育毛シャンプーと育毛剤の役割について

 

抜け毛・薄毛など髪の毛のトラブルで悩む女性が増えるにつれ、シャンプーや育毛剤など、頭皮ケア・ヘアケア用品が続々登場してきています。

 

需要的には、シャンプーが一番多いですね。

 

頭皮ケアを意識したシャンプーといえば、アミノ酸系やノンシリコン、オーガニックシャンプーですが、最近では、抜け毛予防や薄毛対策を強く意識した「育毛シャンプー」も増えてきています。

 

この育毛シャンプーの効果についてですが、どんな効果を求めて購入したのかによって、口コミでの評価も大きく違っています。

 

育毛シャンプーに直接的な薄毛改善を求めると、「効果なし!」となってしまいます。

 

口コミサイトで育毛シャンプーの書き込みを読んでみると、「全く効果がない!」という人が多くなっています。これは、育毛シャンプーに髪が生える効果を求めてしまっているからだと思います。

 

ここで確実に言えることは、「育毛シャンプーに髪を生やす直接的な効果はない」ということ。

 

専門家に聞いてみました

「育毛シャンプー」という呼び名が誤解を与えているのだと思いますが、育毛剤や発毛剤と同じような効果を求めると、期待はずれに終わります。

 

シャンプーの役割は、育毛しやすい頭皮環境を整える・清潔に保つためのもので、育毛・発毛は育毛剤の役割です。

 

毛穴に皮脂が詰まった状態で育毛剤を塗布しても、成分が毛根まで浸透しないので、効果を発揮できません。そうならないために、シャンプーは重要な役割を担っています。

 

育毛シャンプーを継続的に使用することによって、乱れていた頭皮環境が改善し、その結果として、抜け毛が減り薄毛が改善する、という間接的な効果という認識が正解です。

 

一般的なアミノ酸系やノンシリコンシャンプーとほぼ同等の効果と覚えておいたほうが余計な期待が減ります。

 

まとめ

 

育毛シャンプーは、育毛・発毛効果の面では、一般的なシャンプーと大差はない。

 

あくまでも頭皮環境を清潔に保つためのもの。

 

薄毛改善を目指すなら、育毛シャンプーではなく育毛剤を選択しましょう!

 

≫ 最新の女性用育毛剤ランキング

 

追記

 

シャンプーと育毛剤、コストのかけ方について。(併用が前提の場合)

 

女性用の育毛シャンプーの相場が概ね3千円〜5千円。

 

ここにお金を費やすなら、育毛効果の高い育毛剤に回したほうが断然コスパ(薄毛改善効果)は高くなります。

 

医薬部外品で効果が高いと評判の女性用育毛剤の相場は、5千円〜1万円(1ヶ月〜1ヶ月半分)。定期コース選択で割引適用などのサービスを利用すると、概ね4千円〜6千円程度です。

 

≫ 高い効果が期待できる女性用育毛剤

 

シャンプーに高価な育毛シャンプーを選んでしまうと、育毛シャンプー約4千円+育毛剤約5千円で9千円程かかってしまいます。

 

そのため、費用と効果のバランスを考えると、シャンプーは頭皮に負担をかけない洗浄成分を意識したうえで、市販の1000円〜2000円のもので十分です。

 

 

抜け毛が多い・薄毛が進行しているということは、今お使いのシャンプーが頭皮にあっていない可能性もあるので、できれば違う商品に変更したほうが良いです。


 

シャンプー前にお湯でしっかり予備洗いをして(最低でも1分)、泡立てたシャンプーで頭皮をやさしく洗浄。その後に、シャンプー成分が毛穴に残らないように、十分に時間をかけて洗い流しましょう(理想は3分程度)。

 

 

お風呂の浴槽につかって毛穴を開かせた後に洗髪をしたほうが、頭皮汚れが落ちやすいです。


 

ドライヤーで7割程度乾かした後に育毛剤を塗布します。1〜2分程度、成分が浸透するのを待ってから、指の腹や頭皮用のブラシでやさしくマッサージします(血行促進効果)。

 

 

塗布してすぐに頭皮をモミモミすると、せっかく毛穴に浸透しようとしている成分を掘り出してしまうという専門家の見解もあります。ですので、頭皮マッサージは育毛剤を塗布して数分経ってから行いましょう。

 

また、育毛剤が髪についてしまってドライヤーをかけたい場合も、育毛剤の成分がしっかり浸透するのを待ってから。塗布してすぐに熱風をあててしまうと、せっかくの有効成分が蒸発してしまいます。