貧血と女性の抜け毛・薄毛の関係 〜 原因&改善方法

貧血でフラフラな女性

 

女性は貧血になりやすいと言えますが、貧血が抜け毛の増加や薄毛につながるということをご存知でしたでしょうか?

 

貧血というのは血そのものの量が足りないというよりは血液内のヘモグロビンという成分が足りなくなる症状のことをいいます。

 

ヘモグロビンは体の各細胞に酸素を送り届ける仕事があるのですが、これが滞ると体は酸欠状態に陥り様々な症状が出てきます。

 

疲れやだるさが代表的なものですが、毛根も酸素不足になり抜け毛が加速します。

 

今回は貧血による薄毛にならないように、貧血になる要因と改善方法を学んでいきましょう。

 

貧血になってしまう原因は?

 

そもそもなぜ女性の方が貧血になりやすいのかと言うと、生理等で出血があるため血液の量自体が減りやすい他に、ダイエットなどで食事がおろそかになりがちなので必要な栄養が足りなくなりヘモグロビンを作る力が落ちるのが原因です。

 

ですから男性でも同じことは起こり得るのです。ダイエットの他、自分でも気づかない出血、例えば大腸がんなどで不正出血があると、知らないうちに貧血症になっていることもあります。

 

男性でも女性でも、病的な疾患が無くてもヘモグロビンは鉄分の摂取がおろそかになると足りなくなるので、食事の影響がとても大きいことを覚えておきましょう。

 

多くの人が行うダイエットは鉄分の摂取が減ってしまうので必要に応じてサプリメントの使用も検討しますが、まずは食事面で改善するのが基本です。

 

鉄分を補う食事は?

 

鉄分は肉や魚などの動物性の食材から取れる「ヘム鉄」と、野菜や海草など植物性の食材から取れる「非ヘム鉄」に分かれます。

 

どちらもバランスよく摂取したいところですが、動物性のヘム鉄よりも植物性の非ヘム鉄の方が体内吸収率が悪いので工夫が必要です。

 

ビタミンCが体内で吸収率を上げてくれるので、野菜と果物を合わせたサラダなどで体内利用率を上げることができます。

 

逆に食材によっては鉄分の吸収を阻害するものもあるので、貧血症の方は注意が必要です。

 

例えばコービーや紅茶、お茶等に含まれるタンニンは鉄分とくっついて体内で吸収されにくくなります。

 

またホウレンソウやタケノコに多く含まれるシュウ酸、食物繊維にも鉄分の吸収を妨げる働きがあります。

 

普通の方であればこれらの食材もバランスよく摂っていれば問題ありませんが、貧血症状が重い方の場合は摂取を控えた方が良いこともあります。

 

一部のダイエットサプリメントにも鉄分の吸収を妨げる成分が入っているものがあります。

 

心配な方は製造会社のカスタマーサポートなどに相談してみると教えてくれます。

 

鉄サプリ等を利用する場合

 

ドラッグストアでは様々なサプリメントが売られていますが、鉄サプリは比較的安価で購入することができるので愛飲している人も多いのではないでしょうか?

 

日々の食生活から摂取する分も含めて摂り過ぎには注意しましょう。

 

胃腸障害が起きやすくなるほか、ミネラルバランスを崩して弊害を起こしたり、体の臓器に少しずつ蓄積されて内臓がダメージを負うこともあります。

 

摂り過ぎに注意しながら使用して、それでも気になる症状が消えない場合は医療機関で相談する必要があります。

 

鉄剤を使用しても改善が見られない場合はその後ろに病気が潜んでいることもあります。

 

生理等での出血は想定内であれば問題ありませんが、内臓からの出血その他病的な原因がある場合は鉄剤の摂取では追いつけないほどの出血の存在を疑う必要があるかもしれません。

 

頭髪専門クリニックでも相談は可能ですから、気になる薄毛が改善しないようであれば一度相談してみても良いでしょう。必要があれば他の医療機関の紹介を受けることもできます。