ホルモン補充療法(HRT)について

 

女性は男性と違って薄毛になりにくいと言われていますが、最近では女性の薄毛の悩みは確実に増えている実感があります。

 

確かに女性は女性ホルモンの分泌が多いことから、抜け毛を誘発する男性ホルモンを抑制して抜け毛の増加を抑えるので薄毛になりにくいといえます。

 

しかし閉経を迎える前後のいわゆる更年期の年代に差し掛かると状況が変わります。

 

加齢の影響で女性ホルモンの分泌力が落ちるので、女性ホルモンの力が弱まってホットフラッシュなどの更年期障害の症状が出てきたり、抜け毛が増え薄毛を実感するようになります。

 

そこでその症状を緩和するために医療機関で行われるのがホルモン補充療法(HRT)です。

 

人為的に女性ホルモンを体内に摂取して、分泌量が減った女性ホルモン量を増やすことで不快症状を緩和させ、抜け毛も減らす効果があります。

 

今回はこのホルモン補充療法について見ていきます。

 

どんな治療薬が使われるの?

 

ホルモンの補充療法は、はり薬、飲み薬、注射などの形で行われます。

 

それぞれ効果の強度や体への負担、即効性などの面で一長一短ありますが、患者さんの一番使用しやすいものが選ばれます。

 

例えば、はり薬は内臓への負担が少ないですが、かぶれなど皮膚障害を起こしやすいです。

 

内服薬は吸収率がよく効果も高いですが胃腸に負担がかかったり、代謝の為に肝臓に負担がかかります。

 

注射は速効性が期待できますが痛みを伴います。

 

これらのことも考えて一番使用しやすいものを選択します。

 

どんな効果が期待できるの?

 

ホルモン補充療法は症状に直接アプローチするのではなく、女性ホルモンの量を増やすことで間接的に不快症状の緩和を目指すもの。

 

そのため一旦ホルモン量が安定すれば、人によって異なる様々な更年期障害の症状に一気にアプローチすることができます。

 

例えば、更年期障害は抜け毛の他にもホットフラッシュ、動悸、息切れ、倦怠感、胃腸障害、頭痛、めまい、イライラ感、不安感、憂鬱、不眠、生理不順、頻尿、肌トラブルその他実に多くの症状を発症します。

 

人によって異なるこれらの症状にも一様にアプローチして不快症状を緩和します。

 

副作用の心配は?

 

ホルモン補充療法は人為的に体内にホルモンを取り入れるので、体が慣れるまでは副作用が出ることもあります。

 

生理不順や不正出血、乳房が張る感じがするなどです。体が慣れればこれらの症状が消えていきますが、強すぎる場合やなかなか消えない場合は医師と話し合って調節する必要があるでしょう。

 

また、昔は乳がんのリスクを高めると言われましたが、最近の治療では乳がんリスクの心配が無いように配慮された治療薬が使用されるので心配いりません。

 

ホルモン補充療法の費用は?

 

ホルモン補充療法は保険の適用がある場合は初回の検査で数千円程度かかり、一度の薬の処方で2000円〜3000円程度が目安になります。

 

ただし、抜け毛の防止や薄毛の改善のみを目的とする場合は保険が効かないので注意してください。

 

一般的な更年期障害の症状であるホットフラッシュなどの不快症状の緩和を目的とするものであれば保険が効きます。

 

ホルモン補充療法に限らず、薄毛の治療には通常保険は適用されません。これは薄毛専門の美容系クリニックであっても、一般の皮膚科などの医療機関であっても同じです。

 

薄毛治療そのものが保険を利かせるべきではないという国の考えですので仕方ありませんね。

 

保険を利かせたい場合は、もし抜け毛の他に確かに更年期障害の症状があるのであれば、こちらを主訴としてお医者さんにかかる必要があります。