女性の生え際の薄毛、ファンデーションが原因?

 

近年、髪の毛に悩みを持つ女性が増えています。

 

その中でも多いのが、「前髪・おでこ付近の生え際」や「分け目の地肌透け」による薄毛です。

 

原因としては、不健康な生活習慣やストレス、間違ったヘアケアや負担のかかる髪型、ホルモンバランスの変化や加齢による老化現象など様々ですが、

 

前頭部の生え際が薄くなる・後退していく、という症状では、ファンデーションや洗顔料が毛穴に残留し、それが髪の成長を妨げているという見解もあるようです。

 

抜け毛を防ぐためにもシャンプーはシッカリ洗い流しましょう!というフレーズはよく聞きますよね。

 

でも、薄毛対策のためにもファンデーションや洗顔料はシッカリ洗い流しましょう!とはあまり聞きません。

 

おでこと前髪の生え際の境界付近は、そうとう意識しない限り、ファンデーションや洗顔料が残留しやすく、配合されている化学成分が残留することに。

これが原因ですぐに薄毛になることはありませんが、長い期間をかけ頭皮にダメージを与えることになるため、気づかない間にヘアサイクルが乱れ、少しずつ髪が細く産毛化し、地肌が透けたり、もっと進行するとハッキリ生え際後退が分かる人も。

 

男性でファンデーションを塗る方はあまり居ないはずなので、これは女性特有の薄毛の原因といえます。

 

生え際以外にも頭皮全体で髪の毛が細くなったり、ハリ・コシがなくボリューム不足、分け目の地肌が透けて目立ってきた、などの症状がある場合は、加齢による老化減少や生活環境の影響が考えられるため、原因を断定するのは難しくなります。

 

しかし、前髪の生え際付近だけ薄毛が気になる場合は、洗い残しによる残留さえ改善すれば、徐々に薄くなる前に戻る可能性は高くなります。

 

改善するまでに必要な期間ですが、髪の成長にはヘアサイクルがあるため、正常にもどるまでには3ヶ月〜6ヶ月はかかります。

 

少しでも早く頭皮環境を改善し、髪の成長を促す方法としては、やはり育毛剤の使用がお手軽で効果的です。

 

外部から気になる部分に塗布し、必要な栄養を補給したり、血行を促進することにより、毛根の働きを直接的に活性化させます。

 

もし生え際の薄毛対策で育毛剤を使用するなら、どういった商品を選ぶべきか?

 

続きはこちら
>> 生え際が薄い女性のための育毛剤の選び方