フロジン液の特徴と効果・副作用について

 

フロジン液はあまり一般の方にはなじみがないと思いますが、脱毛症に効果がある治療薬になります。

 

主成分(塩化カルプロニウム)が含有されている市販の育毛剤もあり、医師の処方で出されることもあります。

 

病院で処方される場合は、緑色の原液が入ったボトルを出されるので、見た目にぎょっとする方が多いと思います。

 

医療用に処方されるものは濃度が5%と高く効果も高いですが、市販品の方は濃度が低い(1%・2%)ので効果が分かりにくいという人もいます。

 

今回はこのフロジン液についての効果や副作用を見ていきたいと思います。

 

フロジン液の特徴と効果

 

フロジン液は医師が必要に応じて処方する薬ですから、治療効果は認められてるといって良いと思いますが、男性型脱毛症(AGA)の治療薬としては日本皮膚科学会の推奨度C1となっており、優先度としてはそう高くありません。

 

何故かというと、世の中の薄毛の原因は色々あって、男性型脱毛症の原因に対しては効果はあるものの、フィナステリドやミノキシジルのような特効薬とは言えないからです。

 

フロジン液の主成分は塩化カルプロニウム(カルプロニウム塩化物水和物)というもので、局所的な血管拡張効果を示す成分であり、頭皮の血管を拡張して血流量を増やして毛根への栄養補給を促します。

 

男性型脱毛症は血管拡張効果によって症状の抑制効果はあるものの、主犯である体内の男性ホルモンの抑制まではできないために推奨度が下がっているのです。

 

しかしそれ以外の、血管拡張効果によって症状の快癒が期待される脱毛には割と好んで処方されます。

 

どんな薄毛にも血流の改善は基本的な手当になるからです。

 

例えばホルモンがあまり関与しないストレス性の脱毛症や、円形脱毛症などには適用があるので処方されることが多いです。

 

特に原因がよく分からない円形脱毛症には、第一選択肢としてフロジン液が好んで処方されます。

 

ストレス性の脱毛症の場合には、これに加えて安定剤などを組み合わせます。

 

またフロジン液は女性に対して処方しやすい治療薬でもあります。

 

女性は男性と同じ治療薬の使用が制限されることから、血管拡張効果のある治療薬としてフロジン液が用いられることがあります。

 

使用感としては、血管が開いて血流量が増えることから、頭皮がじんわり暖かく感じることが多いようです。

 

多少のべたつきを感じて気にする人もいるようですが、薄毛改善の効果の方が強いので概ね満足する結果を得ています。

 

実際に使用した方の体験談を見てみると…

薄毛や脱毛症で悩んで皮膚科を受診し、フロジン液を出してもらった方の体験談や口コミを見てみると、「効果を感じない」「使うなら気休め程度で」など、育毛や発毛の効果に関してはイマイチのようです。

 

個人差を加味しても、効果を感じられなかった割合のほうが圧倒的に多い感じです。

 

また、「ニオイがきつい」「刺激が強い」など、使用感に関してもあまり評判がよくありません。

 

▼ 補足

 

フロジン液に限らず、脱毛症や薄毛改善を目的とした製品は、効果を実感するまでにかなりの期間を必要とします。

 

この理由として、髪の毛には成長サイクル(ヘアサイクル、毛周期)があり、どんなに強い薬を使用したとしても一定のスピードでしか生えて(伸びて)きません。

 

効果を判断する目安は?

 

育毛剤の場合、効果を実感する目安は3ヶ月〜6ヶ月と言われているので、フロジン液も同様に数ヶ月の継続使用が必要になると思われます。

 

※効果の有無を1週間や1ヶ月など短期間で判断するのは早すぎる。

 

フロジン液の副作用は?

 

フロジン液は外用塗布剤として使用しますので、塗布剤によく見られる皮膚科系の副作用が比較的よく発現します。

 

例えばかゆみやかぶれ、発疹や発赤などです。

 

塗布剤はつい多めに塗ってしまいがちですので、用法用量は守って使用するようにし、それでも皮膚疾患が出る場合は、体質に合わないということで処方薬を変える必要があるかもしれません。

 

我慢せずに医師に相談するようにしましょう。

 

また、血管の拡張効果があることから、血流が改善することで頭皮が温かく感じることがあると説明しましたが、それを通り越して異常なほてりを感じることがあります。

 

加えて多量の汗が出る症状も伴うことがあります。

 

多少のほてりは生活に支障がなければ構いませんが、苦痛になるほどのほてりや、人前で汗が止まらず困るなどという場合、医師と相談して用量を減らすか、別の薬に変えるなどの工夫が必要かもしれません。

 

それと、あまり頻度は高くありませんが胃腸系に支障が出ることもまれにあります。

 

フロジン液の主成分は、元々は胃腸の働きを促進する効果のあるもので、吐き気などを催すこともあります。

 

ただし、薄毛治療の場合は内服ではなく外用塗布剤ですから、影響力は下がり発生頻度も低くなります。

 

女性の方でフロジン液の副作用が気になる場合は

 

医薬品のような副作用がない医薬部外品で、頭皮や髪に負担をかける成分無添加、ノンアルコール処方のおかげで刺激もない。

 

皮膚科医が開発した ≫ こちらの女性用育毛剤 がおすすめです。

 

フロジン液の入手方法と価格

 

一般的には病院の皮膚科で処方してもらうので、保険が効き3割負担ですみます。(フロジン液だけなら500円程度、+診察料)

 

通販での購入について

 

病院に行くのが面倒で通販で入手したい方も多いと思いますが、「フロジン液 通販」と検索してみても通販サイトがヒットしません。

 

→ 医療用医薬品であるフロジン液を取扱っている通販サイトはほとんど無い

 

※基本的にはドラッグストアや薬局でも取扱ってないようです。

 

そのため、個人輸入代行サイトで比較的入手しやすい、フロジン液のジェネリック版「アロビックス外用液5%」を代用で選ぶ人が多いようです。(配合成分や期待できる効能効果はほぼ同じ)

 

また、フロジン液の主成分「塩化カルプロニウム」を配合した市販育毛剤として、カロヤン プログレ(第一三共ヘルスケア)もあります。

 

違いは主成分の濃度で、フロジン液・アロビックス → 5%、カロヤンプログレ → 1% or 2%、となっています。

 

(市販育毛剤のほうが濃度が低く、同じ容量で見た場合の価格も高い)

 

関連記事

アロビックスの効果・副作用

 

補足:フロジン液5%の効能効果・使い方

(添付文書より)

 

効能・効果
  • 下記の疾患における脱毛防止ならびに発毛促進

    円形脱毛症(多発性の症状も含む)、悪性脱毛症、瀰漫(びまん)性脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症、壮年性脱毛症、症候性脱毛症など

  • 乾性脂漏
  • 尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)
用法・用量
  • 脱毛症・ 乾性脂漏の場合

    1日2〜3回、適量を患部に塗布。あるいは被髪部全体にふりかけ、軽くマッサージする。

  • 尋常性白斑の場合

    1日3〜4回、適量を患部に塗布する。