「湯シャン」って本当に効果あるの?

 

頭皮環境や抜け毛・薄毛を気にしている女性の間では割と有名な「湯シャン

 

意味は読んでそのまま、シャンプーやトリートメントなどを使わずに、ぬるいお湯や水だけで髪・頭皮の汚れを落とす洗髪方法を指します。

 

湯シャンの目的・効果とは?

 

シャンプーを使用せずに水やお湯だけで洗髪する目的は、頭皮地肌の皮脂を洗い流し過ぎないことが一番です。

 

皮脂の働きには、頭皮を空気中の汚れや細菌、紫外線などの刺激から守ってくれる「バリア機能」があります。

 

しかし、石油系界面活性剤などの洗浄力が強すぎるシャンプーで洗髪すると、皮脂膜や常在菌を必要以上に落とし過ぎてしまい、その影響でバリア機能が弱まってしまいます。

 

頭皮のバリア機能が弱まると、細菌や紫外線の影響を受けやすくなり、頭皮の乾燥や炎症、フケや痒みなどの頭皮トラブルの原因に。

 

乾燥やフケなどの頭皮トラブルは、頭皮環境を悪化させます。すると、ヘアサイクルの乱れへとつながり、髪の毛の成長にも影響を与えます。

 

ヘアサイクルが乱れると、毛髪が十分に育たなくなり、短い・細い髪の毛が増えたり、大量の抜け毛に悩まされることに。

 

さらに症状が悪化すると、取り返しのつかない薄毛へと発展してしまうこともあり得ます。

 

湯シャンの効果は、上述の悪循環を防ぐことにあります。

 

皮脂を適度に残し、本来のバリア機能を取り戻すことで、正常な頭皮環境に改善。抜け毛やフケ・痒みなどの頭皮トラブルも徐々に減っていきます。

 

また、皮脂分泌の仕組みを考えると、皮脂を洗い流し過ぎてしまうと、その分を補おうとして新しい皮脂をさらに分泌しようとします。

 

皮脂を分泌する際にはエネルギーが必要になるため、髪の成長に必要な分の栄養素が(皮脂分泌の時に)奪われてしまいます。

 

そうすると、頭髪を育てる毛母細胞が栄養不足の状態に陥ってしまい、髪の毛の成長が不十分に。

 

湯シャンにより適度な皮脂を残すことによって、この栄養不足も改善され、頭皮や毛根が活性化します。

 

頭皮や毛根が健康な状態になると、太くて元気な髪の毛が生えやすくなり、抜け毛予防や薄毛対策へもつながっていきます。

 

湯シャンに合う・合わないってあるの?

個人差はありますが、皮脂の分泌が活発な若い世代の人は湯シャンが合わない傾向にあります。(お湯だけでは皮脂を落としきれないため)

 

逆に、加齢とともに皮脂の分泌が減り、頭皮が乾燥しやすくなってきた方は、シャンプーの洗浄力は強すぎるので、湯シャンのほうが合う可能性大。

 

また、ホルモンバランスによっても皮脂分泌量は変化するので、女性は月経周期に合わせて洗髪方法を使い分けるのも良い方法です。

 

【参考】

  • 月経前 → 皮脂の分泌が高まる
  • 月経期 → 皮脂量が減る
  • 月経後 → バランスの良い時期
  • 排卵期 → 不安定な時期で徐々に皮脂が増え始める

皮脂分泌の多い時期はシャンプーと湯シャン交互、少ない時期は湯シャンだけにするなど、ちょうどいい洗髪バランスを見つけてください。

 

湯シャンに関するブログや掲示板をみると、

  • 痒みがひどい
  • 頭皮の臭いがやばい
  • 逆に抜け毛が増えた

などの書き込みを目にします。

 

基本的に湯シャンが合わない体質というのは無いので、湯シャンによって頭皮環境が悪化した人は、洗髪方法に問題がある場合がほとんどです。

 

そういった人には、以下の情報が参考になるかもしれません。

 

湯シャンの関連アイテム

 

湯シャン専用ローション「すっぴん地肌」

 

 

この頭皮用ローションは、湯シャン後にありがちな「頭皮臭」「かゆみ」「ベタつき」などを解消するための専用アイテムです。

 

≫ 商品詳細はこちら

 

湯シャンの基礎情報

 

お湯の温度が高くなると洗浄力も上がる

 

ある専門家の見解では、お湯の温度が40度以上になると、シャンプーと同レベルの洗浄力を発揮するようです。

 

この温度調整と洗髪の頻度によって、皮脂の落ち具合を上手くコントロールしましょう。

 

すると、痒みや臭いなどの頭皮トラブルの発生も減っていくはずです。

 

頭皮臭がひどい場合は、40度以上のお湯で毎日洗髪。場合によっては1日2回なども試してみる。

 

頭皮の乾燥によるフケ・かゆみが気になる場合は、皮脂を落とし過ぎている可能性が高いので、湯シャン時の温度を35度以下に下げて試してみる。場合によっては2日に1回もあり。

 

ちょうど良い温度や頻度には個人差がでるので、試しながら自分に合った調整が必要になります。一度見つけてしまうと後は楽です。

 

 

湯シャンの適温は35〜37度くらいのぬるま湯。頻度は個人差がありますが、1日1回で試してトラブルがないなら2日に1回。

 

それでも大丈夫なら3日に1回と回数を減らしていく感じでOKです。(あまり間隔が長すぎるのは不潔になるのでNG)

 

※季節によって紫外線の量や空気の乾燥、汗や皮脂の分泌量などが違ってくるので、その都度の微調整も必要です。

 

水道水に含まれている「塩素」の問題

 

水道水には病原菌などを除去・消毒する目的で「塩素」が含まれています。

 

この塩素、頭皮や髪の毛への吸収がとても早く、継続した使用によりどんどん蓄積されていきます。

 

塩素の蓄積は、 頭皮環境やその他の細胞にダメージを与える可能性があり、頭皮・頭髪トラブルを招く一要因と言われています。

 

関連記事
≫ 水道水に含まれる塩素の悪影響

 

対策方法

シャワーヘッドを「塩素除去機能付き」のものに交換する。

 

≫ 塩素を99.9%除去してくれるシャワーヘッド【体験レポート】

 

 

後頭部は念入りに!

 

以前見た雑誌の美容師さん同士の座談会記事に「後頭部をキチンと洗えていない女性が多い」と書かれていました。

 

後頭部〜首のうしろあたりは手が届きにくいところだから、皮脂の洗い残しが多いとか。(男性は生え際や前髪など前頭部の洗い残しが多いらしい)

 

実際に美容室のお客さんの後頭部を洗っていると、皮脂とシャンプーのニオイが混じって、「オエーッ」ってなるそう…

 

座談会に参加している美容師さんみんなが「分かるー!!」って言っていたので、美容師あるあるのようです。

 

後頭部のニオイは自分では気づきにくいもの。知らず知らずのうちに、周囲の人に不快な思いをさせてしまわないよう、「後頭部〜首のうしろ」は意識して入念に洗髪しましょう。

 

追記

 

毎日シャンプーしている状態 → 急に湯シャンだけにするのはNG

 

湯シャンのよくある失敗談として、「急に湯シャンだけにする」があります。

 

シャンプーで1日1回洗髪していた人が次の日から毎日湯シャンだけにしてしまうと、かゆみ・ふけ・ニオイなどの異常がでやすい傾向にあります。

 

理由としては、毎日ずっと続けてきた習慣に頭皮環境が慣れてしまっているため、急に違う方法を実践してもすぐには順応できないのだと思われます。

 

それを避けるためには、徐々にシャンプー剤の使用頻度を減らしていきましょう。

 

 

毎日シャンプー

シャンプー、湯シャンを1日おきに交互に
(これを半月くらい続けて異常や違和感がなければ次へ)

シャンプー、湯シャン、湯シャン、シャンプー、湯シャン、湯シャン

シャンプー、湯シャン、湯シャン、湯シャン、シャンプー、湯シャン、湯シャン、湯シャン

湯シャンだけにしてみる

 

 

 

湯シャンだけだと頭皮の「ベタつき」・「かゆみ」・「ニオイ」が気になる

 

シャンプーを使用して洗髪した場合と湯シャンを比較した場合、頭皮の洗浄力は湯シャンのほうが断然弱いです。

 

そのため、余分な皮脂が残ってベタつきを感じたり、酸化した皮脂が毛穴に詰まってしまうと頭皮臭やかゆみの原因に。

 

→ 毛穴周りが汚れている状態を放置すると、フケ、炎症、抜け毛、薄毛など様々な頭皮・頭髪トラブルを招く可能性があります。

 

対策法

 

毛穴に詰まった皮脂汚れを落とすにはシャンプーを使うのが一般的ですが、湯シャンに興味のある方はシャンプーは避けたいはず。

 

そこでおすすめなのが「オイルクレンジング」です。

 

→ 毛穴周辺に固まってこびりついた脂をオイルで溶かす&浮かしてキレイにするのが目的

 

 

使用するオイルは、ホホバオイル、椿油、オリーブオイルなど頭皮につけても問題ないオイル、そして、余計な化学成分が入っていないオーガニック(自然由来)のものを選んでください。

 

使用方法は簡単です

  • 頭皮や髪の毛の汚れをお湯でサッと流す
  • オイルを頭皮全体に付ける(量などは適当でOK)
  • 軽く頭皮マッサージも交えながら5〜10分放置する(湯船に使ったほうが良い)
  • 浮いた皮脂汚れとオイルを洗い流す(洗浄力をあげるため湯温を少し高くする40度以上)

 

適度な皮脂は健康な頭皮環境を守るために必要なので、オイルクレンジングのやり過ぎはNG。

 

週1〜2回程度で十分です。

 

関連記事
ホホバオイルを頭皮に試してみました

 

 

あわせて読まれている記事

女性の育毛剤選び お役立ち情報