育毛を成功させるためには必須の考え方とは?

 

薄毛や髪質の変化など髪の毛の悩みを抱える女性は、年々増え続けています。

 

鏡をみて地肌が透けていることに気づいたり、周りの人から薄毛を指摘されたり、抜け毛の量が多くなったり、髪の毛や頭皮環境の異変を実感するキッカケは人それぞれ。

 

「薄毛なんて今までは他人事だったのに…」

 

「昔から毛量は多い方だったから、まさか自分が薄毛になるなんて…」

 

と、薄毛を自覚すると何かしらの対策を取ることになります。

 

シャンプーを変えてみたり、育毛剤を使ってみたり、運動をしたり、頭皮マッサージを始めたり、育毛方法は実に様々です。

 

でも、実際に育毛をはじめてみると、だいたいの人は上手くいかないはずです。

 

育毛に成功する人と・失敗する人の考え方の違い

 

思ったような育毛効果が出ない理由として、まず一番多いのが、育毛に必要な期間を把握していないことがあげられます。

 

規則正しい生活(食事・睡眠・運動)をして、育毛剤も使って、頭皮マッサージもしっかりしているのに、抜け毛は減らないで薄毛は進行するばかり…

 

このような状態になってしまうと、ケアの方法が間違っているかも?と不安になり、手当を止めてしまう方が多いかと思います。

 

また、努力しているのに改善しない!という思いがストレスになってしまいます。

 

もし半年以上経っても何の変化もなく、薄毛の症状が進行していくのなら、自己ケアは中止して、一度、病院で診断してもらったほうが良いでしょう。

 

もったいないのが、1ヶ月〜2ヶ月程度、自分なりに丁寧に頭皮ケアを続けたのに結果がでない!やーめた!と諦めてしまう人です。

 

育毛とヘアサイクルの関係

 

育毛を成功させるためには、ヘアサイクル(毛周期、髪が生えて成長して抜けるまでの期間)の考え方がともて重要になります。( ≫ ヘアサイクルの詳細

 

シャンプーを見直したり育毛剤を使用しても、目に見えてすぐに効果が現れるわけではなく、6ヶ月前後(個人差あり)のタイムラグがあった後に効果を実感します。

 

今、抜け毛が増えたり、薄毛が進行しているのは、数ヶ月〜半年前の間違った頭皮ケアや不規則な生活習慣、ストレスの影響が表面化しているためです。

 

ヘアサイクルを考慮すると、過去のケア不足を取り戻すのは不可能です。

 

ですので、これから先(一般的に3ヶ月〜6ヶ月後)の頭皮環境や髪の毛のために、丁寧な頭皮ケアを諦めずに継続する!という考え方が育毛を成功させるためには必須です。

 

育毛を成功させるには時間が掛かるので、焦って早い効果を求めると、それがストレスとなり症状を悪化させる原因になってしまいます。

 

育毛のケア方法で不安のある方へ

 

今、実践しているケア方法をやり続けて、本当に薄毛が改善するのか?と心配な方は多いかと思います。

 

一つ一つ、その方法はいい・ダメと考えていってもキリがないので、正しいケア方法について重要な考え方を書かせて頂きます。

 

それは、

 

身体と頭皮は繋がっています。同じ血が流れています。健康な髪の成長に必要な栄養や酸素は、血流によって運ばれます。よって、血流が悪くなると頭皮トラブルも多くなります。

 

血行不良を起こす原因は多岐にわたりますが、不健康な生活習慣はすべて血をドロドロにして血流を悪くする可能性があります。

 

逆に考えると、健康的な生活を心がける=血のめぐりが良い=頭皮にも栄養が届く=健康な髪が育つ、という育毛の好循環が生まれます。

 

結局、育毛は難しく考える必要はないのです。

 

タバコやお酒は育毛に悪い?と思ったら、身体に良いことかを考えれば答えは出るはずです。

 

 

伝えたかった事のまとめ

 

身体に良いことは頭皮にも良い影響を与えて、育毛の成功につながる。

 

そして、短期間で薄毛を改善しようと焦らずに、最低でも6ヶ月間は頭皮ケアを継続してみましょう。

 

育毛は楽なことではないです。でも、6ヶ月後〜1年後のフサフサしたボリュームのある髪のために、いま大変なことは我慢して我慢して、諦めずに、前向きに、頭皮ケアを続けましょう!

 

きっと良い結果が待っているはずです。