ノコギリヤシが薄毛対策に効果的って本当?

現在のサプリメント市場で中高年の男性に大人気なのが「ノコギリヤシ」のサプリメントです。

 

なぜ人気なのかというと、中高年の男性の3大お悩みに対してこれ一つでアプローチできるからです。

 

中高年男性の3大お悩みとは精力、夜間頻尿、そして薄毛です。

 

たった一種類のサプリメントでこれらすべてに効果があるとすれば、それは確かに人気が出ますね。

 

それでは今回はそのノコギリヤシについて詳しく見ていきましょう。

 

ノコギリヤシはフィナステリドと同じ作用がある

 

男性の薄毛のほとんどを占める男性型脱毛症は、現在では薄毛クリニックなどで積極的に治療が行われていますが、その治療において必須となるのがフィナステリド製剤です。

 

日本ではプロペシアという製品名で流通しているので、こちらの方を知っている方もいるでしょう。

 

フィナステリドは男性型脱毛症の特効薬として必ず処方されますが、作用機序としては体内で薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を阻害する効果があります。

 

元々体内にあるテストステロンという無害な男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結びついてジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化すると、これが毛根に対して脱毛信号を発し続けることで髪の毛の成長が阻害され、段々と髪の毛が細くなり薄毛が進行していきます。

 

フィナステリドは、5αリダクターゼに作用してDHTの生成を阻害することで、結果として薄毛の進行を抑制してくれます。

 

ノコギリヤシにはこのフィナステリドと同じ作用があるので、薄毛に対しての効果が期待されます。

 

ただし、同じ作用ではありますが、その作用強度は医薬品であるフィナステリドと比べることはできません。

 

非常にマイルドで、速効性を期待することもできないでしょう。

 

海外では医薬品として使用されることもありますが、日本では食品としての扱いとなっていて、薬のような効果を期待することはできません。

 

副作用や注意点は?

 

医薬品のような効果を期待することはできないものの、副作用の心配もそれほど要らないところがノコギリヤシの人気に拍車をかけているといえるでしょう。

 

注意書きにある用法用量を守っていれば副作用の心配はまず要りません。

 

容量を超えて過剰摂取するようなことがあると場合によっては下痢や便秘、腹痛や吐き気など胃腸系の調子が悪くなることもあります。

 

服用に際しては注意書きをよく読んで容量を守るようにしてください。

 

ノコギリヤシは女性は使用できるの?

 

ノコギリヤシは男性の悩みに焦点をあててアピールされるので、女性にはあまり奨められることがありません。

 

女性に対してノコギリヤシが基本的にお奨めされないのは、効果がマイルドで安全性が高いといっても、ホルモン系に作用することが期待されるものであることから、これまでの知見で男性への効果が分かっている反面、女性への効果は研究も少なくその点への配慮であると思われます。

 

実際には、妊娠中や授乳中の女性は使用できませんが、それ以外の女性であれば特に使用に制限はありません。

 

例えば、更年期付近の年代の女性はホルモンバランスが崩れてくるころで、男性ホルモンの影響が増えてくるために女性版AGAを発症する方がいます。

 

こういった方が男性ホルモンの抑制効果を期待してノコギリヤシを摂取することは特に禁止されていません。

 

しかし女性の場合は女性向けの薄毛対策サプリメントも各種用意されていますから、特にノコギリヤシにこだわる必要はないのではないでしょうか。

 

女性用に販売されている物は、これまで多くの女性が使用してきた知見があるので、こちらの方が安全性の面でも優位かと思います。