女性の生え際の薄毛は「血行不良」が主な原因

 

近年では、生え際から薄くなる女性(特に20代)が増えていますが、10年前はほとんど居なかったそうです。

 

食生活や生活環境など年々変化してきているので、原因を断定することは難しいのですが、パソコンやスマホの影響では?という専門家の話をよく耳にします。

 

前髪の生え際(前額部)など体の末端部分は、もともと毛細血管が少なく、髪の成長に必要な栄養が不足しがちに。

 

特におでこ付近はその傾向が強いので、薄毛になりやすいと言われています。

 

そのような傾向がある中、長時間のデスクワークや目を近づけてのスマホの操作により「目の疲れ」や「肩こり・首こり」がおこります。

 

この目の疲れやコリは血行不良を起こす原因となるため、当然、頭皮への血流も悪化します。

 

(身体は繋がっているため、一箇所で血流の滞りがおきると全身色々な所に悪影響が!)

 

生命維持や髪の成長に必要な栄養は血管を通り運ばれるため、血流不足=栄養不足に。

 

そして、毛根内部で髪を育てる細胞分裂が正常に行われなくなると、抜け毛・薄毛の悩みへとつながっていきます。

 

パソコンやスマホの長時間操作(特に同じ姿勢で)に心当りがあり、薄毛が気になっている方は、操作の合間に休憩を入れ軽くストレッチをしたり、意識的に遠くのものを見る、出来るだけ目との距離を空ける、モニターの明るさを下げるなど、「疲れない・凝らない」ための工夫を心がけましょう。

 

特に就寝前・髪が育つ時間(夜10時〜2時)は、スマホなど光を発するものはデメリットが多いです。

 

直接的に影響するのは、睡眠不足ですね。

 

睡眠不足は薄毛や育毛への影響度が大きいので、依存度の高いスマホのアプリやゲームは寝る前NG!などルールを徹底して対策していきましょう。

 

すでに薄くなった生え際対策

 

生え際が薄い!と悩んでいる女性の多くは、頭皮への血流が不足しているケースが多く見受けられます。

 

薄ろに強く引っ張るような髪型(牽引性脱毛症)や過剰なダイエット、睡眠不足、強いストレスなどに心当りがある方は、まずそれらの要因を解消することから始めましょう。

 

それと同時に、「血流不足=栄養不足」を改善するために、育毛剤を活用するのも有効な方法です。

 

育毛剤には「血行促進」や「栄養補給」の働きがあり、また医薬品・医薬部外品の商品なら効果効能として、育毛・発毛促進、細くなって産毛化した髪の毛を太く健康に、など様々な効果が期待できます。

 

数日〜1週間などの短期間ですぐに毛がフサフサとはいきませんが、女性の薄毛は男性より改善率が高く、ある程度の期間、育毛剤を継続使用することにより、生え際の後退が回復したという口コミや体験談も多く目にします。

 

生え際の薄毛対策に向いている育毛剤の選び方
  • 高い血行促進作用が期待できる
  • 副作用や強い刺激の心配がない
  • 使用感が良い
  • 女性用

この条件をクリアしているものなら試してみる価値はあります。

 

理由

上述したように、生え際が薄くなる主な原因は「血行不良」。そのため、何よりも優先して、頭部への血行を促進して、髪を育てる毛根部に十分な栄養を届けてあげる必要があります。

 

そのための条件が「高い血行促進作用」です。

 

また、育毛剤の効果を十分に実感するためには、最低でも3ヶ月程度の継続したケアが欠かせません。

 

そのことを考慮すると、副作用や刺激の心配があるもの、また、悪い使用感のものは避けたほうが無難です。(医薬部外品の女性用育毛剤はこの辺の問題はクリアしています。)

 

条件をすべて満たしている女性用育毛剤

 

花蘭咲(からんさ)

詳細 ≫ 花蘭咲ってどんな育毛剤?