薄毛が気になる場合の「長い髪のデメリット」

 

抜け毛や薄毛が気になっている場合、髪の毛が長いと様々なデメリットがあります。

 

基本的な情報として、ショートよりロングのほうが毛髪自体の重さがあり、また、ロングヘアーのほうが重さや髪型で常に引っ張られた状態にあります。

 

長い髪のデメリット(短い場合と比較して)
  • 重さに耐え切れず、弱った髪が自然に抜けやすい
  • 頭皮が引っ張られて血行不良を起こしやすい
  • 洗髪時に頭皮地肌が洗いにくい
  • シャンプー剤の洗い残しが多くなる
  • 頭皮や髪に負担がかかるドライヤーの使用時間が長く必要
  • 髪の毛を乾かすことばかりに意識がいき、頭皮が湿った状態のまま → 雑菌が繁殖しやすい
  • ブラッシングの時に髪が絡まり、無意識に抜いてしまいやすい

 

パッと思い浮かんだだけでも、こんなにデメリットがありました。

 

ロングヘアーだと薄毛になるの?

 

ロングの人でも薄毛になる人とならない人がいますが、ロングだから薄毛になる訳ではなく、頭皮環境や毛髪自体が弱っている状態だと、重さや引っ張る行為で抜けやすいというのが一番の要因です。

 

実際にロングからショートにしてから抜け毛が激減した!という方は、とても多いです。

 

これは、まだ抜ける予定ではなかった成長期の髪の脱毛が減ったこと、抜け毛の本数は同じでも短い髪のほうが少なく見えることなどが要因となっています。

 

抜け毛が多いと感じるだけでもストレスを感じて、それがまた抜け毛の原因となる悪循環に陥るのを防ぐだけでも、相当なメリットと言えます。

 

ショートヘアーの方がいいのは分かるけど…

 

ただ、ショートのほうがいいと分かってはいても、自分に合う髪型が見つからなかったり、短くすると余計に薄毛が目立つんじゃないの?という不安も当然でてきますよね。

 

確かに、ショートにもデメリットは色々とあります。それでも、思い切って短くしてしまったほうが経験上から言っても良いことが多いと思います。

 

管理人の経験談

 

私の場合は、長い髪の頃は髪型で薄毛を隠すことばかり一生懸命になっていました。

 

風が吹いている日は外に出たくなかったですね…
風とか光とか角度とか全てが敵に思えてました。

 

そんな状態でずっと薄毛(分け目がスカスカのハゲ状態)を「隠して」きたのですが、あるときフッと短く切る決心がつきました。特に悩まず突然に。

 

この時の心境は「隠すことに疲れたから」、単純にそれだけでした。

 

毎日毎日、薄毛のことばかり考えている自分に嫌になったのです。(色んな意味で、このままでは幸せになれないと思いました)

 

なので、薄毛をカミングアウトするつもりで、美容院で相談して短く切ってもらいました。

 

二の腕くらいまで伸びていた髪をバッサリ!
切ってみて初めに感じたのは、髪の毛のボリューム感でした。

 

今までは重さで引っ張られてペタッとなっていた髪が、短くなって立ち上がりが良くなったおかげです。

 

この時の頭頂部の地肌透けは相当やばかったので、初めのうちは外出時のみトップピースを利用しました。

 

トップピースは頭頂部(分け目・つむじ周り)の薄毛を隠したり、ボリュームアップ目的で使用する部分ウィッグです。

 

分け目があるタイプの方が余計なことを気にしなくて楽なので、画像のような分け目付きでつむじ付近〜前頭部まで覆ってくれるタイプを使っていました。(画像はサンプル)

 

オーダーメイドで高品質のものを作ってしまうと、ずっとそれに頼りたくなりそうだったので、ネットで見つけた約8000円のものを使用していました。

 

髪の色や髪質をピッタリ合わせたい場合は完全オーダーメイドになり、3万円〜5万円くらいが相場のようです。(人工毛ではなく人毛や医療用だと10万円以上するものも)

 

※「ふりかけ」と呼ばれるような、スプレーや粉で薄毛を隠す増毛アイテムも使ってみました。

 

私の場合は分け目が完全にパカっと幅広く割れているような状況だったので、ふりかけでは自然な仕上がりにはなりませんでした。

 

ある程度の毛量を確保できる場合は使えますが、生え際やパックリ割れた分け目など、地肌が完全に露出している場合はウィッグのほうが有効だと思います。

 

その後、本格的に育毛ケアを開始

 

ウィッグで隠すばかりでは今までと一緒なので、育毛剤で本格的に育毛ケアを開始しました。

 

髪をバッサリ切って気持ちが前向きになった効果も相当あったと思いますが、育毛剤による頭皮ケアで分け目が目立たないまでに改善することができました。

 

恥ずかしくて一番ひどい時の写真は撮っていなかったので、頭皮ケアをはじめて3ヶ月後くらいと6ヶ月経った頃を比較した写真が以下。

 

 

(ビフォアーの3ヶ月前はもっと分け目が広く見えていて、指先で地肌を触ってもツルツルに近い状態でした。)

 

照明にちょっと差はありますが、分け目の広さと目立たない感じはかなり改善していると思います。

 

これは、新しく生えてきた産毛が地肌を覆っている影響が大きく、それと抜け毛が減ったので単純に毛量が増えたことも要因です。

 

女性の薄毛の原因は多岐にわたると言われているので、私と同じようなケアをしたからといって同じく改善するかは分かりませんが、改善する!という前向きな気持ちは大切だと思います。

 

私が使った育毛アイテム

 

女性用の無添加育毛剤「マイナチュレ」

≫ 体験レポートはこちら

 

 

補足

 

「ショートにしたほうが良さそうだけど、自分に似合うかどうか不安…」

 

という方は、髪型をシミュレーションできるアプリを使って、何となくの雰囲気でも確認してみてください。

 

≫ ヘアスタイル シミュレーション【無料アプリ】

 

美容室に行く時に気にしたいこと

美容室でロングからショートにカットしてもらう際に、長さや色を美容師さんにお任せする場合は、

 

→ 普段通りのファッションやメイクでお出かけしたほうが無難です。

 

美容師さんは、メイクやファッションから普段のあなたをイメージしてヘアスタイルやカラーを決めるので(指定する場合は別)、いつもと違う雰囲気で出かけてしまうと、イメージの相違が生まれてしまいます。

 

ですので、美容院で思い切ったヘアチェンジをする場合は、可能な限り「普段通りのファッション&メイク」でお出かけしましょう。

 

関連記事