育毛に良いのはどれ?白米・玄米・発芽玄米【栄養比較】

 

ネットや書籍で時々見かける、育毛には白米よりも玄米のほうがいい。玄米より発芽玄米のほうがいい。という情報は本当なのか?それぞれの栄養成分を比較してみました。

 

140g(※)当たりの主要な栄養成分

 

※お茶碗1杯・普通盛り、炊いた後のご飯

 

表の数値は、文部科学省の「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」を参照しました。
(参照データーでは100g当たりの数値でしたが、以下の比較表では、一般的なお茶碗1杯分:140g当たりで再計算した数値を採用しています)

 

  • 赤文字 → 髪の毛の成長・育毛で重要視されやすい栄養成分
  • 黄色マーカー → 赤文字項目で数値が一番大きいもの

白米 玄米 発芽玄米
エネルギー 235.2kcal 231kcal 233.8kcal
 三大栄養素
タンパク質 3.5g 3.9g 4.2g
脂質 0.42g 1.40g 1.96g
炭水化物 51.94g 49.84g 49.0g
 ミネラル
ナトリウム 1.4mg 1.4mg 1.4mg
カリウム 40.6mg 133mg 95.2mg
カルシウム 4.2mg 9.8mg 8.4mg
マグネシウム 9.8mg 68.6mg 74.2mg
リン 47.6mg 182mg 182mg
0.14mg 0.84mg 0.56mg
亜鉛 0.84mg 1.12mg 1.26mg
0.140mg 0.168mg 0.154mg
マンガン 0.490mg 1.456mg 1.302mg
 ビタミン
ビタミンE 不明 0.70mg 0.42mg
ビタミンB1 0.028mg 0.224mg 0.182mg
ビタミンB2 0.014mg 0.028mg 0.014mg
ビタミンB6 0.028mg 0.294mg 0.182mg
ナイアシン 0.28mg 4.06mg 2.80mg
葉酸 4.2μg 14μg 8.4μg
パントテン酸 0.35mg 0.91mg 0.50mg
ビオチン 0.7μg 3.5μg 数値なし
 その他
食物繊維 0.42g 1.96g 2.52g
水分 84g 84g 84g

 

比較してみた結果

 

上の比較表の「育毛で重要視されやすい赤文字項目」と「一番数値が大きい黄色マカー」を見る限りでは、白米より玄米・発芽玄米のほうが育毛には向いていそうです。

 

また、健康面ではより良いと言われることが多い発芽玄米ですが、赤文字項目に関しては玄米のほうが数値は良かったです。

 

この結果から、抜け毛予防や薄毛対策など、育毛に良い影響を与える可能性で優劣を付けた場合は、白米 < 発芽玄米 <玄米となり、さっそく通販で「山形県産はえぬき玄米30kg」を注文しました!

 

私が購入した時の「楽天市場 玄米ランキング(週間)」
  1. 山形県産はえぬき玄米30kg(8,980円)
  2. 千葉県産 コシヒカリ玄米30kg(8,790円)
  3. 茨城県産コシヒカリ玄米30kg(8,800円)

(すべて送料無料でした)

 

 

補足:発芽玄米とは?

玄米をわずかに発芽させたのが発芽玄米です。発芽の際に眠っていた酵素が活性化し、出芽のために必要な栄養を玄米の内部に増やしていきます。そのため、玄米よりも栄養価が高いのです。さらに硬い糠もやわらかくなるため、白米と同様に手軽に炊飯できます。発芽玄米のポジションは下記の通りです。

 

引用元:発芽玄米とは?効果・効能