ピルの服用による抜け毛・薄毛対策【効果・副作用】

女性の抜け毛・薄毛に対するピル(経口避妊薬)の効果と副作用

薄毛に対する対策や手当法は女性よりも男性の方が発展している感が否めませんが、これは女性が使用できる治療薬には男性と比べて制限がかかることが影響しているように思います。

 

ただ一点、女性の特権で使用できる薄毛治療薬にピル(経口避妊薬)がありますが、抜け毛や薄毛の改善を目的としてピルを使用することについては賛否両論あるのも確かです。

 

今回は女性の薄毛にピルは有効なのか、効果や副作用などを見ていきます。

 

そもそもピルって何?

 

ピルは本来薄毛の改善を目的に開発されたものではなく、避妊を目的として作られたものです。

 

転じて、子宮内膜症などの一部の婦人科系疾患の治療薬としても適用があります。

 

排卵や子宮の内膜細胞の増殖を抑制することでこれらの効果を発揮するわけですが、これはピルの服用による女性ホルモンの増加作用がもたらすものです。

 

ピルはそもそも女性ホルモンを補充する薬品なのですが、ホルモンの扱いは医師でもなかなか難しく、ホルモンが原因の疾患は他の病気に比して治療が総じて難しいと言われます。

 

ホルモンはバランスを取ることが必要で、足りなくても逆に多すぎても弊害が出るので、そのバランスを取るさじ加減が非常に難しいのです。

 

また、ピルはホルモンを補充するものですので、投与する量や期間をうまく調整する必要があります。

 

薄毛に効果があるの?

 

実のところピルが抜け毛や薄毛の治療を目的として使用されることもあります。

 

医師の判断が必要ですが、検査の結果から明らかに女性ホルモンの減少が原因で起こっている抜け毛・薄毛には「適用あり」としてピルが処方されることがあります。

 

ただし前述したように、ピルの使用は気軽にできるものではありませんので、多くの医師は処方に慎重になるでしょう。

 

婦人科などでは薄毛の治療を目的としたピルの処方はしない医師が多いですし、薄毛治療専門のクリニックでも、まずは他の治療法が有効でないかどうか検討するはずです。

 

現在では海外で人気がある女性用の薄毛治療薬(ミノキシジル外用液、パントガール内服薬など)も国内に輸入されており、ホルモン剤より副作用が少なく安全性の高い治療薬も増えています。

 

また、女性用の育毛剤(医薬部外品)を開発・販売する国内メーカーもどんどん増えてきています。

 

まずはこちらから検討するのが常道と言えるのではないでしょうか。

 

もしこれらの手当てが功を奏せずピルが使用されることになった場合は、用法用量については医師の指示を必ず守ってください。

 

人体への影響が強い薬剤ですので自分の判断で用法を変えることは危険です。

 

またピルには脱毛を促進する副作用があると言われることがありますが、この点も知っておく必要があるでしょう。

 

ピルを止めると脱毛が加速することがある

 

ピルは人為的に女性ホルモンを補充するものですが、女性ホルモンの働きで脱毛を促進する要因を抑制することで毛量を増やしやり維持する効果があります。

 

しかしピルの服用を止めると、それまで保たれていた女性ホルモン量が一気に減ってしまい、恩恵がなくなることで、その落差から一気に脱毛が加速することがあります。

 

これは産後脱毛と同じ理論で、妊娠によって一時的に増えていた女性ホルモンのおかげで毛量が豊富に保たれていたものが、出産によって一気に女性ホルモンが減ることで脱毛が加速されるというものです。

 

ピルの服用をやめることは出産と同じ効果を生み、その影響で大量の抜け毛に悩まされることに(個人差あり)。

 

※ 産後の脱毛の場合もピルの服用をやめたことにより起きる脱毛も、一時的なものですのでそれほど心配は要りません。体が慣れれば変化に慣れて不正な脱毛は止まります。

 

ただし、ホルモンバランスをうまく調整できなくなっていたり、ストレスなど他の要因で脱毛がとまらないこともあるので、3か月ほどしても抜け毛の量が減らない場合は医師に相談してみましょう。