抜け毛が多い人の共通点と新発想の対策アイテム

 

抜け毛や薄毛で悩んでいる人は、何かしらの原因で髪の毛の成長サイクル(ヘアサイクル)が乱れてしまっています。

 

ヘアサイクルの流れ

頭皮環境が正常な状態のヘアサイクルは、髪の毛が成長し続ける成長期約4〜6年、成長が止まる退行期約2〜3週間、脱毛準備期間である休止期約2〜3ヶ月。

 

しかし、抜け毛が多い方のヘアサイクルは、成長期が短くなって休止期が長くなっているケースが多いです。

 

※成長期が短い → 髪の毛が十分に成長しない状態で脱毛期である休止期に移行してしまう → 異常脱毛が増える。

 

そして、ヘアサイクルが乱れている方の毛根には共通点があります。

 

その共通点とは、「髪の成長の元となる毛母細胞の活動が非活発な状態にある」こと。

 

髪の毛は、毛根内部に存在する毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、太く長く伸びていきます。

 

このことを逆に考えると、毛母細胞の活動が非活発、または活動をお休みしている状態(休止期)だと、髪の毛は成長せず、その結果、抜け毛が増えてしまいます。

 

毛母細胞が「非活発な状態」のイメージ

 

薄毛や異常脱毛で悩んでいる方は、上の画像のように毛根内の毛母細胞が少なくなっているケースが多いです。

 

頭皮環境がこの状態にあると、抜け毛が異常に増える、短い抜け毛、細い抜け毛、髪のうねりなどの頭髪トラブルが急増します。

 

 

理想的な毛根のイメージ

 

毛母細胞が十分にスタンバイした状態の毛根。

 

毛母細胞は「髪の元」となるため、量が多い(活発な状態)を作り出すことで、抜け毛の減少や薄毛改善につながります。

 

 

どうしたら毛母細胞を活性化できるの?

 

この点が一番重要で難しい問題です。

 

シャンプーや頭皮マッサージ、食べ物による対策など、自宅で手軽に行える方法では、直接的に毛母細胞を活性化することはできません。

 

毛母細胞を活性化する新発想の育毛アイテムが登場

 

現役の皮膚科専門医が抜け毛・薄毛で悩む女性のために開発した「Wアプローチヘアプログラム

 

一般的な育毛剤とは違い、養毛料+育毛剤によるWケアで頭髪トラブルを防ぎます。

 

髪の元(毛母細胞)を増やすための1剤

 

増えた毛母細胞に栄養を補給する2剤

 

1剤・2剤のWアプローチ法により毛母細胞を活性化。抜け毛を防ぎ、健康な髪の成長をサポートします。

 

記事の続きはこちら

≫ 新発想!2ステップの抜け毛・薄毛対策