育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いとは?

 

育毛を考える女性にとって、育毛剤は非常に大きな味方となります。 ただ、それを選ぶ際にひとつ気がかりなことがあります。

 

それは、育毛剤、発毛剤、養毛剤の違い・区別についてです。

 

一見すると、同じ商品が名前を変えているだけのように見えます。

 

では育毛剤、発毛剤、養毛剤には、それぞれ大きな違いがあるのでしょうか。それぞれの定義を確認してみましょう。

 

まずは育毛剤。 育毛に関して最もメジャーな名前と言えるこの商品は、毛髪の成長を促すためのものです。

 

その為、頭部の血行をよくして、その土壌を作り上げるなどの効果が期待できます。

 

次に発毛剤ですが、これは毛母細胞と呼ばれる細胞の働きを促し、毛髪が抜けた毛穴から新しい毛を生やす為の手助けをしてくれるものです。

 

そして養毛剤は、毛髪そのものを保護し、毛髪が抜け落ちるのを防ぐ為のものです。

 

このように、3つの違いは、結構顕著です。

 

例えば、やせ細っている髪の毛のせいで薄毛に見える場合は、太くて丈夫な髪の毛にしたいわけですから、育毛剤が良い選択と言えるでしょう。

 

抜け毛に悩んでいる場合は、養毛剤で食い止める事が有効です。

 

そして、既に髪の毛の多くが抜けてしまっている場合は、発毛剤で復活を目指す事になるでしょう。

 

育毛剤、発毛剤、養毛剤はそれぞれに役割がはっきりとしています。

 

その為、自分がどんな症状で悩んでいるかということを明確にさえしていれば、どれを選べば良いかは自然にわかります。

 

逆に言えば、自分の症状と合わないものを選んでしまっては、例えそれがどれだけ高価でも、どれだけ効果が保証されているものでも、満足のいく成果は得られないという事になります。

 

しっかりと自分に合ったものを選ぶ事、育毛を効率よく成功させるためにはとても重要なポイントです。