女性ホルモン減少による薄毛を改善するために

 

髪の成長に密接な関わりを持つ女性ホルモンは、ちょっとした意識からでも増やすことができます。

 

 

以下では、女性ホルモン剤の投与や薬の服用などの補充療法ではなく、日常のなかの生活習慣の見直しや心のありようで女性ホルモンを増やす・安定させる方法を解説しています。


ときめくような恋をする

恋による「ときめき」は女性ホルモンの分泌を増やし、お肌のハリ・ツヤが良くなったり、何かと身体に好影響を与えます。

 

これには気分的なことも関係していて、恋をしていて毎日が楽しい!と思えると(片思いなど辛い恋愛もありますが…)、仕事や日常生活での嫌なことを忘れられる効果もあります。

 

ただし、薄毛が気になってくると自分に自信が持てず「恋愛に踏み込めない」という方が多いのも事実です。

 

この、薄毛の影響で恋愛できない悩みを乗り越えるためには、

  1. 薄毛を気にしないようにする
  2. 育毛剤などで薄毛を改善する

の2択だと思います。

 

1つ目の「気にしないようにする」ことは、薄毛の進行度や個人の性格によっても難しいケースが多いです。その場合は、まずは薄毛の改善に専念することを優先しましょう。

 

薄毛を治すための頭皮ケアは、中途半端に何となく実践するのではなく、「半年」など自分で期限を決めて徹底することが大切です。

 

その間は恋愛のことは忘れるくらいの覚悟をした方が良いでしょう。

 

※女性ホルモンを増やす「ときめき」は、リアル生活以外のドラマ・本・芸能人などでも可能です。

 

好きな男性アイドルをテレビで見るだけでも「ときめき」を感じるはずです。恋愛ドラマや小説のときめくようなストーリも同じく、女性ホルモンを安定させる効果があります。

 

夜10〜深夜2時の間は睡眠をとる

髪の毛が成長する時間帯として有名なので、ご存じの方も多いかと思いますが、この夜10〜深夜2時はホルモンバランスを整えるためにも大切な時間帯です。

 

この時間帯に起きている女性は、男性ホルモンの分泌が活発になると言われており、お肌や髪の毛に大きな悪影響を与えます。

 

ホルモンバランスを整えるためにも、夜10〜深夜2時は少しでも多く睡眠をとる意識を持ちましょう。

 

毎日の生活で「楽しい!」と思えることを増やす

楽しさや達成感、ワクワク・ゾクゾクなどを感じる行為は、「快楽を感じるドーパミン」や「幸せ・癒やしを感じるセロトニン」といったホルモンの分泌を促します。

 

そのドーパミンやセロトニンの影響を受けて、女性ホルモンの分泌も増えると言われています。

 

ですので、楽しいこと・ワクワクすることを毎日の生活のなかで見つけることによって、ホルモンバランスの安定化につながります。

 

プライベートでも仕事場でも、イライラしてストレスを感じることは多いと思いますが、何事もボジティブに捉えることで毎日の生活は楽しくなります。

 

最後に

 

薄毛を気にしすぎて塞ぎがち・消極的になってしまうと、ストレスを感じたり・ホルモンバランスへも悪影響を与えてしまうので、相談できる相手を見つけたり・没頭できる趣味を見つけたりして、少しでも薄毛で悩んでいる時間を減らしていきましょう!