女性のプロペシア服用について 〜 妊娠・胎児への影響

 

プロペシア(propecia)は、男性型脱毛症/AGAの進行を遅らせる薬で、長期間服用する事で効果があらわれます。

 

このプロペシアについて時々ご質問を頂きます。

 

「プロペシアという薄毛治療の薬、女性が飲んでも大丈夫ですか?」
「プロペシアに女性用ってありますか?」

 

結論から言いますと、プロペシアの女性の服用は厳禁されています。よって、女性用のプロペシアというのは存在しません。

 

女性のプロペシア服用禁止の理由は、女性に効果が無いだけでなく、妊娠時の男の胎児へのリスクが高まるからです。

 

妊娠している・妊娠の予定がある女性は、服用するどころか触れることも許されない薬となっています。

 

プロペシアは男性ホルモンに影響を与える薬なので、もしも何かの影響でお母さんの体を介して赤ちゃんにその成分(フィナステリド)が吸収されてしまったら、ホルモンに異常のある子供が出来る可能性も。

 

プロペシアの副作用について専門家に質問してみました

 

頂いた返答がこちら

プロペシアは5α-リダクターゼの働きを妨げることで薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン - テストステロンと5αリダクターゼの結合によって生成されたもの)を押さえますが、DHTは男性だけではなく女性にもあり、男児を妊娠する際に作用します。

 

それは女性が男児を妊娠すると、子宮内の胎児が細胞分裂を繰り返して男児の生殖器を形成していく時にDHTが必要になるからです。

 

ですから、妊娠中の女性がプロペシアを飲んでDHTが減少すると、男女の区別がはっきりしない生殖器を持った男児が生まれる危険性があるのです。

 

例えそのような子どもでも思春期になりホルモンレベルが上がると、正常な男性の生殖器に成長するといわれていますが、理論的には生まれてくる男児の生殖器に可能性があるので女性にはプロペシアの服用は禁止されています。

 

さらに、妊娠中の女性はプロペシアの錠剤が砕けた場合、その中の成分に触れることも避けなければなりません。

 

これと同じ理由で、思春期以前の男児の服用も禁じられています。

 

プロペシアを服用している男性が女性と性交渉を持った場合は、特に心配するような問題はありません。

 

例えば、1回あたり5mlの射精があって、そのすべてが女性の膣から体内に吸収されたとすると、最大7.6ngのフィナステリド(プロペシアの成分)が女性に体内にはいることになります。

 

しかし、猿を使った実験では異常は見られなく、性交渉による女性へのリスクはゼロではありませんが、問題は無いとされています。

 

ゼロでない以上は絶対にリスクが無いとは言い切れませんから、リスクがあるかも知れないと言うことは認識したほうがよいかと思われます。

 

万が一、女性がプロペシアの錠剤の成分に直接触れてしまった場合は医師に相談することが必要です。

 

いずれにしてもプロペシアは成人男性だけが服用出来る薬だと言うことは肝に銘じておきましょう。

 

上記の内容をみても、服用どころか触れることすら許されない「女性の使用は禁止」となっている薬がプロペシアです。

 

補足

 

上記のように、フィナステリドを含む薬剤(※1)、また同じような作用があるデュタステリドの女性の服用はNGとなっています。

 

その主な理由は上の通りなのですが、もう1つ「女性の薄毛(※2)に効くというエビデンスが得られていない」からです。

 

なぜ効果を期待しにくいの?

 

フィナステリドやデュタステリドは、脱毛要因であるDHTの働きを妨げる作用があるため、それを期待して服用するわけです。

 

しかし、女性の場合、抜け毛や薄毛に影響を与えるほど血中のDHTのレベルが上っていることは稀なため、効かないケースがほとんどとなっています。

 

→ 効かない可能性が高いのに副作用の心配はあるので、服用するメリットはないですね。

 

  • ※1 プロペシア以外にもジェネリック医薬品としてフィンペシア、エフペシア、フィナロなどがある。
  • ※2 女性型脱毛症 「FPHL - Female Pattern Hair Loss」 : FAGA、休止期脱毛(びまん性脱毛症も含む)。

 

妊娠〜授乳中に医薬品の育毛・発毛剤を使用したい場合

 

婦人科の先生は髪の毛専門ではないため、もし育毛・発毛剤に関して相談したい場合は、薄毛治療専門のクリニックをおすすめします。

 

女性専用のクリニックも徐々に増えていて、無料カウンセリングも実施しています。

 

ミノキシジル育毛剤やパントガールの処方もしてもらえるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは
≫ 女性の薄毛専門のクリニックまとめ(無料カウンセリングあり)

 

女性用に開発された抜け毛・薄毛対策薬・サプリ

 

抜け毛抑制剤「パントスチン」

 

有効成分であるアルファトラジオールの作用により、脱毛要因「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を阻害。

 

プロペシア(フィナステリド)と同じような作用機序が期待でき、効果がマイルドなため、妊娠・胎児への影響など副作用の心配はほとんどないと言われています。

 

 

詳細は ≫ パントスチンの効果・適応症状について

 

女性用の飲む育毛剤「パントガール(Pantogar)」

プロペシアのような副作用の心配もなく、女性のびまん性脱毛症などに有効とされている、内服タイプの育毛剤が「パントガール」です。

 

詳細は ≫ パントガール(Pantogar)-女性用の飲む育毛剤

 

※今のところ副作用の報告はないパントガールですが、一般的には、

妊娠初期〜妊娠中期の使用はNG、妊娠後期(8カ月から〜)に入ってからの服用が推奨されています。

 

また、出産後・授乳中の摂取についても、授乳期を終えてからの服用が推奨されています。

 

育毛サプリ「ルグゼバイブ(Luxevive)」

 

パントガールに似た配合成分の育毛サプリメント。

 

比較的新しい製品のため、どの程度の効果が期待できるのかは不明ですが、個人輸入代行サイトの口コミ数が非常に多いので、購入した方や注目している方は沢山いるようです。

 

 

詳細は ≫ ルグゼバイブ(Luxevive)の効果・副作用など

 

追記:プロペシアに関する【よくある質問】

 

プロペシアの服用で期待できる薄毛改善率ってどのくらい?

 

上述のようにプロペシア(フィナステリド)の女性の服用は非推奨ですが、その点は考慮しない一般的な話で言えば、

 

国内の臨床試験の成績では、プロペシア1mgの1年間投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が確認されています。

 

この臨床データを見る限りでは、投与期間が長いほど改善効果が現れやすいようです。

 

ただし、臨床データには「軽度な改善」も含まれているため、改善効果 → 髪の毛がフサフサになる、というわけではありません。

 

ですので、育毛・発毛に対して少しでも良い影響を与える可能性と考えたほうが良いと思います。

 

プロペシアは前頭部に効かないって本当?

 

効かない、という正式な臨床データは存在しませんが、

 

関連する掲示板の書き込み、薄毛治療や植毛クリニックの医師の話を見る限りでは、前頭部の生え際への効果は頭頂部・つむじ付近と比べて効果が現れにくい傾向があるようです。

 

 

関連記事