長をサポートする栄養素がバランスよく配合されているので、複数のサプリメントを服用する手間や費用が省けます。

 

関連記事
「ヘアメディカル プロテイン」を飲んでみました!

女性の育毛剤選び お役立ち情報