シャンプーと育毛剤、どんな組み合わせが効果的?

 

今現在、女性の薄毛を改善するための人気アイテムは「シャンプー」と「育毛剤」です。

 

シャンプーは一般的な市販品よりは「育毛シャンプー」が主流になってきています。

 

育毛剤は各メーカーから女性専用の商品が続々登場してきています。

 

昔はシャンプーと育毛剤、どちらをとっても商品数が少なかったので、購入の際に迷いすぎることはありませんでした。

 

しかし、今は類似商品が溢れかえっている状態なので、どの商品がいいの?と迷う方が大半だと思います。

 

特に迷うのが、シャンプーと育毛剤の「組み合わせ」です。

 

この組み合わせ問題、結論から言ってしまえば「自分の頭皮に合っている商品なら何でも良い」ということになります。

 

同じメーカーで揃える必要はありませんし、シャンプーはアミノ酸系!育毛剤は無添加!とかは理想論なので、使ってみて違和感が少ない・良い変化を感じられる商品を使い続けるのが正解です。

 

シャンプー・育毛剤の選び方

 

残念ながら、自分の頭皮や薄毛との相性は、使ってみないと分かりません。

 

 

シャンプーと育毛剤の「組み合わせ」において絶対的な正解がない理由は、頭皮や薄毛の症状との相性による個人差があるからです。


口コミでの評価がいくら高くても、ランキングの順位が良くても、実際に使ってみると「頭皮が痒くなったり」「何の効果も感じない」ということは意外と多いです。

 

シャンプーで言えば、皮脂を洗い流しすぎず、頭皮に負担の少ない「アミノ酸系」や「ノンシリコン」「弱酸性」が良いのは確かですが、アミノ酸系シャンプーの洗浄力の弱さは人によってはデメリットにもなります。

 

皮脂の分泌が平均より多い(脂漏性)頭皮の人は、アミノ酸系の洗浄成分では洗浄力が弱すぎて、皮脂を残しすぎる可能性が高く、かゆみやニオイ、毛穴づまりの原因に。

 

その場合は、洗浄力が強すぎると言われている「石油系界面活性剤」の市販シャンプーを使用するか、アミノ酸系シャンプーで2度洗いするかになります。

 

育毛剤に関しても、男性用・男女兼用・女性専用、アルコール使用・不使用、パラベンなど防腐剤の使用・不使用、刺激が強い・低刺激、有効成分の配合数や濃度など商品によって様々な特徴があります。

 

ただし、育毛剤の方がシャンプーよりは特定の商品をおすすめしやすいです。

 

理由として、女性が使うなら女性用に研究開発された商品の方が期待できる効果が高いですし、アルコール配合割合や刺激は低いほうが良い、パラベンなど化学成分は無添加の方が良い、有効成分は多い・濃い方が良いと言えるからです。

 

まとめ

 

シャンプーと育毛剤の組み合わせは、商品との相性に個人差があるので正解はない。

 

シャンプーはアミノ酸系など洗浄力が強すぎないものが理想ですが、皮脂分泌が多い人は石油系界面活性剤配合のシャンプーも選択の1つ。

 

育毛剤の選び方には注目したいポイントがいくつかあります。( ≫ 詳しくはこちら