女性用の発毛剤について

 

当サイトの訪問者様から「発毛剤」に関する質問を頂きました。

 

「市販の発毛剤で女性に人気の商品を教えて下さい」

 

 

補足 - 育毛ケア商品の呼び方

 

発毛剤、育毛剤、養毛料など、髪の毛の成長を促す商品には色々な呼び方があります。

 

何が違うの?というご質問を頂きますが、特に明確な違いはないので、「同じようなもの」という解釈でOKです。

 

※ドラッグストアー・通販サイト・クリニックなどでは、「育毛剤」が一般的

 

≫ 解説を飛ばして「おすすめ育毛剤」をみる

 

 

管理人より

 

発毛剤の定義が難しいのですが、「発毛促進」効果が見込める外用液には、医薬品と医薬部外品の2種類あります。

 

2つの主な違いは、得られる効果と副作用のありなし。医薬品(主な有効成分:ミノキシジル)のほうが期待できる効果はやや高めとなっていますが、デメリットもあります。

 

主なデメリット
  • 購入する際に医者や薬剤師に相談する必要がある
  • 副作用の心配がある(※1)
  • 年齢や薄毛の状態によっては使用できない

(※1 主に、頭皮のかゆみやフケ、発疹、かぶれ、動悸、むくみ、胸の痛みなど)

 

得られる効果には個人差がありますが、育毛剤と比べると効果の実感度は高いようです。しかし、副作用や使用制限があるので、万人向けとは言えません。

 

効果的な発毛剤・育毛剤の選び方

 

抜け毛・薄毛で悩む女性の最近の主流は、医薬品の発毛剤より「医薬部外品の育毛剤」。医薬品と同様に、厚生労働省から効果効能が認められています。

 

商品差もありますが主な効果効能として「育毛、発毛促進、抜け毛の予防、養毛、病後・産後の脱毛」があげられます。

 

医薬品との大きな違いは、副作用が無いこと。基本的に年齢や症状による制限もありません。

 

特に、パラベンのような防腐剤や石油系界面活性剤を配合していない、「 ≫ 無添加育毛剤」が人気となっています。

 

無添加なら、頭皮トラブルが多い・敏感肌・乾燥肌、出産前後・授乳中でも安心してご使用できます。

 

さらに最新の育毛剤には、育毛・頭皮ケアに有効な成分や、頭皮環境・ヘアサイクルの乱れを改善する成分がタップリ配合されているので、発毛剤と同様の高い効果が期待できます。

 

おすすめの女性用育毛剤(効果重視)

 

女性の抜け毛・薄毛の主な原因は、「頭皮の血行不良」「ホルモンバランスの乱れ」の2つ。

 

この原因を考慮すると、

  • 高い血行促進作用が期待できる
  • 女性ホルモン減少(男性ホルモンの影響)による薄毛対策

このどちらかに該当するものを選ぶ必要があります。

 

条件に該当する女性向け育毛剤
(副作用のない医薬部外品の製品です)

 

頭皮の血行不良が気になる場合↓

商品特徴 ≫ 花蘭咲(からんさ)

 

ホルモンの影響が気になる場合↓

商品特徴 ≫ 天然無添加 イクオス

 

 

ノンアルコール処方の育毛剤

 

上でご紹介した花蘭咲やイクオスもアルコール成分(エタノール)の濃度は低いほうですが、お肌が凄く敏感な方はノンアルコール処方のほうが安心して使えます。

 

▼ 女性用でノンアルコール処方の育毛剤
 ≫ MUNOAGE(ミューノアージュ)