女性男性型脱毛症(FAGA)の症状&対策法

女性男性型脱毛症(FAGA)

近年女性の薄げの悩みが増えていることを実感する機会が増えました。

 

需要があれば供給ありということで、女性向けの育毛剤や薄毛対策アイテムの広告露出が格段に増えてきたからです。

 

女性の薄毛の原因はいくつかありますが、その中に「女性男性型脱毛症(FAGA)」というものがあります。

 

女性なのに男性型の脱毛症?とやや分かりにくい症状名となっていますが、これはどういった薄毛なのでしょうか。

 

今回は女性の薄毛症状の一つ女性男性型脱毛症(FAGA)について見ていきます。

 

女性男性型脱毛症(FAGA)とは?

 

これは女性であっても男性ホルモンの影響を受けて起こる脱毛症の症状を指します。

 

女性でも全く男性ホルモンを生成しないわけではなく、一定の男性ホルモンは生成されています。

 

何らかの理由で男性ホルモンの分泌量が増えこの影響が強くなると、女性でも男性ホルモン由来の薄毛になってしまうことがあります。

 

男性のAGAと区別するために女性(版)男性型脱毛症という名称がつけられました。

 

男性ホルモン由来の薄毛であっても、症状の現れ方は男性のものとは異なります。

 

女性特有のAGA症状として次のような特徴が見られます。

 

FAGAの特徴症状

FAGAは男性のように生え際や頭頂部など特定部位で薄毛が進行するものではなく、頭髪が全体的に少しずつ薄くなるびまん性の脱毛症状として現れます。

 

 

これは男性ホルモンの影響が強くなってきたといっても、なお女性ホルモンの力も残っているため、一部で急激に薄毛が進むのではなく、全体的に少しずつ軟毛化が進み薄毛が進行するためです。

 

FAGAが起きる理由はホルモンバランスが崩れることが原因で、例えば更年期には女性ホルモンの分泌量が段々と少なくなり、男性ホルモンの影響力が少しずつ増してきます。

 

更年期付近の女性の薄げの悩みが急増するのはこのためです。

 

また若い女性でもストレスなどでホルモンバランスが崩れると、同様に男性ホルモンの影響力が増し、FAGAを発症することがあります。

 

FAGAの対策・治療法は? 

自分でできる対策としては、減ってきた女性ホルモンを補うためにサプリメントなどを利用することが考えられます。

 

ホルモン剤は非常に強い薬で副作用の心配があることから、薬局で売っている薬やサプリメントには女性ホルモンそのものを補充する薬は置かれていませんが、体内で女性ホルモンと同じような働きをする女性ホルモン様物質が売られています。

 

例えば大豆イソフラボンなどが有名ですが、これは体内で女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので足りなくなった分を補ってくれる効果が期待できます。

 

病院では重い症状の場合は女性ホルモンの補充療法が検討されることもありますが、こちらはサプリメントなどよりも効果が高いものの副作用のリスクや体への負担も大きいものになります。

 

通常はホルモン補充療法の前に一般的な女性用の薄毛治療法が適用され、外用薬や女性用の内服薬が処方されることが多いです。

 

男性用のAGA治療薬は効果が高い物が複数ありますが(プロペシアやミノキシジルタブレットなど)、女性はそれらを男性同様に使用できるわけではなく制限を受けるので、女性向けに開発された薄毛治療薬が好んで処方されます。

 

病院での治療を受ける場合には、薄毛の治療に主眼を当てると保険が適用されないことに留意してください。

 

更年期障害など保険適用の主訴がある場合にはこちらの治療の為に保険が効きますが、医師は薄毛の改善には意識を向けてくれません。

 

それでもホルモン補充によって薄毛の回復が期待できます。

 

病院に相談するなら

自宅での頭皮ケアではなく、専門医による本格的なFAGA治療を受けたい場合は、女性専門の薄毛治療クリニックが最適だと思います。

  • 一般病院の皮膚科や婦人科 → 髪の毛そのものの治療は行っていない
  • 毛髪専門のクリニック → 育毛・発毛が主目的

 

無料カウンセリングもあるので、一度、相談してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは
≫ 女性専門の薄毛治療クリニック(無料カウンセリングあり)

 

自宅でFAGAのケアをする場合

第一に、ホルモンバランスを整える必要があるので、健康的な生活習慣は必須です。

 

そして、適度で質の高い「食事・睡眠・運動」、ストレスがたまらないような生活環境を心がけてください。

 

その上で、

  • 女性ホルモンを補う「豆乳」などを摂取する
  • 食事で足りていない場合はその他サプリも摂取する
  • 自分に合ったシャンプーで頭皮環境を清潔に整える
  • 女性用の育毛剤で毛髪の成長を促進する

それぞれの補足を以下にまとめました。

大豆食品の摂取

大豆イソフラボンに代表される「女性ホルモン様作用」が期待できる大豆食品・サプリを摂取する際、知っておいてほしい事が1つあります。

 

それは、

摂取した大豆食品から女性用ホルモンに似た働きをする「エクオール」を生成できるのは、日本人の2人に1人。

ということ。

 

もし「エクオールを作れない人」に該当した場合は、豆乳などを毎日摂取してもあまり意味がありません。(女性ホルモンを補うという意味では)

 

ちなみに私は「作れない人」でした…。

 

この検査は郵送でできます(有料)

 

詳しくは、
「ソイチェック」でエクオール検査を依頼

 

作れない人だった場合

「大豆食品を摂取 → 体内でエクオールに変化」

 

この流れを体内で作れない場合は、エクオールそのものを摂取するという方法もあります。

 

詳しくは、
エクオールの効果や摂取方法

 

亜鉛・ビタミンなどのサプリの摂取

髪の毛を太く・長く・黒く成長させるには、バランスのよい栄養摂取が欠かせません。

 

その中でも「亜鉛、タンパク質、ビタミン」が毛髪の成長に不可欠な3大栄養素と言われています。

 

特に亜鉛は普段の食生活で不足しがちということで、毛髪専門治療のクリニックなどでも亜鉛サプリを処方する場合が多いようです。

 

現状の食生活でどの程度不足しているかは個人差があるため、よく調べて、逆に「過剰摂取」にならないようにしてください。

 

(どの栄養素も手頃な値段でサプリメントが売られています)

 

毛髪ミネラル検査

有料ですが郵送で亜鉛や鉄分などの過不足を検査することが出来ます。

 

詳しくは、
毛髪ミネラル検査 - ら・べるびぃ予防医学研究所

 

シャンプー選び

頭皮環境には個人差があるため、自分の現状に合ったシャンプーをピンポイントで選ぶのは非常に難しいです。

 

「頭皮の皮脂や汚れを適度に落としてくれるもの」を選ぶことは基本ですが、販売されている商品数が多すぎるため、どれが自分に合うのか迷ってしまいます。

 

アミノ酸系のシャンプーがおすすめ

抜け毛・薄毛が気になる方の頭皮の健康状態は「弱っている」と考えるのが一般的。そのため、洗浄力や刺激が強すぎる成分を配合したものは避けたほうが無難です。

 

おすすめは、アミノ酸系の洗浄成分で負担成分が無添加のもの。

 

詳しくは、
女性向けの頭皮用シャンプー

 

女性用の育毛剤選び

ここ数年で女性向けの育毛剤がすごく充実してきました。

 

育毛剤も上のシャンプーと同じく、現在の頭皮環境や薄毛の進行具合で商品選びに差がでるため、以下の記事を参考にしてみてください。

 

FAGA対策に一番おすすめはこの育毛剤

一般的に、女性は男性ほど男性ホルモンの影響を受けないため、女性用の育毛剤には男性ホルモンの働きを抑制する成分はあまり含まれていません。

 

もし、今の薄毛の症状が男性ホルモンの影響を強く受けたFAGAだった場合、そのような育毛剤では役不足の可能性があります。

 

そこでおすすめしたいのが、女性用育毛剤と同じくらい頭皮や髪に優しい成分配合で、男性ホルモン抑制成分もしっかり含まれている「天然無添加育毛剤 イクオス」です。

 

詳しくは、