パントガール(Pantogar)

通販で購入したパントガール(Pantogar)インターナショナル版

世界で初めて女性の薄毛の薬として効果が認められた飲むタイプの育毛剤「パントガール (Pantogar)」。海外では30年以上の歴史がある育毛薬で、主にびまん性脱毛症の治療で処方されています。(男性の服用も可)

 

入手方法は、皮膚科や頭髪外来クリニックなどで処方してもらうか、個人輸入代行や通販サイトを利用する2パターンあります。

 

→ 薄毛治療は保険適用外のため、専門機関でパントガールを処方してもらう場合は、1か月分10,000〜15,000円と結構高めです。

 

楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングでの取扱状況

 

パントガールは「偽物」も出回っているようなので、価格の安さだけで選ぶのはリスクがあり、通販サイトで入手する場合は自己責任での購入になります。

 

各通販サイトで検索して確認してみました。
(最終確認日:2017年4月7日)

 

楽天

1店舗だけ取扱あり。ただし、1箱90カプセル入りで税込12960円と価格設定が高すぎる。

 

Amazon

取り扱い無し

 

Yahoo!ショッピング

取扱店舗:2店、90カプセル入りで6100円とかなり良心的な価格設定。(品質やショップの信頼度は不明)

 

2店舗とも海外からの発送となるため(国際便)、到着まで平均10日程度かかるようです。

 

→ Yahoo!ショッピングの取扱店舗は、商品の詳しい説明がありませんでした。そのため、以下で説明する「種類」がどちらなのか不明です。

 

※商品タイトルに含まれている「ドイツ製」や商品画像の「Specific for hair and nails」という記載を見る限りでは、インターナショナル版だと思います。(確証は持てないので心配な場合はショップにお問い合わせください)

 

パントガールの種類

パントガールには「インターナショナル版(スイス製)」と「オーストラリア製(ドイツ市場向け)」の2種類ありますが、日本では圧倒的に「インターナショナル版」の流通量が多くなっています。薄毛治療の専門クリニックなどで処方されるのもインターナショナル版です。

 

※配合されている成分数に違いがあります。

  • インターナショナル版:6種類
  • オーストラリア製:2種類

値段に大幅な差はないので、購入するならインターナショナル版をおすすめします。

 

追記

オーストラリア版は有効成分2種類の他に、7種類の「その他の成分」が配合されていました。(セルロース、ポビドン、タルク、ステアリン酸マグネシウム、シリカ、ゼラチン、着色料 二酸化チタン・酸化鉄)

 

「その他の成分」とわざわざ分けて表記しているので、脇役的な成分なのだと思います。

 

個人輸入・輸入代行

 

個人輸入は手続きや税金など何かと面倒なので、日本の通販サイトを利用するのがおすすめです。(扱い的には、個人輸入代行、並行輸入品、海外直送品になります)

 

薄毛治療クリニック

 

近年、女性専門の薄毛治療クリニックも少しずつ増えてきました。

 

クリニックによっては、パントガールを定価より安く処方してくれたり、無料カウンセリングも実施しているので、一度相談してみるのも1つの選択だと思います。

 

私の知っている限りでは「東京ビューティクリニック」でパントガール7000円(初回)、無料カウンセリングあり。

 

オリジナルのミノキシジル外用薬は濃度5%(市販の濃度上限は2.5%)なので、薄毛の症状がかなり進行している、市販の育毛剤を試したけど効かなかった場合は、無料カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか(要予約)

 

詳しくは
≫ 女性の抜け毛・薄毛専門の病院(無料カウンセリングあり)

 

 

 

パントガールの詳細情報

 

(写真は個人輸入代行の通販サイトで購入したインターナショナル版です)

 

全体の大きさは、ちょうど手のひらに収まるくらいのサイズ

 

1シートに15カプセル×6個、全部で90粒入り(大人は1日3粒なので約1ヶ月分)

 

1カプセルの大きさは海外製にしては小粒で、日本製の風邪薬くらいです。

 

※成分がカプセルに包まれているので、普通に服用する分には無味無臭です。

 

説明書は外国語(たぶんドイツ語?)で書かれているので、内容はまったく分かりません。。

 

〜版によって箱の記載が違うようです

 

私が購入したインターナショナル版には

「Bei Haarausfall und bruchigen Nageln」という記載がありました(写真の赤枠部分)

 

Google翻訳(ドイツ語)での直訳は「とき脱毛と脆い爪」となり、脱毛や爪に作用しそうです。

 

また、同じパントガールでも赤枠部分に

  • Haar- und Nageltherapeutikum(オーストラリア版)
  • Specific for hair and nails(ドイツ製英語版 → インターナショナル版)

のような記載のものが確認できました。

 

(どちらも「髪」と「ネイル」という単語が含まれています)

 

その他、何も記載されていないものもありました。(Amazonの並行輸入品の商品写真)

 

パントガールの有効成分

▼インターナショナル版

  • D-パントテン酸カルシウム 60 mg
  • L-シスチン 20mg
  • ビタミンB1
  • 薬用酵母
  • ケラチン
  • パラアミノ安息香酸
  • E132色素

 

どれも健康な髪の成長に欠かせない成分です。

 

薬用酵母はビタミン・たんぱく質・消化酵素などを含み、栄養補給として使われるもので、普段の食事から摂取することはありません。

 

その他は、バランスの良い食事を心がけていれば十分補える成分です。

 

 

 

▼オーストラリア版

  • パントテン酸カルシウム 60 mg
  • L-シスチン 220 mg

その他の成分

  • セルロース
  • ポビドン
  • タルク
  • ステアリン酸マグネシウム
  • シリカ
  • ゼラチン
  • 着色料 二酸化チタン・酸化鉄

 

インターナショナル版とオーストラリア版で大きな違いを発見しました。

 

赤字の「L-シスチン」の配合量です。20mgと220mg、10倍以上の差があります。

 

※パントガールを販売しているサイトを複数確認しましたが、各サイトとも同じ数字だったので表記ミスではないと思います。

 

L-シスチン → 皮膚や毛髪、爪に多く存在するアミノ酸の一種。

 

期待できる効果は?

 

健康な髪の毛の成長に必要な成分を沢山含んでいるため、「栄養補給」という効果は見込めます。

 

ただし、配合成分的にみると、薬というよりサプリメントに近いので ≫ 外用の育毛剤 と併用するのが一般的です。

 

  • 短期間で抜け毛を減らしたり、発毛を促進するような即効性はありません
  • 3か月以上、できれば6か月〜1年ぐらいは服用することが推奨されています

 

個人輸入代行や通販サイト経由で購入すれば6000円程度で入手できますが、6か月〜1年服用し続けると合計額はかなりいきます。

 

ですので、「余裕があれば試してみる」というサブ的な考えのほうが良いと思います。(メインは外用の育毛剤)

 

副作用の心配は?

 

成分的に栄養補給のサプリメントと一緒なので、これといった副作用は報告されていません。

 

ただし、女性の薄毛の悩み掲示板やQ&Aをみていた時、「パントガールで初期脱毛」というような書き込みを目にしました。

 

配合成分的に考えると、ミノキシジルのような医薬品育毛剤と比べて初期脱毛の症状は起きにくいと思います。

 

理由

パントガールは、髪や爪の成長に良い影響を与える栄養素をバランス良く含む栄養補給サプリメントに近い存在です。そのため、異常脱毛を招くような強い作用は考えにくい。(と言われています)

 

でも、書き込みの内容は「パントガールを飲み始めた後に抜け毛が増えた」という内容だったので(数人)、個人差で可能性はあるのかもしれません。

 

好転反応?それとも異常な反応?

 

育毛剤や育毛サプリメントの使用後に抜け毛が増えてしまった場合、その症状が「好転反応」なのか「異常な反応」なのか、判断するのは非常に難しいです。

 

特に、抜け毛が増えやすい秋〜冬にパントガールを服用しはじめた場合、抜け毛が増えた → パントガールの副作用、と判断しがちです。

 

1つの目安として、

 

抜け毛が増えただけでその他に気になる症状がない場合は、「好転反応」、または、季節性・過去に受けたストレス・生理など一時的なホルモンバランスの乱れの可能性が高い。

 

育毛剤の使用により頭皮にかゆみ・かぶれ・炎症・赤みなどの異常がでたり、サプリメントの服用により吐き気や頭痛など脱毛以外の体調不良が起きた場合は「異常な反応」の可能性が高くなります。

 

後者の場合は、使用・服用をすぐに中止し、症状がひどいようであればお医者さんに診てもらいましょう。

 

関連記事
≫ 女性のひどい抜け毛・薄毛の悩み、病院に行くなら何科?

 

妊娠中の服用

 

妊娠中の方は、妊娠後期以降の服用が推奨されています。

 

病院で相談してから服用するのが良いでしょう。

 

詳細 ≫ パントガールは妊娠中・授乳中でも服用できますか?

 

飲み方

 

成人は朝・昼・夕に1カプセルずつ、少量の水で服用します。

 

食前・食後の指定は特にありませんが、空腹時は胃液の分泌量が少ないため、胃腸にかかる負担は大きくなります。

 

食後や食中は胃腸の働きが活発になっているので、サプリ成分の吸収率も高く、空腹時のような負担もかかりません。

 

なので、可能であれば食後食中の服用をおすすめします。

口コミでの評判は?

 

パントガールの口コミでよく目にする「まったく効果がなかった」や検索キーワードの「パントガール 効果ない」などは、目に見える育毛効果を期待した人の感想だと思います。

 

あくまでも掲示板の書き込みの範囲ですが、育毛・発毛効果の有無でみると、7〜8割の人が「効果なかった」と嘆いていました。

 

製薬会社の臨床試験結果と実際に服用した人が感じた効果のギャップ

 

パントガールを製造販売しているMerz Pharmaceuticals社の臨床試験結果によると、3ヶ月間の使用で70%の女性の抜け毛が減少し、20%の方はほとんど抜け毛がない状態まで改善したそうです。

 

製造販売元の臨床試験では7割の人に効果が見られた。

 

でも、私が今まで見た日本のネット掲示板などの書き込みでは、7〜8割の人(アバウトな数字)が効果を感じていない。真逆の結果になってしまっています。

 

この違いは何によるものなのかは不明ですが、パントガールに限らず、「臨床試験結果と実際に使ってみての効果では、ギャップが生じる可能性がある」ということを頭の片隅に留めておいてください。

 

「効果なし」という人が多いのはなぜ?

 

この理由は3つあります。(個人的な見解)

 

1つ目は、薄毛の原因が栄養不足以外にある場合

 

パントガールは髪の成長に必要な栄養をバランスよく補給するサプリメントのようなもの。

 

そのため、薄毛の原因がホルモンバランスの乱れ、何かしらの病気の影響、親からの遺伝、などの場合には効かない可能性が高くなります。

 

2つ目は、サプリの成分が毛乳頭に届いていない可能性

 

普段から栄養摂取状況が悪く(ダイエット、偏った食事など)、カラダの機能維持に必要な栄養が足りていない場合は、パントガールを服用しても、髪を育てる毛乳頭に栄養が届く前に、生命活動で優先順位の高い器官に消化されてしまう。

 

このケースで多いのは、「なんとなくカラダの調子は良くなった、けれど、抜け毛の本数や薄毛の症状は改善されない」というい症状。

 

単純に考えて、服用したサプリの栄養が頭部に届いていないのだと思われます。

 

3つ目は、血流不足の影響で栄養が毛乳頭に届いていない可能性

 

女性の薄毛の主な原因でもある「血行不良」。髪の成長に必要な栄養や酸素は血液によって運ばれているため、血液の流れが滞っていると栄養は十分に補給されず、髪の毛の成長も不十分な状態に。

 

血行不良の状態の人が頑張ってパントガールを飲み続けても、思うように頭部に栄養が回らず「効果なし」という結果に終わる可能性が高いと思われます。

 

パントガールを服用する場合、外用の育毛剤との併用がおすすめと言っている理由は、まさにこの問題を解消するためです。

 

医薬品のミノキシジルや医薬部外品の育毛剤のほとんどが「血行促進」を主目的としたもの。

 

内服のサプリで栄養補給+外用の育毛剤で血行促進、この併用は一番効率よく育毛・発毛を促進できる可能性が高く、頭髪専門のクリニックの処方もほとんどがこのパターンです。

 

最初から併用が難しい場合は、外用の育毛剤で頭皮ケアを一定期間続けてみて、十分な効果が現れない場合に、栄養補給目的でパントガールのような育毛サプリメントを併用してみる。という流れがベストだと思います。

 

※上記より、パントガールの服用のみで薄毛改善を目指すのは、時間的にも金銭的にも効率が悪く、あまりお勧めできません。

 

併用する育毛剤選びは血行促進力の高さに注目

 

個人的に副作用のある医薬品の育毛剤はおすすめしていなので、医薬部外品の中からの厳選になります。

 

管理人一押しの育毛剤は「 ≫ 花蘭咲(からんさ)

 

高い血行促進作用が認められている育毛特許成分「エビネエキス」を配合した薬用育毛剤です。

 

京都薬科大の調べによると、エビネエキスと他種エキスとの「発毛促進」比較では、1ヶ月の発毛面積で約7倍もの差が!

 

使用開始1ヶ月で大きな変化が現れる方も

使用前

使い始めて1ヶ月後

 

詳細は ≫ 花蘭咲ってどんな育毛剤?

 

女性の育毛剤選び お役立ち情報