女性の薄毛治療の現状について

女性の薄毛治療

 

女性の薄毛治療や発毛治療については市販の育毛剤などに比べると医療機関での対応は男性ほど盛況ではないかもしれません。

 

しかし確実に需要がある分野ですので今後は確実に発展していくでしょうし、実際女性向けの薄毛外来も登場しています。

 

薄毛治療の専門クリニックでいえば、男性の治療だけでなく女性の薄毛治療も受け付けている旨を宣伝していたり、女性外来を併設するクリニックも多くなりました。

 

中には女性専用の薄毛クリニックを開院している所もあります。(≫ 詳細はこちら

 

女性は男性用の治療薬が使用できなかったり制限を受けることがありますが、現状ではどういった治療がなされるのでしょうか。

 

頭皮環境の改善施術

 

クリニックにもよりますが、一般的なサロンやヘッドスパ等でも行われることがある頭皮環境の改善施術が一つあります。

 

専用の洗浄剤を使って毛穴をクリーンにし、プロの施術者の技術で皮脂や汚れを揉みだします。

 

炭酸泉による血行促進を行うところもあります。

 

施術料金は概ね数千円程度ですが、専用のシャンプーなども数千円で購入することができます。

 

副作用はまずありませんが、薄毛改善の効果はあまり高くない施術と言って良いと思います。

 

どちらかというと薄毛の予防のためと考えた方が良いでしょう。

 

投薬治療

 

本格的な薄毛には治療薬の使用が必要になります。

 

男性が使用するフィナステリド製剤は女性は使用できないので、内服薬としてはパントガールなどの治療実績のある治療薬が処方されます。

 

ミノキシジル製剤は使用は可能ですが濃度が高い物は使えません。男性では内服タイプのミノキシジルが処方されることがありますが、こちらも女性は安全面から処方するのは難しくなります。

 

女性用の濃度の低いミノキシジル外用薬が処方されるのでこれを使用することになります。

 

クリニックによって、また処方される薬剤によって異なりますが、おおよそ一か月の治療費として2万円前後の料金になるでしょう。

 

メソセラピー

 

投薬治療と相性がよく効果が高まる育毛メソセラピーという治療法もあります。

 

有効成分を配合した治療薬のカクテルを直接頭皮に注入して毛根細胞の活性化を図る方法です。

 

クリニックによって採用している治療成分の中身は違いますが、多くは成長因子と呼ばれる特殊な成分を配合しています。

 

細胞の種類ごとに細胞分裂や成長を促進する効果があります。

 

投薬治療と併用することで高い効果を生みますが、体質や持病で治療薬が使えない方の代替療法としても選択できます。

 

メソセラピーで使用する薬液カクテルにはクリニックによって独自の配合をするため、成長因子の種類や数がそれぞれ異なります。

 

料金はクリニックによって異なりますが、概ね一回6万円〜7万円です。通常これを6か月ワンクールとして行います。

 

植毛治療

 

植毛治療は女性でも受けることができます。

 

女性は男性のように一部に薄毛が集中してできることはあまり多くありませんが、例えば分け目がどうしても気になるといった部分的な植毛の治療も可能です。

 

特に有効なのは生まれつき髪の毛が生えていないオデコ・生え際などがコンプレックスなどという場合に、永続的に髪が生え変わるようにできるのが強みです。

 

また怪我など外傷性のハゲに対する治療は植毛しか選択肢がないので、これも適用効果が高い治療になります。

 

植毛は外科的手法ですので少なからず体への侵襲があります。

 

負担が少ない方法も開発されていますが、ダウンタイムがあることは覚えておきましょう。

 

料金は移植箇所や施術方法によって異なりますが、ごく狭い範囲であれば数万円〜20万円程度で試すことも可能です。