プランセンタは育毛分野でも注目されています

女性の薄毛対策、プラセンタ注射

 

健康美容分野における知識水準の発達は日本を含む先進国で活発です。様々な商品やアイテムが開発されて市場に登場しています。

 

最近露出が増えてきた話題の商品の一つに「プラセンタ」がありますが、現状ではどちらかというと美容関連に敏感な女性の方が知っている人が多いかもしれません。

 

このプラセンタが抜け毛薄毛を予防して育毛効果を発揮してくれるというのですが、ご存知でしたか?

 

今回はプランセンタの正体や抜け毛・薄毛への効能などを見ていきます。

 

プランセンタの正体

 

プラセンタの正体は哺乳類の「胎盤」です。そう、赤ちゃんと母体を繋いで栄養補給などを行うための器官です。

 

プラセンタは当初更年期障害の治療などに利用されていましたが、薄毛の改善にも効果があることが分かったので治療薬として使用されることもあります。

 

プラセンタは哺乳類の胎盤と言いましたが、例えばヒト由来のプラセンタの他にも馬、ブタのプラセンタも使用されます。

 

病院での治療にも使用されており、こちらは安全性や信頼性の観点からヒト由来のプラセンタのみが使用されます。

 

皮下注射や頭皮への注入注射などによって使用されます。

 

安全性は一応確認されているものの、感染症のリスクは完全に保証されないことから、厚生労働省の指示によって、プラセンタ注射を受けた人は献血ができないことになっています。

 

一方、馬やブタ由来のプラセンタはドラッグストアや通販などで割と気軽に購入することができます。

 

ではこのプラセンタはどのような作用によって抜け毛や薄毛にアプローチするのでしょうか。

 

成長因子や豊富なアミノ酸を含む

 

プラセンタは赤ちゃんを育てるための器官ですので、多くの成長因子やアミノ酸を豊富に含んでいます。

 

成長因子というのは、人間の色々な細胞の細胞分裂を促進して成長を促す作用があるものです。

 

育毛メソセラピーなどでも薬液カクテルに調合されますが、プラセンタはこの成長因子を多く含んでいます。

 

他にもアミノ酸など栄養が豊富なため、毛根が毛髪を成長させる際の栄養源になります。

 

またプラセンタはホルモンの調整作用ももっており、男性ホルモンの作用を抑制して男性型脱毛症を抑える効果もあります。

 

プラセンタは女性が主に使用するイメージがありますが、男性でも使用することはできます。

 

AGAの予防や抑制の効果を期待することができるのです。

 

あるテレビ番組で女医さんがプラセンタ注射を自身に使用していることが紹介されていましたが、確かにその女医さんは若々しく毛量も豊富でした。

 

その女医さんによれば、男性でも育毛効果は得られるとのことでしたが、注射となるとちょっとしり込みしてしまう人が多いと思います。

 

献血はしなければ良いわけですが、男性の場合はまずは通常のAGA治療で投薬処方を受ける方を優先して良いと思います。

 

プラセンタは男性用の治療薬が使用できない女性こそ有効性が高く評価できるので、女性用の薄毛クリニックでは必要に応じてプラセンタ治療が提供されています。

 

安全性や副作用の心配は?

 

プラセンタは今まで重篤な副作用の報告はありませんが、皮膚症状として発疹や発赤、また悪心などの症状が出ることも稀にあるようです。

 

ただしこれらの症状は体が慣れることで治まることが多いので、しばらく摂取を中止して少しずつ体を慣らしていくと良いと言われています。

 

プラセンタに限りませんが、アレルギー体質の自覚がある人は新しい薬品や商品を試す際は少量から使用する、皮膚や血圧など自分の体の変化を観察しながら慎重に使用するなどの工夫が必要です。

 

医療機関で提供されるプラセンタは衛生面でしっかりと配慮されているのでまず心配は要らないでしょう。

 

市販品のものについても各社安全性には当然気を使っていますが、あまりにも格安の怪しげな商品がもしあったならば敬遠した方が無難です。

 

 

プラセンタを配合した外用の育毛剤も少ないですが販売されています。口コミの内容を見る限りでは、あまり効果がない?雰囲気でした。

 

プラセンタ配合の育毛剤

  • ピュルサンベルファム(株式会社ヘルススクラム)
  • プラセンタゼロワン(ナチュラルバイオ研究所)

 

口から摂取するプラセンタサプリメントも数多く販売されていて、美容面での効果はかなり期待できそうです。

 

ただし、抜け毛や薄毛への直接的な作用となると不明な点が多いので、頭皮に直接プラセンタを注入する「プラセンタ注射」が最も期待できそうです。