アキョウの白髪への効果について

 

年々増えている白髪。。

 

加齢による白髪は基本的に元に戻すのは難しいのですが、可能性を求めて色々と試しています。

 

ある時、楽天で「白髪 サプリ」と検索してみると「アキョウ」という成分を配合した「黒ツヤソフト」という商品を発見。

 

このサプリメントの特徴でもある「アキョウ(阿膠)」という和漢成分には、血液機能を高める働きがあるらしく、またその他の配合成分の作用により、黒髪・美髪作用が期待できるみたいです。

 

結構な値段(1ヶ月分で約5000円)だったので迷いましたが、購入して試してみるとこにしました。

 

アキョウ配合の白髪サプリ「黒ツヤソフト」

 

その結果ですが、一袋を空にしたところで服用するのを止めました。

 

理由としては、特に何の効果も感じなかったこと。

 

(ヘアサイクルなどの関係上、1ヶ月で効果が得られないのは普通のことです)

 

それよりも気になったのが、

細胞試験では、アキョウに明らかにメラニン産生抑制作用が確認されました。

 

(日本生薬学会第58回年会の研究発表にて)


という記載を発見したことです。

 

服用していた白髪サプリの売りが「アキョウ配合」だったので、そらなら、アキョウを直接服用したほうがいいのでは?と思い、楽天で検索。

 

「アキョウ粉末」という商品が目にとまり、商品説明を読み進める中で見つけたのが以下の記載です。

 

 

 

画像の引用元:和漢コラーゲンアキョウ粉末(楽天市場)
※商品をおすすめしているわけではありません。

 

 

 

何が気になるのかと言えば、生薬のアキョウには色素の元となるメラニンの産生を抑制する作用が確認されていること。

 

メラニンは皮膚下に存在するメラノサイトで作られる色素細胞で、シミ・そばかす・黒ずみなどお肌の悩みの原因になっているもの。

 

それを抑制することで、お肌の美白ケアにはメリットがありそうです。

 

でも髪の毛に黒色を与えたい場合は、メラニンの生成を抑制するのではなく、活性化させる必要があるのでは?

 

「白髪を黒くしたい目的だと逆効果にならないの?」

 

美白作用と白髪対策の矛盾

 

美容面では嫌われ者のメラニンですが、髪の毛に色を与えてくれる働きも担っています。(髪の毛は元々、無色透明の細胞らしいです)

 

そこで矛盾を感じました。

 

白髪改善のイメージのある製品にアキョウを配合?

 

白髪を改善するためには、メラノサイトの働きを活性化させ、メラニンの産生を促進させる必要があるのでは?という素朴な疑問。

 

ちなみに、購入当初の想定では

 

アキョウには血液機能を高める作用がある
 ↓
頭部への血行不良が改善
 ↓
頭部の細胞に十分な栄養や酸素が運ばれる
 ↓
毛根内の細胞活動が活発化
 ↓
毛根内の色素細胞の産生も活発化
 ↓
白髪の予防・対策に効果を発揮

 

この流れでした。

 

でもアキョウには、色素細胞であるメラニンの産生を「抑制」する作用が確認されているのです。促進ではなく抑制。

 

それを考慮すると、髪の成長をサポートする作用は○、でも白髪ケアに対しては×、という判断になってしまいますよね。

 

グーグル検索でヒットしたPDF資料「アキョウの美白作用について」でも

アキョウは生薬の中でも古来より皮膚や毛髪、爪への美容薬としての服用歴史が長く…

 

という記載があるので、髪の毛にいい影響を与えてくれるのは確かそうなんですけど、白髪に対しては「美白作用」との矛盾を感じます。

 

もしかしたら、毛根内のメラニン産生には影響を与えないのかもしれませんが、漢方の知識もないので「アキョウは白髪の予防・対策に効果があるの?ないの?」その辺のハッキリした答えは未だに分からずじまいです。

 

 

新しい情報が入り次第、追記します。

 

アキョウ(阿膠)の基本情報

 

引用元:Wikipedia

 

生薬の一種で、ロバの皮を水で加熱抽出して作られるにかわ(ゼラチン)のこと。

 

血液機能を高める効果があり、主に貧血や婦人病への処方や、美容のために用いられている。

 

▼ 効能
生理痛の緩和、月経不順、子宮の不正大量出血や、出産後の滋養や抜け毛の改善、便通の改善、骨粗しょう症予防などの治療効果の他、肌荒れ・乾燥の防止、新陳代謝の促進などの美容効果がある。

 

 

Wikipediaの記述を見る限りでは、白髪への直接的な効能は確認できません。

 

 

白髪対策の関連情報

 

白髪用シャンプー

 

普段通りに髪の毛を洗うだけで「白髪が目立たなくなる」と話題のカラーシャンプー。

 

本当に効果があるのか検証してみました。

 

≫ 検証記事はこちら