産後の抜け毛と病院での診察について

当時の状態

 

抜け毛が気になり始めたのは、30代前半からです。

 

子供を2人産んだ後から、少しずつ髪の毛の傷みが気になり始めました。抜け毛も多くなったように感じ、つむじの辺りが特に薄くなっていました。

 

もともとは、髪の毛のボリュームは多い方でした。毛質は柔らかい細い毛でしたが、毛髪の量は多かったです。ですので、薄毛に悩むとは思ってもみませんでした。

 

私は当時、子供を保育園に預けてパートで働いていました。

 

夫の帰宅は夜遅いので、子供たちに夕飯を食べさせて一緒にお風呂に入り、子供たちを寝かせる毎日でした。

 

私自身は夫の帰りを待っている時もありましたが、翌朝も早く起きないといけないので、夜12時までには布団に入りました。

 

私自身は、体に持病などはなく、健康です。どちらかというと体力もある方だと思います。

 

パートも力仕事だったので、運動不足もなく、夜もぐっすり眠っているので睡眠不足でもありません。ただ、入浴時に抜け毛がひどいのは日に日に悪化して行きました。

 

最初はふわっと肩まで伸ばしていたヘアスタイルが、カーラーなどでボリュームをアップしないとぺしゃんこになってしまう位、髪の毛のボリュームが減りました。

 

主人にも、髪のつむじの辺りが薄くなっていると指摘され、ショックでした。自分で触ってみても、頭皮が露出している部分が多いように感じました。また頭皮の手触りも、若い時に比べ、なんとなくごつごつしている感じがしました。

 

そこで一度、お医者さんに診てもらう事にしたのです。

 

医師の診察

 

女性は、産後に抜け毛がひどくなると聞いていたので、最初に自分が出産した産婦人科の医師に相談しました。医師は詳しく私の話を聞いてくれました。

 

血液を採取し、血中の女性ホルモン量を調べてもらいました。

 

産婦人科医の意見としては、産後の抜け毛は、長くても半年から1年で終わるものなので、現在の抜け毛は、今の生活習慣からくるものだと考えられるとの事でした。

 

女性ホルモン量も正常、出産の事は抜け毛とはあまり関係ないという意見でした。

 

自分としては、薄毛になってきている理由も知りたく、「もしかしたらストレス性の脱毛かも」と思い、心療内科を受診しました。

 

心療内科の先生は、「睡眠も十分取れ、食欲もある、という事ですので、精神的には健康です」という結論になりました。

 

心療内科で、「もしストレスなどを感じる事があったら、飲んでください」という事で、精神安定剤を処方されました。

 

その医院では、検査は特に行わず、保険診療の範囲内でしたので、医療費は非常に安かったです。

 

ただ自分としては、安定剤を飲む程のストレスを感じる事が無かったので、他の病院に行ってみようと思いました。

 

最後に行ったのが、皮膚科です。

 

皮膚科で頭皮の状態を見てもらった所、頭皮がうっ血した状態になっているとの事でした。

 

また、毛根が汗などの老廃物で詰まっており、これが薄毛の原因ではないかという事でした。

 

皮膚科では、小さなチューブに入った塗り薬を約10日分、錠剤タイプの栄養剤を1週間分処方されました。

 

塗り薬は頭皮の薄毛の気になる部分に指先で塗りこむような物です。
飲み薬、塗り薬のどちらも、強い成分(ステロイドなど)は入っておらず、栄養成分が多く含有されているとの事でした。

 

頭皮の塗り薬には、殺菌作用のある成分が入っているという説明がありました。

 

現在の状態

 

最終的に、皮膚科でもらった塗り薬を塗り、栄養剤を飲んで1週間経つうちに、頭皮のごつごつ感がなくなってくるのを感じました。

 

皮膚科に何度か通い、頭皮に塗り薬をつけるうちに、頭皮の汚れが落ちたようです。毛根がしっかりしてきて、薄毛が目立たなくなって来ました。

 

自分の薄毛は、汗をかいたり、ほこりにまみれたりした後に頭皮の毛根に汚れが詰まったことが原因だったようです。

 

注意深くシャンプ―をするようにして、よく汚れを洗い流すようにしたところ、地肌の手触りが良くなり、それと同時に抜け毛も減りました。

 

その後、忙しい日でも、シャンプ―だけは入念に地肌をマッサージするように洗っています。

 

現在は、ほとんど出産前の髪の毛の状態と同じに戻っています。

 

産後の抜け毛 関連記事